九州大学 研究者情報
研究者情報 (研究者の方へ)入力に際してお困りですか?
基本情報 研究活動 教育活動 社会活動
世良 俊博(せら としひろ) データ更新日:2021.06.08

准教授 /  工学研究院 機械工学部門 生体工学


主な研究テーマ
マイクロデバイスを使用した肺胞上皮細胞の透過機能測定
数値計算及び実験的アプローチによる血管内皮細胞間Ca2+とPKCα伝播の検討
放射光を用いた生物イメージング
呼吸器内の物質輸送解析
呼吸器に関するバイオメカニクス
キーワード:バイオメカニクス
2015.03~2020.03.
従事しているプロジェクト研究
Synchrotron imaging the lung: micro-anatomical physiology in health and trauma
2018.09~2020.09, 代表者:Hari Arora, Swansea University, United Kingdom.
計算熱流体力学による鼻腔形成手術アセスメント
2014.07~2016.06, 代表者:田中学, 千葉大学大学院工学研究科, インペリアルカレッジ(イギリス).
研究業績
主要著書
主要原著論文
主要総説, 論評, 解説, 書評, 報告書等
主要学会発表等
学会活動
所属学会名
日本バイオレオロジー学会
バイオフィジオロジー研究会
日本生体工学会
日本生理人類学会
日本機械学会
学協会役員等への就任
2021.04~2022.03, 日本機械学会バイオエンジニアリング部門, 運営委員.
2020.04~2021.03, 日本機械学会バイオエンジニアリング部門, 運営委員.
2018.04~2020.03, 日本機械学会バイオエンジニアリング部門, 運営委員.
2017.04~2019.03, 日本機械学会, Journal of Biomechanical Science and Engineering Editor.
2016.04~2017.03, 日本機械学会, 九州支部 福岡西地区役員.
2015.04~2017.03, 日本機械学会バイオエンジニアリング部門, 運営委員.
2011.02, バイオフィジオロジー研究会, 幹事.
学会大会・会議・シンポジウム等における役割
2022.03~2022.03, 日本機械学会第九州支部第75回総会・講演会, 幹事.
2022.06.25~2022.06.26, 日本機械学会第34回バイオエンジニアリング講演会, 幹事.
2021.06.26~2021.06.27, 日本機械学会第33回バイオエンジニアリング講演会, 座長(Chairmanship).
2019.10~2019.10, 日本機械学会第30回バイオフロンティア講演会, 実行委員.
2018.03.16~2018.03.16, 日本機械学会 九州支部 第71期 総会・講演会, 座長.
2017.01.19~2017.01.20, 日本機械学会第29回バイオエンジニアリング講演会, 座長(Chairmanship).
2015.10.01~2015.10.02, 日本機械学会 第26回バイオフロンティア講演会, 座長(Chairmanship).
2015.03.13~2015.03.13, 日本機械学会九州支部第68期総会・講演会, 座長(Chairmanship).
2012.01.07~2012.01.08, 日本機械学会第24回バイオエンジニアリング講演会, 座長(Chairmanship).
2015.10.02~2015.10.03, 日本機械学会バイオフロンティアシンポジウム2015, 実行委員.
2016.09.11~2016.09.14, 日本機械学会2016年度年次大会, 実行委員.
2014.09.25~2014.09.27, The Seventh Kyushu University-KAIST Joint Workshop on Frontiers in Mechanical Engineering, Workshop Coordinator.
2012.01.07~2012.01.08, 日本機械学会第24回バイオエンジニアリング講演会, 実行委員.
学会誌・雑誌・著書の編集への参加状況
2021.04~2022.03, Journal of Biomechanical Science and Engineering, 国内, 編集委員.
2019.04~2020.03, Journal of Biomechanical Science and Engineering, 国内, 編集委員.
2018.03~2019.03, Journal of Biomechanical Science and Engineering, 国内, 編集委員.
2017.04~2018.03, Journal of Biomechanical Science and Engineering, 国内, 編集委員.
学術論文等の審査
年度 外国語雑誌査読論文数 日本語雑誌査読論文数 国際会議録査読論文数 国内会議録査読論文数 合計
2020年度 24  24 
2019年度 23  23 
2018年度 28  29 
2017年度 12  13 
2016年度 10  10 
2015年度
2014年度
その他の研究活動
海外渡航状況, 海外での教育研究歴
Imperial College, UnitedKingdom, 2014.09~2014.09.
Imperial college London, UnitedKingdom, 2016.03~2016.03.
Imperial college London, UnitedKingdom, 2015.09~2015.09.
Imperial College, UnitedKingdom, 2015.03~2015.03.
受賞
日本バイオレオロジー学会論文賞, 日本バイオレオロジー学会, 2019.06.
日本医用画像工学会第23回大会奨励賞, 日本医用画像工学会, 2005.08.
日本バイオレオロジー学会奨励賞, 日本バイオレオロジー学会, 2004.06.
12th International Conference on Biomedical Engineering, Outstanding Poster Award, International Conference on Biomedical Engineering, 2005.12.
研究資金
科学研究費補助金の採択状況(文部科学省、日本学術振興会)
2019年度~2022年度, 基盤研究(B), 代表, 肺リモデリングメカニズムの解明に向けた気道末梢部位の力学環境と細胞力学応答解析.
2016年度~2019年度, 基盤研究(A), 分担, マクロ・ミクロ統合解析による寒冷血管拡張反応の個体差出現メカニズムの解明.
2015年度~2019年度, 新学術領域研究, 分担, バイオイメージプロセッシング.
2015年度~2017年度, 基盤研究(C), 分担, Metallothionein3の糖尿病性腎症における役割の解明.
2014年度~2016年度, 基盤研究(C), 代表, リモデリング進行解明に向けた伸展負荷時の肺胞上皮細胞の構造と機能変化に関する研究.
2012年度~2015年度, 基盤研究(A), 分担, 病的肺リモデリングメカニズムの解明に向けたマルチスケールメカニクス解析.
2011年度~2013年度, 若手研究(B), 代表, 慢性肺疾患時の肺胞動態解析と換気メカニズム.
2007年度~2008年度, 若手研究(B), 代表, 呼吸の動きを再現した気管支・肺胞内物質輸送シミュレーション .
2004年度~2006年度, 若手研究(B), 代表, 肺におけるドラッグデリバリー技術のための局所肺コンプライアンスの評価 .
日本学術振興会への採択状況(科学研究費補助金以外)
2011年度~2012年度, 二国間交流, 代表, 上気道から肺胞まで統合したマルチスケール呼吸器シミュレーショ.
2014年度~2015年度, 二国間交流, 計算熱流体力学による鼻腔形成手術アセスメント.
寄附金の受入状況
2021年度, 高橋産業経済研究財団助成金/長期人工呼吸器使用よる肺疾患時の肺上皮細胞内タンパク質輸送に関する研究.
2017年度, 公益財団法人ホソカワ粉体工学振興財団/肺経由DDSのための気道内粒子沈着の高精度予測.

九大関連コンテンツ

pure2017年10月2日から、「九州大学研究者情報」を補完するデータベースとして、Elsevier社の「Pure」による研究業績の公開を開始しました。
 
 
九州大学知的財産本部「九州大学Seeds集」