九州大学 研究者情報
研究者情報 (研究者の方へ)入力に際してお困りですか?
基本情報 研究活動 教育活動 社会活動
冬野 美晴(ふゆの みはる) データ更新日:2020.06.26

助教 /  芸術工学研究院 コンテンツ・クリエーティブデザイン部門 コンテンツ・クリエーティブデザイン 芸術表現学講座


主な研究テーマ
認知言語学・コーパス言語学・マルチモーダルコーパスの作成と分析・メディアと教育
キーワード:構文、概念構造、話し言葉コーパス、マルチモーダルコーパス
2012.12.
従事しているプロジェクト研究
没入体感型英語スピーチ学習システムの開発と検証:視線方向と音声要素に基づく研究
2015.10~2020.03, 代表者:冬野美晴, 九州大学, 九州大学
科学研究費補助金(基盤研究B)等の助成を受け、これまで他機関の研究者との共同研究により構築してきたマルチモーダルコーパスを基に、プレゼンの動作分析の成果を組み込んだVRシステムを開発し教育効果の検証を行っている.
談話分析の手法を用いたプレゼンテーションにおける音声要素・視線方向の計量的および質的分析
2016.02~2017.04, 代表者:横森大輔, 九州大学
非英語母語話者がプレゼンテーションソフトウェアを用いてプレゼンテーションを行う際の動作・発話内容の分析を質的・量的双方から分析している。国際的発信力を強化するための教育に役立つ情報の抽出を目的とする.
ストレスを軽減する英語パブリックスピーキング指導法の新規開発:応用言語学・英語教育学・心理学による統合的研究
2015.08~2017.03, 代表者:冬野美晴, 九州大学
教育研究プログラム・研究拠点形成プロジェクトとして研究助成を受け、実験心理学を専門とする山田研究室(九州大学)と共に共同研究を行っている。応用言語学・英語教育学・心理学の知見を活かした実証的なデータ分析を基に、日本人が効果的な英語スピーチやプレゼンテーションを行うための新しい指導法を提案し、その効果を検証している.
パブリックスピーキング・パフォーマンスの動作解析と音響分析:音声リズムとジェスチャーリズムの相関
2013.07, 代表者:冬野美晴, 九州大学, 九州大学(日本)
科学研究費補助金(挑戦的萌芽研究, 基盤研究B)や他の研究助成財団による資金を得て、パブリックスピーキングパフォーマンスを対象としたマルチモーダルコーパスを構築し、言語学・画像工学・音声学の観点からクロス分析を行っている.
教育課題に対応するための教員養成カリキュラム開発
2014.04~2015.03, 代表者:冬野美晴, 九州大学, 文部科学省
文部科学省より調査研究事業として受託し実施したプロジェクトで、本邦における教員養成プログラムの改善のため、長期教育実習の試行と効果検証を行った.
アジア圏英語学習者の統一標準試験からの負の波及効果に関する国際比較
2013.04~2016.03, 代表者:冬野美晴, 九州大学, 九州大学(日本)
台湾師範大学(台湾)との国際共同研究プロジェクトとして、台湾と日本の高校生~大学生の英語動機づけを調査し比較検証を行っている.
日本人駐在員による英語使用の実態調査:グローバル人材育成のための英語教育に向けて
2013.04~2015.03, 代表者:冬野美晴, 九州大学.
海外企業のメディア広告がタイ文化へ与える影響:文化人類学と言語学の学際的観点から
2014.04~2017.03, 代表者:片山隆裕, 西南学院大学
科学研究費補助金の助成を受け、タイにおける海外企業のメディア広告の特徴を調査・比較分析し、文化受容の観点からタイ文化への影響を分析している.
英語母語話者と日本人学習者における受動文の用法比較―認知言語学と英語教育学的観点から―
2011.04~2013.03, 代表者:冬野美晴, 九州大学, 外国語教育メディア学会.
研究業績
主要著書
1. 冬野美晴, 山下友子, 「英語母語話者によるパブリックスピーチの特徴-マルチモーダリティの観点から-」『データから眺めた言葉とコミュニケーション(大津隆広編)』, ひつじ書房, pp. XX-XX, 2020.03.
2. 冬野美晴 他, 英語学習のための特選映画100選(井土康仁・ 寶壺貴之編), 株式会社フォーイン, 2017.03.
3. Miharu Fuyuno, Yamashita Yuko, Yoshitaka Nakajima, Input a Word, Analyse the World.-Selected Approaches to Corpus Linguistics, Cambridge Scholars Publishing, Chapter 29: Multimodal Corpora of English Public Speaking by Asian Learners: Analyses on Speech Rate, Pause and Head Gesture, 2016.01.
4. 冬野 美晴, グローバル人材に必要な英語スキル:国際的発信力を高めるために, 2015.03.
5. 冬野 美晴, 明日へ翔ぶ-人文学の新視点-<3>, 風間書房, 執筆担当箇所:「心理動詞受動文の構成要素に関する考察―コーパスデータと概念構造―」, 2014.03.
主要原著論文
1. Fuyuno, M., Saitoh, T., Yamashita, Y., & Yokomori, D. , Gaze-Point Analysis of EFL Learners while Watching English Presentations: Toward Effective Teaching, International Journal for Educational Media and Technology, 14, 1, 1-12, 2020.06.
2. 冬野美晴, 山下友子, 360度没入体感型バーチャルリアリティ技術を用いた英語パブリックスピーキング練習用システムの開発, LET-KO Bulletin, 20, 11-25, Vol. 20, pp.11-25, 2020.03.
3. 冬野美晴, 山下友子, 齊藤剛史, 横森大輔, 英語プレゼンテーション動画視聴時の日本人英語学習者の注視点解析, 日本教育メディア学会年次大会発表集録, 127-128, pp. 127-128, 2019.11.
4. Fuyuno, M., Komiya, R., and Saitoh, T., Multimodal analysis of public speaking performance by EFL learners: Applying deep learning to understanding how successful speakers use facial movement, The Asian Journal of Applied Linguistics, 4, 3, 2018.03, Although multimodal corpus analysis has been widely practiced in the field of applied linguistics, few studies have investigated performance of English public speaking by EFL learners. Needs for effective public speaking are fundamental in the globalizing society; however, performing public speaking in English is challenging for EFL learners, and objective analysis on factors of eye contact and speech pauses still remain few though such information is crucial in efficient teaching. This study analyses public speaking performance by EFL learners based on data from a multimodal corpus. Data were collected in an annual speech contest at a Japanese high school. Speakers presented English speeches to an audience and judges. The data consist of video and digital audio recordings of performance, as well as speech scripts and evaluation scores by contest judges. Characteristics of speakers’ facial movement patterns in regard to spoken contents and the correlation between facial movements and eye movements were examined. Facial and eye movements were detected with motion tracking and the deep learning method. The results indicated that facial direction changes were not synchronized with speech pauses among highly evaluated speakers. Furthermore, the facial direction changes tended to be synchronized with content words in the spoken utterance rather than function words..
5. 冬野美晴, 遠隔教育におけるテレプレゼンスツールの比較実験:英語授業でのテレプレゼンスロボット使用検証, 言語科学, 53, 47-53, 2018.03.
6. Fuyuno, M., Yamashita, Y., Nakajima, Y., The effect of virtual eyes on psychological nervousness of public speakers, Proceedings of the 33rd Annual Meeting of the International Society for Psychophysics 128-131, 128-131, 2017.11.
7. 冬野美晴, 山下友子, 英語パブリックスピーキングにおける音声ポーズパターンとアイコンタクト動作パターンがパフォーマンスの総合評価へ及ぼす影響に関する統計的考察, マルチモーダルコーパスデータに基づくパブリックスピーチの統計的解析, 1-15, 2017.03.
8. Fuyuno, M., An Investigation into the Influence of Domestic and Foreign Cosmetics Advertisements in Thailand: Evaluation of Subjective Impression by SD Method, Linguistic Science, 52, 47-59, 2017.03.
9. 冬野美晴, 山田祐樹, スピーチ訓練のためのバーチャルオーディエンスの開発と検証, 日本教育メディア学会, 30-31, 2016.11.
10. Komiya, R., Saitoh, T., Fuyuno, M., Yamashita, Y., Nakajima, Y., Head pose estimation and motion analysis of public speaking videos, International Journal of Software Innovation, 5, 1, 57-71, 2017.01.
11. Fuyuno, M., Yamashita, Y., Saitoh, T., Nakajima, Y., Semantic Structure, Speech Units and Facial Movements: Multimodal Corpus Analysis of English Public Speaking, EPiC Series in Language and Linguistics, 1, 447, 2016.11.
12. Blanco, L. M. C., Fuyuno, M., Development of an Interactive Multimedia Spanish Learning Application with a Focus on Authentic Material, Proc. of SAI Joint International Conference, 2016.09.
13. Komiya, R., Saitoh, T., Fuyuno, M., Yamashita, Y., Nakajima, Y., Head pose estimation and movement analysis for speech scene, Proc. of 15th IEEE/ACIS International Conference on Computer and Information Science, 409-413, 2016.07.
14. Miharu Fuyuno, Rote Learning in English Education for Japanese Students : towards more Context-Oriented Multimedia Material (招待採録), Collected articles on the English language, 48, 2016.04.
15. Miharu Fuyuno, Comparative analyses of Japanese learners' self-evaluation and judges' evaluation of English public speaking : Identifying primary targets for practical teaching of multimodal speaking skills (招待採録), Collected articles on the English language, 48, 2016.04.
16. 冬野 美晴, アジア圏グローバルビジネスパーソンを対象とした英語スキルのニーズ分析:グローバル人材育成教育に向けた考察, Studies in English Teaching and Learning in East Asia, 5, 13-27, 2015.12.
17. Yamashita Yuko, Miharu Fuyuno, Three Aspects of Public Speeches with Competent Speakers: Speech Pauses, Head Movements, and Lexical Choices, International STEM Journal, 5, 215-231, 2015.12.
18. Yamashita Yuko, Miharu Fuyuno, アメリカの大学の卒業式における著名人による祝辞スピーチの録画映像の分析:音声の無音区間と顔上げ動作, ATEM Journal, 20, 33-44, 2015.03.
19. Miharu Fuyuno, Hiroki Shimokawara, I-Ting Chuang, Pei-ru Lin, Washback Effects on Language Learning Motivation: A Comparison between Taiwanese and Jaanese Learners, Selected Papers from the International Symposium on English Teaching, 23, 223-241, 2014.11.
20. Miharu Fuyuno, Yamashita Yuko, Yoshikiyo Kawase, Yoshitaka NAKAJIMA, Analyzing Speech Pauses and Facial Movement Patterns in Multimodal Public-Speaking Data of EFL Learners, Learner Corpus Studies in Asia and the World, 2, XX-XX, (13 pages), 2014.05.
21. Miharu Fuyuno, Nanae Hama, Joseph Myall, Naomi Yukimaru, Effects of English recitation for Japanese EFL learners: towards multi-modal English speaking skills education, Annual Review of Language Learning and Teaching, 4, 2014.03.
22. Miharu Fuyuno, Negative Washback Effects of Japanese Standardized University Entrance Examination: Reflections for Effective First-year Education (in print), Quest : studies in English linguistics and literature, 20, 1-21, 2014.03.
23. Miharu Fuyuno, The Usage of Psychological Passives in Spoken and Written English: A Corpus-based Analysis and Implications for English Language Teaching, Procedia - Social and Behavioral Sciences , 95, 184-194, 2013.11.
24. 冬野 美晴, 英語構文における疑似目的語の出現(招待再掲), 英語学論説資料, 45, 3, 388-395, 2013.11.
25. 冬野 美晴, リスニング中心の大学英語科目における英語発音評価ソフトウェアの使用と学生による評価, 西南学院大学言語教育センター紀要 , 3, 2013.03.
26. 冬野 美晴, 川瀬 義清, 心理動詞受動文における前置詞の使い分けに関するコーパス調査―英語母語話者の用法から見えてくるもの―, 外国語教育メディア学会九州沖縄紀要, 13, 2013.03.
27. 冬野 美晴, 学習者からの評価が高いオンラインCALL教材の要素―テキストデータに対する統計的アプローチ―, 外国語教育メディア学会九州沖縄支部紀要, 12, 17-28, 2012.03.
28. Miharu Fuyuno, English passives with psychological verbs: Application of corpora in ELT
, 日本人英語学習者の概念構造に関する統計的研究, 39-53, 2012.02.
29. Miharu Fuyuno, Use of passives with psychological verbs: Comparison between native speakers of English and Japanese EFL learners, the 44th annual meeting of BAAL, 44, 37-37, 2011.09.
30. 冬野 美晴, 内発的動機づけを促進する映画教材選択のための指標―テキスト型データマイニングによる分析―, 九州英語教育学会紀要, 39, 13-22, 2011.07.
31. 冬野 美晴, 英語の前置詞つき受動文―transitivityの拡張と概念構造を中心に―, 日本認知言語学会論文集, 11, 470-476, 2011.06.
32. 冬野 美晴, BNCにおける心理動詞受動文の用法―コーパスと認知言語学―, 日本人英語学習者と母語話者の意味構造の違いに関する統計的研究—認知言語学の観点から—, 29-43, 2011.03.
33. 冬野 美晴, 英語構文における疑似目的語の出現, 西南学院大学文学研究科論集, 30, 43-57, 2011.01.
主要総説, 論評, 解説, 書評, 報告書等
1. 冬野 美晴, 山下 友子, マルチモーダルコーパスを用いたパブリックスピーチ研究, 英語コーパス学会ニューズレター第80号, 2015.12.
2. 山下 友子, 冬野 美晴, 中島 祥好, Mark A Elliott, Stanislava Antonijevic-Elliott, パブリックスピーキングの定量的な指標の確立を目指して, 機関誌SOUND, 2015.12.
主要学会発表等
1. Yuko Yamashita, Miharu Fuyuno, Yoshitaka Nakajima, Stanislava Antonijevic-Elliott, Mark A. Elliott Sophia Arndt, A quantitative analysis to characterize verbal and non-verbal behavior in public speaking performance, 35th Annual Meeting of the International Society for Psychophysics, 2019.10.
2. Laura Maria Cortes Blanco, Miharu Fuyuno, The application of 360-degree video as a tool for standardized language testing material, 2019 Conference of Foreign Language Education and Technology (FLEAT) VII, 2019.08.
3. Miharu Fuyuno, Yuko Yamashita, Development of 360-degree Immersive Virtual Reality Training System for English Speeches, 2019 Conference of Foreign Language Education and Technology (FLEAT) VII, 2019.08.
4. Miharu Fuyuno, Yuko Yamashita,, Virtual Reality Training System for English Public Speaking: Development and User Evaluation, 17th Asia TEFL International Conference and the 6th FLLT International Conference, 2019.06.
5. Miharu Fuyuno, Laura Maria Cortes Blanco, Diseño de materiales interactivos con Unity 3D para la enseñanza de español como lengua extranjera (ELE). En R. Tateiwa (Presidencia), XXX Congreso CANELA, 2018.05.
6. Fuyuno, M., Yamashita, Y., Nakajima, Y., The effect of virtual eyes on psychological nervousness of public speakers, The 33rd Annual Meeting of the International Society for Psychophysics , 2017.10.
7. 冬野美晴, 没入型バーチャル・リアリティによる英語パブリックスピーキング練習用システムの開発:マルチモーダルコーパス分析に基づく教材の展開, 外国語教育メディア学会, 2017.08.
8. Laura, M. C. B., Fuyuno, M., Comparing the effectiveness of a multimedia learning application using authentic and non-authentic cultural material for Spanish as a Foreign Language, 57th National Conference of Language Education and Technology, 2017.08.
9. Fuyuno, M., Komiya, R., Saitoh, T., Analyzing Public Speaking for EAP Pedagogy: Factors of Better Performance, Faces of English 2: Teaching and Researching Academic and Professional English, 2017.06.
10. Fuyuno, M., Blanco, L. M. C., Development of a multimedia Spanish language learning application: based on ADDIE model and Unity 3D platform, 56th National Conference of Language Education and Technology, 2016.08.
11. Fuyuno, M., Yamada, Y., Yamashita, Y., Yoshitaka NAKAJIMA, Developing effective instructions to decrease Japanese speaker' s nervousness during English and Japanese public speeches: Evidence from psychological and physiological measurements, 31st International Congress of Psychology 2016 (ICP2016), 2016.07.
12. Fuyuno, M., Yamashita, Y., Saitoh, T., Nakajima, Y., Multimodal Corpus Approach to Speech Psychology: The Effect of Public Speakers’ Facial Movements on Audience Reception
, 31st International Congress of Psychology 2016 (ICP2016) , 2016.07.
13. 小宮凜子, 齊藤剛史, 冬野 美晴, 山下 友子, 中島 祥好, スピーチ指導のための顔特徴点を用いた話者頭部の動き解析, 電子情報通信学会, 2016.03.
14. Miharu Fuyuno, Yamashita Yuko, Takeshi Saitoh, Yoshitaka Nakajima, Semantic Structure, Speech Units and Facial Movements: Multimodal Corpus Analysis of English Public Speaking, 8th International Conference on Corpus Linguistics, 2016.03.
15. Miharu Fuyuno, Analysis and application of multimodal corpora of English public speaking by EFL learners: Toward evidence-based teaching, International Conference on Corpus Linguistics and Technology Advancement 2015, 2015.12.
16. 冬野 美晴, 山下 友子, マルチモーダルコーパスを用いた英語母語話者によるパブリックスピーキング・パフォーマンスの分析:発話速度・ジェスチャー・語彙特性の観点から, 英語コーパス学会第41回全国研究大会, 2015.10.
17. Miharu Fuyuno, Yamashita Yuko, Yoshitaka NAKAJIMA, Head movements and speech pause insertion patterns in English public speaking performances: Investigation on a multimodal corpus data of Asian EFL learners, 7th International Conference on Corpus Linguistic, 2015.03.
18. Fuyuno, M., Shimokawara, H., Chuang, I. T., Lin, P. R., Washback Effects on Language Learning Motivation: A Comparison between Taiwanese and Japanese Learners, The 23rd International Symposium and Book Fair on English Teaching, 2014.11.
19. 冬野 美晴, 日本人駐在員による英語使用の実態調査: グローバル人材育成教育に向けた現地インタビューの結果より, 外国語教育メディア学会第54回全国研究大会, 2014.08.
20. Miharu Fuyuno, Yamashita Yuko, Yoshitaka NAKAJIMA, Multimodal Corpora of English Public Speaking by Asian Learners: Analyses on Speech Rates and Pauses , The 6th International Conference on Corpus Linguistics, 2014.05.
21. Miharu Fuyuno, Yamashita Yuko, Yoshikiyo Kawase, Yoshitaka NAKAJIMA, Analyzing Speech Pauses and Facial Movement Patterns in Multimodal Public-Speaking Data of EFL Learners, The Learner Corpus Studies Asia and the World Sympodium 2014, 2014.05.
22. Miharu Fuyuno, The Intersection between Corpora and Cognitive Linguistics: towards Dynamic/Static Scaling of English Passive Construction (査読有り), Second Asia Pacific Corpus Linguistics Conference (APCLC2014) , 2014.03.
23. 冬野 美晴, アジア圏グローバルビジネスパーソンによる現場スキル記述データの統計的分析:グローバル人材育成教育に向けた考察, 第139回東アジア英語教育研究会, 2014.02.
24. Miharu Fuyuno, Cognitive linguistics meets corpora: Examples of human spatial cognition reflected in English language , The 11th Perceptual Frontier Seminar , 2014.01.
25. 冬野 美晴, グローバルビジネスにおける英語スキルのニーズ分析―グローバル人材育成のための英語教育に向けて― , 九州英語教育学会第42回研究大会, 2013.11.
26. 冬野 美晴, 学習者の自己肯定感を高める教育法―フィンランド教育から学ぶ―, 福岡市委託事業まなび舎 研修講演, 2013.11.
27. 冬野 美晴, グローバルビジネスにおける英語スキルのニーズ分析―グローバル人材育成のための英語教育に向けて―, 第42回九州英語教育学会 , 2013.11.
28. 冬野 美晴, World Cafeセミナー:大学生活の充実を考える, 西南学院大学における招待セミナー, 2013.11.
29. 冬野 美晴, ミャンマー・タイ・ベトナム・イギリス・北欧の教育事情と日本の教育, NPO法人Teach For Japan 九州事業部第二回Teach For 九州, 2013.10.
30. 冬野 美晴, コーパスデータに基づいた話し言葉と書き言葉の比較研究:英語教育の観点から , LET-KO支部大会, 2013.06.
31. Miharu Fuyuno, The usage of psychological passives in spoken and written English: A corpus-based comparative analysis and implications for ELT , The 5th International conference on corpus linguistics, 2013.03.
32. 冬野 美晴, 英語心理動詞受動文における前置詞の用法:英語母語話者による話し言葉と書き言葉のコーパス比較, 第41回九州英語教育学会長崎研究大会 , 2012.12.
33. 冬野 美晴, コーパス調査に基づく英語心理受動文の特徴, 第42回外国語教育メディア学会九州・沖縄支部研究大会, 2012.06.
34. Miharu Fuyuno, Use of passives with psychological verbs: Comparison between native speakers of English and Japanese EFL learners, Annual Meeting of BAAL , 2011.09.
35. 冬野 美晴, 英語受動文に関する計量的研究―英語母語話者による受動文使用の特徴と学校英語教育の問題点, 福岡認知言語学会, 2011.08.
36. 冬野 美晴, 実践的英語スキル向上に向けたオンラインCALL教材の有効性, 第41回外国語教育メディア学会九州・沖縄支部研究大会, 2011.06.
37. 冬野 美晴, 英語学習者が自主的にリピート視聴する映画―リピーター率とテキストマイニングによる分析―, 第39回九州英語教育学会, 2010.12.
38. 冬野 美晴, 英語の前置詞つき受動文―transitivityの拡張と概念構造を中心に―, 日本認知言語学会, 2010.09.
39. 冬野 美晴, 英語構文におけるfocus shift―結果構文とone's way構文を例に―, 第23回福岡認知言語学会, 2010.08.
作品・ソフトウェア・データベース等
1. 冬野美晴, バーチャルリアリティ技術を用いたパブリックスピーキング練習システム, 2020.01.
特許出願・取得
特許出願件数  1件
特許登録件数  0件
学会活動
所属学会名
福岡認知言語学会
英語コーパス学会
外国語教育メディア学会
電子情報通信学会
芸術科学会
学協会役員等への就任
2018.04, 外国語教育メディア学会九州・沖縄支部, 評議員.
2016.04~2018.03, 外国語教育メディア学会, 支部紀要編集委員.
2014.05~2014.08, 外国語教育メディア学会, 全国大会実行委員.
2013.06, 外国語教育メディア学会九州・沖縄支部, 大会実行委員.
学会大会・会議・シンポジウム等における役割
2016.04~2020.03, 外国語教育メディア学会, 九州沖縄支部紀要編集委員.
2014.04~2015.03, 外国語教育メディア学会, 全国研究大会実行委員.
2014.04~2015.03, 外国語教育メディア学会, 九州沖縄支部大会実行委員.
2016.11~2016.11, 日本教育メディア学会, 座長(Chairmanship).
2016.10~2016.10.18, 英語コーパス学会, 座長(Chairmanship).
2011.09, British Association for Applied Linguistics Annual Conference, 司会(Moderator).
2014.08.04~2014.05.07, 外国語教育メディア学会2014年度全国大会, 実行委員.
学術論文等の審査
年度 外国語雑誌査読論文数 日本語雑誌査読論文数 国際会議録査読論文数 国内会議録査読論文数 合計
2016年度      
2015年度      
2014年度      
2013年度      
その他の研究活動
海外渡航状況, 海外での教育研究歴
Universidad de Málaga, Spain, 2016.03~2016.03.
The Hong Kong Institute of Education, Hong Kong , 2015.12~2015.12.
National University of Ireland, Galway, Ireland, 2015.11~2015.11.
Thailand commercial facilities, Thailand, 2015.09~2015.09.
Korea Nazarene University, Korea, 2015.05~2015.05.
University of Valladolid, Spain, 2015.03~2015.03.
Universidad de las Palmas de Gran Canaria, Spain, 2014.05~2014.05.
Phare, Cambodia, 2014.04~2014.04.
iCube, Philippines, 2014.03~2014.03.
The Hong Kong Polytech University, China, 2014.03~2014.03.
Chulalongkorn University, Ho Chi Minh University of IT and Foreign Languages, Hanoi University of Science and Technology, Yangon University, Thailand, Vietnam, Myanmar, 2013.08~2013.08.
The University of Nottingham, UnitedKingdom, 2011.09~2012.12.
研究資金
科学研究費補助金の採択状況(文部科学省、日本学術振興会)
2016年度~2021年度, 基盤研究(B), 代表, 没入体感型英語スピーチ学習システムの開発と検証:視線方向と音声要素に基づく研究.
2018年度~2020年度, 基盤研究(B), 分担, 注視する目・見つめ合う目:救急医療のマルチモーダル分析国際共同研究.
2015年度~2017年度, 挑戦的萌芽研究, 代表, 英語映像アーカイブのマルチモーダルコーパス化と分析:言語学と工学の融合.
2013年度~2014年度, 若手研究(B), 代表, 日本人駐在員による英語使用の実態調査:グローバル人材育成のための英語教育に向けて.
2014年度~2017年度, 挑戦的萌芽研究, 分担, 海外企業のメディア広告がタイ文化へ与える影響:文化人類学と言語学の学際的観点から.
競争的資金(受託研究を含む)の採択状況
2014年度~2015年度, 文部科学省調査研究事業 受託研究, 代表, 文部科学省調査研究事業【教育課題に対応するための教員養成カリキュラム開発】.
2011年度~2013年度, 外国語教育メディア学会九州・沖縄支部研究プロジェクト, 代表, 英語母語話者と日本人学習者における受動文の用法比較―認知言語学と英語教育学的観点から―.
2015年度~2016年度, カワイサウンド技術・音楽振興財団, 分担, パブリック・スピーキングの音響分析:日本人の国際的発信力強化に向けて.
共同研究、受託研究(競争的資金を除く)の受入状況
2015.07~2020.04, 代表, 没入型スピーチ訓練システムの開発.
2016.04~2017.03, 代表, マルチモーダルコーパスを用いたパブリックスピーチの動作・音声・発話内容の統計的解析.
2011.04~2012.03, 分担, 日本人英語学習者の概念構造の解明に向けた統計的研究.
2010.04~2011.03, 分担, 日本人英語学習者の前置詞表現のプロトタイプ特定に向けた統計的研究.
寄附金の受入状況
2018年度, 九州地域産業活性化センター, シーズ育成基金:スピーチVR教材開発研究.
2017年度, 電気通信普及財団研究助成, 大型スクリーンとタブレット連動型ロボットを用いたリアルタイム遠隔教育システムの開発と検証:へき地校における教育の活性化を目指して.
学内資金・基金等への採択状況
2019年度~2019年度, 九州大学令和元年度研究活動基礎支援制度, 代表, 英語能力標準化試験プラットフォームとしての没入体感型VR技術の有効性:開発と検証.
2017年度~2017年度, 第Ⅰ期大学発ベンチャー事業シーズ育成支援プログラム(九州大学ギャップファンドプログラム), 代表, 人の心を動かす話し方が身につくバーチャル・リアリティ(VR)教材.
2015年度~2016年度, 教育研究プログラム・研究拠点形成プロジェクト(QRプログラム・つばさプロジェクト:異分野融合研究), 代表, ストレスを軽減する英語パブリックスピーキング指導法の新規開発:応用言語学・英語教育学・心理学による統合的研究.
2016年度~2016年度, 若手研究者英文校閲経費支援, 代表, Semantic structure, speech units and facial movements: Multimodal corpus analysis of English public speaking.
2013年度~2013年度, 若手研究者英文校閲経費支援, 代表, Negative Washback Effects of Japanese Standardized University Entrance Examination: Reflections for Effective First-year Education.
2013年度~2013年度, 若手研究者国際学会派遣支援, 代表, The Intersection between Corpora and Cognitive Linguistics: towards Dynamic/Static Scaling of English Passive Construction (at APCLC2014).

九大関連コンテンツ

pure2017年10月2日から、「九州大学研究者情報」を補完するデータベースとして、Elsevier社の「Pure」による研究業績の公開を開始しました。
 
 
九州大学知的財産本部「九州大学Seeds集」