九州大学 研究者情報
著書一覧
水野 敦子(みずの あつこ) データ更新日:2021.07.30

准教授 /  経済学研究院 国際経済経営部門 国際経済分析講座


著書
1. 尾高, 煌之助, 三重野, 文晴, ミャンマー経済の新しい光, 勁草書房, 総ページ数:xi, 320p, 2012.09.
2. 中川, 涼司, 高久保, 豊, 柳町, 功, 中原, 裕美子, 木村, 有里, 水野, 敦子, 楊, 秋麗, 中村, 良二, 今田, 治, 関根, 孝, 李, 東, 駒形, 哲哉, 現代アジアの企業経営 : 多様化するビジネスモデルの実態, ミネルヴァ書房, 総ページ数:vii, 279p, 2017.09.
3. 阿曽村邦昭, 奥平龍二(編著), 『ミャンマー国家と民族』, 古今書院, 水野敦子、第7章 ミャンマーにおける日本語教育と対日理解、pp.667-681, 2016.04, ミャンマーにおける日本語教育と対日理解について、日本語学習や日本への留学動向から分析した。.
4. K. Odaka (Ed.), The Myanmar Economy: Its Past, Present and Prospects, Springer, Atsuko Mizuno. 'Chapter 8.Economic Relations between Myanmar and China'. pp.195-224, 2015.11, With motivated human resources and a rich natural bounty, Myanmar is expected to take off with sustained growth and eventually attain a unique welfare state. On the basis of the authors’ field surveys and innumerable dialogues with public officials, private professionals, scholars, and others, in addition to intensive desk studies since around 2000, the present volume lays out the essential ingredients for drawing a roadmap to realise the above-mentioned objective. That goal is, specifically, financial development, adequate social capital, indigenous modern manufactures and closer international tie-ups, among others, but above all, sound agrarian development. An effort has been made to place the required ingredients in their historical contexts, as historical experiences constitute an important sociopolitical condition in which development takes place. Myanmar nationals and readers concerned with the country’s economic progress are encouraged to give serious, sustained thought to coming up with a socially supportable roadmap for the country's development path. The present volume provides valuable hints for that purpose..
5. 田村克己, 松田正彦, 『ミャンマーを知るための60章』, 明石書店, 水野敦子 「ミャンマーと中国」 pp.308-312, 2013.10.
6. 飯國有佳子, 池田一人, 小島敬裕, 蔵本龍介, 水野 敦子, 『東南アジアがわかる教科書』 , アイ・イー・シー, Vol.3 第1章ミャンマー編、pp.10-34, 2013.03.
7. 尾高煌之助、工藤年博、久保公二、小山昌久、嶋田晴行、藤田幸一、松田正彦、三重野文晴、水野明日香、水野敦子, 『ミャンマー経済の新しい光』, 勁草書房, 水野敦子「ミャンマーの対中経済関係-強まる経済依存の行方」第9章、pp.243-270, 2012.09.

九大関連コンテンツ

pure2017年10月2日から、「九州大学研究者情報」を補完するデータベースとして、Elsevier社の「Pure」による研究業績の公開を開始しました。
 
 
九州大学知的財産本部「九州大学Seeds集」