九州大学 研究者情報
発表一覧
柴田 俊生(しばた としお) データ更新日:2021.06.17

助教 /  理学研究院 生物科学部門


学会発表等
1. 柴田 俊生, トランスグルタミナーゼを介したショウジョウバエ生体恒常性維持機構, 日本生化学会, 2020.09.
2. 柴田俊生, キイロショウジョウバエを用いたトランスグルタミナーゼの生理機能と分泌機構の解析, 日本生化学会, 2019.09.
3. 柴田俊生, リポ多糖依存的なプロテアーゼ前駆体の自己触媒的活性化機構, 日本比較免疫学会, 2019.09.
4. @柴田俊生, ショウジョウバエ腸管のムチン様タンパク質の機能解析, 日本生体防御学会, 2018.06.
5. 柴田俊生, ショウジョウバエ囲食膜タンパク質の機能解析, 日本生化学会九州支部例会, 2018.06.
6. Toshio Shibata, Drosophila Transglutaminase-A is secreted via an unconventional pathway involving two types of fatty acylations and exosomes, BIT's Annual Congress of Molecular & Cell Biology, 2018.10.
7. Toshio Shibata, Functional analysis on the Drosophila peritrophic matrix protein, Asian Invertebrate Immunity Symposium, 2018.09.
8. Toshio Shibata, Drosophila transglutaminase is secreted via an unconventional pathway involving exosomes and two types of fatty acylations, Goadon Research Conference, 2018.06.
9. 柴田俊生, キイロショウジョウバエにおけるトランスグルタミナーゼの機能と分泌機構, 2017年度生命科学系学会合同年次大会, 2017.12.
10. Toshio Shibata, Transglutaminase-catalyzed crosslinking of peritrophic matrix proteins maintains the gut epithelial immunity in Drosophila, Entomology 2017, 2017.11.
11. Toshio Shibata, Transglutaminase-catalyzed crosslinking of peritrophic matrix proteins maintains the gut epithelial immunity in Drosophila, European Drosophila Research Conference, 2017.09.
12. 柴田俊生, 脂質修飾とエクソソームを介したショウジョウバエトランスグルタミナーゼの分泌機構, 日本比較免疫学会, 2017.08.
13. 柴田俊生, エクソソームを介したショウジョウバエトランスグルタミナーゼの細胞外分泌機構
, 日本生体防御学会, 2017.07.
14. 柴田俊生, エクソソームを介したショウジョウバエトランスグルタミナーゼの細胞外分泌機構, 日本生化学会九州支部例会, 2017.05.
15. 柴田 俊生, ショウジョウバエトランスグルタミナーゼの細胞外分泌機構解明, 平成28年度日本生化学会九州支部例会, 2016.05.
16. 柴田 俊生, 脂質修飾が引き起こすショウジョウバエトランスグルタミナーゼの細胞内局在性の変化, BMB2015, 2015.12.
17. 柴田 俊生, 脂質修飾が引き起こすショウジョウバエトランスグルタミナーゼの細胞内局在性の変化, 第18回トランスグルタミナーゼ研究会学術集会, 2015.12.
18. 柴田 俊生, 脂質修飾が引き起こす架橋酵素の細胞内局在性の変化, 日本比較免疫学会第27回学術集会, 2015.08.
19. 柴田 俊生, ショウジョウバエの腸内細菌に対する免疫応答と寛容の分子機構, 第36回日本炎症・再生医学会, 2015.07.
20. 柴田 俊生, 脂質修飾によるトランスグルタミナーゼの局在化の制御機構, 第26回日本生体防御学会学術総会, 2015.07.
21. 柴田 俊生, 腸内細菌に対する免疫寛容による腸管恒常性維持, 第87回日本生化学会大会, 2014.10.
22. 柴田 俊生, 腸内細菌に対する免疫寛容による腸管恒常性維持, 第17回トランスグルタミナーゼ研究会学術集会, 2014.10.
23. 柴田 俊生, タンパク質架橋による自然免疫の応答制御と腸内細菌共生成立の分子機構, 第38回蛋白質と酵素の構造と機能に関する九州シンポジウム, 2014.09.
24. 柴田 俊生, ショウジョウバエの腸内細菌に対する免疫応答と寛容の分子機構, 第25回日本生体防御学会学術総会・日本比較免疫学会第26回学術集会合同学会, 2014.07.
25. 柴田 俊生, Transglutaminase-Catalyzed Protein-Protein Crosslinking Maintains the Gut Epithelial Immunity, Gordon Research Conference, Transglutaminases in Human Disease Processes, 2014.07.
26. 柴田 俊生, ショウジョウバエ自然免疫の応答制御と腸内細菌の共生成立の分子機構, 平成26年度日本生化学会九州支部例会, 2014.05.
27. 柴田 俊生, Transglutaminase-Catalyzed Protein-Protein Crosslinking Maintains the Gut Epithelial Immunity in Drosophila, The 55th Annual Drosophila Research Conference, 2014.03.
28. 柴田 俊生, Transglutaminase-catalyzed Crosslinking Suppresses the Activity of the NF-kB-like Transcription Factor Relish in Drosophila, The 1st Asian Invertebrate Immunology Symposium, 2014.02.
29. 柴田 俊生, Transglutaminase-Catalyzed Protein-Protein Crosslinking Suppresses the Activity of the NF-kB-Like Transcription Factor Relish, Keystone Symposia on Molecular and Cellular Biology, 2014.01.
30. 柴田 俊生, キイロショウジョウバエ腸管の囲食膜タンパク質架橋化による生体防御機構, 第86回日本生化学会大会, 2013.09.
31. 柴田 俊生, キイロショウジョウバエ腸管の囲食膜タンパク質架橋化による生体防御機構, 第16回トランスグルタミナーゼ研究会&日本ポリアミン学会合同学術集会, 2013.09.
32. 柴田 俊生, 架橋酵素による腸管上皮の情報伝達制御と腸内細菌叢の維持機構, 日本比較免疫第25回学術集会, 2013.08.
33. 柴田 俊生, 架橋酵素による腸管上皮の情報伝達制御と腸内細菌叢の維持機構, 第24回日本生体防御学会, 2013.07.
34. 柴田 俊生, ハエ腸管の囲食膜タンパク質ドロソクリスタリン架橋化と生体防御機構の解明, 平成25年度日本生化学会九州支部例会, 2013.05.
35. 柴田 俊生, 関原早苗, 藤川匠, 宮地隆太, 石原 健, 小柴 琢己, 川畑 俊一郎, キイロショウジョウバエトランスグルタミナーゼの架橋反応による腸管免疫の維持機構, 第85回日本生化学会, 2012.12.
36. 柴田 俊生, キイロショウジョウバエトランスグルタミナーゼの架橋反応による腸管免疫の維持機構, 第15回トランスグルタミナーゼ研究会学術集会, 2012.12.
37. 柴田 俊生, Transglutaminase-catalyzed protein-protein crosslinking of Relish suppresses innate immune signaling in Drosophila, Homeostatic Inflammation Symposium, 2012.10.
38. 柴田 俊生, Transglutaminase-catalyzed Relish Crosslinking Suppresses Innate Immune Signaling in the Drosophila Gut, International Society of Developmental and Comparative Immunology, 2012.07.
39. 柴田 俊生, キイロショウジョウバエトランスグルタミナーゼの架橋反応による腸管免疫の維持機構, 平成24年度日本生化学会九州支部例会, 2012.05.

九大関連コンテンツ

pure2017年10月2日から、「九州大学研究者情報」を補完するデータベースとして、Elsevier社の「Pure」による研究業績の公開を開始しました。
 
 
九州大学知的財産本部「九州大学Seeds集」