九州大学 研究者情報
発表一覧
小椎尾 謙(こじお けん) データ更新日:2021.07.01

准教授 /  先導物質化学研究所 分子集積化学部門


学会発表等
1. N. Dechnarong, S. Masuda, C.-H. Cheng, C. Nagano, N. Takayama, S. Nozaki, K. Kamitani, K. Kojio, A. Takahara, TPEの多様な変形様式下における変形挙動
, 第65回TPE技術研究会, 2019.05.
2. Aya Fujimoto, Tomoko Kajiwara, Chigusa Nagano, Chao-Hung Cheng, Shuhei Nozaki, Shiori Masuda,Nattanee Dechnarong, Kazutaka Kamitani, Ken Kojio and Atsushi Takahara, In situ molecular aggregation structure analyses on poly(methyl methacrylate) and polycarbonate films during bulge deformation process, Polymer Engineering and Science International Conference 2019, 2019.09.
3. N. Dechnarong, S. Masuda, C.-H. Cheng, C. Nagano, S. Nozaki, K. Kamitani, K. Kojio, and A. Takahara, Elongation Induced Microphase-separated Structure Change of Thermoplastic Elastomer under Various Conditions
, Polymers and Network Topology Entanglement, 2019.08.
4. Nattanee Dechnarong, Shiori Masuda, Chao-Hung Cheng, Chigusa Nagano, Nobuhisa Takayama Shuhei Nozakia, Kazutaka Kamitani, ○Ken Kojio, Atsushi Takahara , In situ Small Angle X-ray Scattering Study on Change in Microdomain Structure of Thermoplastic Elastomer under Various Mechanical Deformation Modes
, International Symposium Polymers Meet Topology, 2019.01.
5. 藤本 綾、N. Dechnarong、増田 汐里、永野 千草、野崎 修平、鄭 朝鴻、神谷 和孝、小椎尾 謙、高原 淳, 各種変形過程における高分子フィルムの分子鎖凝集状態変化 のその場評価
, 成形加工学会 第30回年次大会, 2019.06.
6. Ken Kojio, Shuhei Nozaki, Atsushi Takahara,, Rheo-optical Analysis of Polymeric Materials Based on Synchrotron Radiation X-ray Small-angle Scattering/Wide-angle Diffraction Techniques, Polymer Physics (PP) 2018, 2018.06.
7. Ken Kojio, Shuhei Nozaki, Atsushi Takahara,, Viscoelastic Properties of Polymer Materials Based on Synchrotron Radiation Dynamic X-ray Scattering/Diffraction Methods, Pacific Rim Conference on Rheology (PRCR) 2018, 2018.06.
8. Ken Kojio, Shiori Masuda, Shuhei Nozaki, Chigusa Nagano, Nattanee Dechnarong, Nobuhisa Takayama, Atsushi Takahara, Microphase-separated Structure and Mechanical Properties of Polyurethane Elastomers Using Novel Cycloalihpatic Diisocyanate, The Rubber Society of Korea, 2018.03.
9. 小椎尾 謙、野崎 修平、 高原 淳, ポリウレタンの分子鎖凝集構造と力学物性, 日本ゴム協会衛生分科会, 2017.06.
10. Ken Kojio, Shiori Masuda, Shuhei Nozaki, Atsushi Takahara, Kazuki Mita, Satoshi Yamasaki, Structure-property Relationship of thermoplastic Elastomers, International Workshop on Advanced Materials 2017, 2017.03.
11. 小椎尾 謙, 小角X 線散乱測定を用いた高分子材料の動的構造・物性解析, 日本化学会 第97春季年会, 2017.03.
12. 小椎尾 謙, 放射光X線散乱・回折法を利用したエラストマー材料の分子鎖凝集状態解析, 、 第4回秋季ゴム・エラストマー技術講座  久留米工業高等専門学校・(一社)日本ゴム協会九州支部 連携協定締結記念講演会「ゴム材料の可視化技術」, 2016.11.
13. 小椎尾 謙, 放射光X線回折・散乱測定を利用した高分子材料の構造解析, 第31回 中国四国地区高分子若手研究会「高分子の構造と機能」, 2016.11.
14. Ken Kojio , Rheo-optical Analysis of Crystalline Polymer Using a Synchrotron Radiation X-Ray Scattering Technique, The 12th International Symposium on Polymer Physics (PP’2016), 2016.06.
15. 小椎尾 謙, 高原 淳, 極性高分子が作り出す凝集構造と物性, 公益社団法人 高分子学会, 2015.11.
16. 小椎尾 謙, Molecular Aggregation Structure Analysis of Polymer Materials Based on Time-Resolved Scattering and Diffraction Measurements with Synchrotron Radiation X-ray, The 16th RIES-Hokudai International Symposium, 2015.11.
17. 小椎尾 謙, Rheo-Optical Analysis of Polymer Materials Using a Synchrotron Radiation X-ray Scattering Technique, Japan-Taiwan Bilateral Polymer Symposium 2015 (JTBPS 2015), 2015.09.
18. 野崎 修平、本九町 卓、吉永 耕二、平井 智康、檜垣 勇次、小椎尾 謙、高原 淳, 2級水酸基を有するエステル系ポリオールを基材としたセグメント化ポリウレタンの凝集構造と力学物性の関係, 日本化学会 第95回春季年会, 2015.03.
19. 小椎尾 謙・石井裕子・本九町 卓・吉永耕二・高原 淳・後関頼太・早川晃鏡, 剛直セグメントと屈曲セグメントの繰り返し構造を有するマルチブロック共重合体を基材としたエラストマーの開発, 日本化学会 第95回春季年会, 2015.03.
20. 小椎尾 謙, 放射光X線を用いた高分子材料の局所構造・動的挙動解析, 第33回エラストマーの補強研究分科会, 2015.03.
21. 小椎尾 謙,大池浩貴,野崎修平,小松拓也,本九町卓,吉永耕二,増永啓康,高原淳, 局所動的X線回折に基づく結晶性高分子の力学物性評価, 第28回日本放射光学会年会・放射光科学合同シンポジウム JSR 2015, 2015.01.
22. 小椎尾 謙, 熱可塑性エラストマーの力学物性のための放射光X線散乱技術, 東北大学金属材料研究所 共同利用ワークショップ 3GeV中型高輝度放射光の実現に向けて, 2014.12.
23. 小椎尾 謙, 物理・化学架橋を有するポリウレタンエラストマーの構造回復性, 第26回エラストマー討論会, 2014.12.
24. S. Nozaki, S. Motokucho, K. Yoshinaga, T. Hirai, Y. Higaki, K. Kojio, A. Takahara, Effect of chain architecture of ester-polyol bearing secondary hydroxyl groups on network structure and mechanical properties of polyurethane elastomers, The 10th SPSJ International Polymer Conference (IPC 2014), 2014.12.
25. Ken Kojio, Shuhei Nozaki, Atsushi Takahara, Healing Property of Thermoplastic Elastomers after Mechanical Deformation using a Synchrotron X-ray Small-angle Scattering Technique, The 10th SPSJ International Polymer Conference (IPC 2014), 2014.12.
26. 小椎尾 謙, 高原 淳, Healing Property of Thermoplastic Elastomers after Mechanical Deformation using a Synchrotron X-ray Small-angle Scattering Technique, 公益社団法人 高分子学会, 2014.12.
27. 小椎尾 謙, 放射光X線散乱・回折を利用したポリウレタンの凝集構造解析, 第2回秋季ゴム・エラストマー技術講座, 2014.11.
28. 小椎尾 謙, 川尻源一郎, 本九町卓, 吉永耕二, 高原 淳, 放射光小角X線散乱法による力学変形過程および解放後の共重合体エラストマーのミクロドメイン構造評価, プラスチック成形加工学会 第22回秋季大会(成形加工シンポジア'14 新潟), 2014.11.
29. 小椎尾 謙, 熱可塑性エラストマーの力学変形後の修復挙動, 第42回TPE技術研究会, 2014.11.
30. Ken Kojio, Synchrotron Radiation X-ray Scattering Studies on Self-Healing Behavior of A Microdomain Structure of Thermoplastic Elastomers after Mechanical Deformation
, International Conference on Energy and Transportation Materials (ETM 2014) , 2014.10.
31. 野崎 修平, 小松 拓也, 本九町 卓, 吉永 耕二, 増永 啓康, 平井 智康, 檜垣 勇次, 小椎尾 謙, 高原 淳, 力学変形後の熱可塑性ポリウレタンエラストマーのミクロドメイン構造回復性, 第62回レオロジー討論会, 2014.10.
32. Ken Kojio, Genichiro Kawajiri, Takuya Komatsu, Suguru Motokucho and Kohji Yoshinaga, Microdomain structures of thermoplastic elastomers after mechanical deformation based on small-angle X-ray scattering, International Symposium on Fiber Science and Technology 2014(ISF2014), 2014.10.
33. 野崎 修平, 小松 拓也, 本九町 卓, 吉永 耕二, 増永 啓康, 平井 智康, 檜垣 勇次, 小椎尾 謙, 高原 淳, 放射光測定に基づく伸長変形後のポリウレタンエラストマーの構造修復挙動の解析, 第63回高分子討論会, 2014.09.
34. 小椎尾 謙, 山田 悠太, 嘉悦 勝博, 本九町 卓, 吉永 耕二, 高原 淳, カーボネートオリゴマー電解質の粘度と導電率の関係, 第63回高分子討論会, 2014.09.
35. 野崎修平、小松拓也、小椎尾 謙、高原 淳, 時分割小角X線散乱測定による力学変形後のポリウレタンエラストマーのミクロドメイン構造解析, 第26回ゴム技術研究・事例発表会, 2014.09.
36. 小椎尾 謙, 小松拓也, 本九町 卓, 吉永耕二, 膨潤状態での熱可塑性エラストマーのミクロ相分離構造, 繊維学会年次大会, 2014.06.
37. 山田悠太, 本九町 卓, 吉永耕二, 小椎尾 謙, 高分子固体電解質の分子量および分岐構造が導電率へ及ぼす影響, 第63回高分子学会年次大会, 2014.05.
38. 小椎尾 謙, 小松拓也, 本九町 卓, 吉永耕二, 熱可塑性エラストマーの力学変形によるミクロドメイン構造変化, 第63回高分子学会年次大会, 2014.05.
39. 野崎修平、本九町卓、吉永耕二、小椎尾謙, 2級水酸基を有するエステル系ポリオールを基材としたポリウレタンエラストマーの凝集構造と力学物性, 第63回高分子学会年次大会, 2014.05.
40. 小椎尾 謙, 小松拓也, 川尻源一郎, 本九町 卓, 吉永耕二, 熱可塑性エラストマーの力学変形過程・印加後のミクロドメイン構造変化, 2014年度日本ゴム協会年次大会, 2014.05.
41. 野崎修平、本九町卓、吉永耕二、小椎尾謙, 分岐構造を有するエステル系ポリオールを基材としたポリウレタンエラストマーのミクロ相分離構造と力学物性, 2014年度日本ゴム協会年次大会, 2014.05.
42. 小椎尾 謙, 川尻源一郎, 小松拓也, 本九町 卓, 吉永耕二, 熱可塑性エラストマーの伸長解放後のミクロドメイン構造, 第41年会(日本レオロジー学会), 2014.05.
43. 小椎尾 謙, 極性高分子が作り出す自己組織構造と物性, 東海高分子研究会, 2013.09.
44. 小椎尾 謙, エラストマーの構造と物性, 基礎先端高分子・繊維研究会, 2013.09.
45. 小椎尾 謙, 高輝度X線を利用したエラストマー材料の構造解析, キャノン 講演会, 2013.07.
46. 小椎尾 謙, 高輝度X線を利用した力学刺激下におけるエラストマー材料の構造解析, 高分子同友会, 2013.06.
47. 小椎尾 謙, 小角X線散乱/広角X線回折の同時測定に基づくエラストマー材料の凝集構造と力学物性の関係, KHネオケム 講演会, 2013.04.
48. 小椎尾 謙, ポリウレタンエラストマーの高次構造と力学物性, 日本ゴム協会 エラストマーの補強分科会, 2012.12.
49. K. Kojio, Aggregation Structure of Thermoplastic Elastomers During and After Mechanical Deformation, Japan-Taiwan Bilateral Polymer Symposium 2012, 2012.09.
50. 小椎尾 謙, 高分子中の極性基が作り出す自己組織構造と物性, 三井化学 講演会, 2012.09.
51. 小椎尾 謙, 極性基を主鎖に有する高分子の自己組織構造と力学物性, 平成24年度繊維学会年次大会ナノファイバー技術戦略研究委員会, 2012.06.
52. 小椎尾 謙, Simultaneous small-angle X-ray scattering/wide-angle X-ray diffraction study of the microdomain structure of polyurethane elastomers during mechanical deformation, 高分子学会 Polymer Journal 論文賞̶日本ゼオン賞 受賞講演, 2012.05.
53. 小椎尾 謙, 伸長および回復過程におけるポリウレタンエラストマーのミクロドメイン構造変化, 平成23年度岡山地区高分子懇話会, 2012.03.
54. 小椎尾 謙, すれすれ入射X線散乱・回折法に基づくウレタン膜のミクロドメイン構造解析, 先導物質化学研究所 先端放射光科学講演会, 2012.01.
55. 小椎尾 謙, 原子間力顕微鏡による高分子薄膜・バルクの構造観察と力学物性評価, 高分子学会関東支部, 第4回高分子アドバンスト講座, 2012.01.
56. 小椎尾 謙, 極性高分子が作り出す分子鎖凝集構造と物性, 有機・高分子物質専攻, 2012.01.
57. 小椎尾 謙, 原子力間顕微鏡によるセグメント化ポリウレタンのミクロ相分離構造観察, 接着の分析・評価技術セミナー, 2011.11.
58. 小椎尾 謙, ポリウレタンの基礎と構造・物性制御、高機能化技術, 情報機構 講演会, 2011.10.
59. 小椎尾 謙, 極性分子鎖を含有するオリゴマーとポリマーのナノ構造, 化学関連支部合同九州大会, 2011.07.
60. 小椎尾 謙, ポリウレタンの合成・構造・物性・新機能, 日本マタイ 講演会, 2011.06.
61. 小椎尾 謙, 新しい高分子材料の創製を目指して, 向陽橘香館高校, 2011.06.
62. 小椎尾 謙, 極性高分子固体の凝集構造と機能, 一般財団法人化学物質評価研究機構 東京事業所, 2011.04.
63. 小椎尾 謙, 原子間力顕微鏡による高分子薄膜・バルクの構造観察と力学物性評価, 第3回高分子アドバンスト講座, 2010.12.
64. 小椎尾 謙, 高分子のレオロジー特性と可撓性の付与技術, 技術情報協会 講演会, 2010.10.
65. 小椎尾 謙, 原子間力顕微鏡を用いたセグメント化ポリウレタンのミクロ相分離構造の直接観察, ディーアイシーバイエルポリマー株式会社創立10周年講演会, 2010.06.
66. 小椎尾 謙, ポリウレタンの合成・構造・物性・新機能, 積水化学 講演会, 2010.06.
67. 小椎尾 謙, ポリウレタンの基礎と構造・物性制御、高機能化技術, 情報機構 講演会, 2010.04.
68. 小椎尾 謙, 高分子(ポリマー<プラスチック,繊維、ゴム材料>)材料に関わる各種技術 ~表面コーティング、接着、表面改質(撥水性など)、力学物性(硬度、引張強さ)制御技術などを中心に~, 産学官連携技術交流会in長崎「地域の活性化を目指した先端的 医・農・工 産学官連携技術シンポジウム」, 2009.11.
69. 小椎尾 謙, マサチューセッツ大学アムハースト校でのポスドク体験, 高分子討論会,第6回国際交流シンポジウム, 2009.09.
70. 小椎尾 謙, ポリウレタンエラストマーのミクロ相分離構造と力学物性, 技術情報協会 講演会, 2009.08.
71. 小椎尾 謙, ポリウレタン固体および薄膜の凝集構造と物性, 日本ゴム協会年次大会, 2009.05.
72. 小椎尾 謙, 古川睦久, ポリウレタンのミクロ相分離構造とレオロジー特性に関する研究, 第56回レオロジー年次大会, 2008.05.
73. K.Kojio, M.Furukawa, Microphase-separated Structure of Ultrathin Polyurethane Films, Nagasaki Symposium on Nano Dynamincs, 2008.02.
74. 小椎尾 謙, ポリウレタンのナノ構造解析, 技術情報協会 講演会, 2007.06.
75. 小椎尾 謙, 古川睦久, ポリウレタンの凝集構造とレオロジー特性, 関西レオロジー研究会, 2006.10.
76. Ken Kojio, Mutsuhisa Furukawa, Relation Between Chemical Structure and Mechanical Properties of Polyurethane with Novel Raw Materials, Polyurethane Symposium, The Polyurethane Society of Korea, 2006.08.
77. 小椎尾 謙, 古川睦久, 極性高分子超薄膜の凝集構造の特異性, 第55回高分子年次大会, 2005.05.
78. 小椎尾 謙, 古川睦久, Aggregation Structure and Mechanical Properties of Polyurethane Elastomers, 2013 Kyushu-Seibu/Pusan- Kyeongnam Joint Symposium on High Polymers (16th) and Fibers (14th), Pusan, Korea, 2003.11.

九大関連コンテンツ

pure2017年10月2日から、「九州大学研究者情報」を補完するデータベースとして、Elsevier社の「Pure」による研究業績の公開を開始しました。
 
 
九州大学知的財産本部「九州大学Seeds集」