九州大学 研究者情報
研究者情報 (研究者の方へ)入力に際してお困りですか?
基本情報 研究活動 教育活動 社会活動 病院臨床活動
山下 明子(やました あきこ) データ更新日:2021.06.28

助教 /  歯学研究院 歯学部門 口腔機能修復学講座


主な研究テーマ
歯肉増殖症や肥満に関わる新規分子SPOCK1のシグナリング経路の探索
キーワード:歯肉増殖
2021.04~2024.03.
歯肉増殖症の病態解明~spock1による蓄積と分解抑制のシナジー効果の観点から
キーワード:歯肉増殖
2018.04~2021.03.
歯肉増殖におけるカテプシンの役割の解明
キーワード:歯周病 歯肉増殖
2014.10~2018.03.
miRNAを標的とした歯周炎症誘導性インスリン抵抗性の制御を目指す基礎研究
キーワード:歯周病
2012.04~2014.03.
抗炎症作用を有する薬剤が脂肪細胞・マクロファージ共培養系へ及ぼす影響の網羅的解析
キーワード:脂肪細胞・マクロファージ共培養
2010.04~2012.03.
歯周病とメタボリックシンドロームの関連性に関する基礎ならびに臨床研究
キーワード:歯周病 メタボリックシンドローム
2008.04~2010.03.
研究業績
主要著書
主要原著論文
主要学会発表等
学会活動
所属学会名
IADR
日本歯周病学会
日本歯科保存学会
受賞
プレジデントポスター優秀演題賞, 日本糖尿病学会, 2009.05.
日本歯周病学会 奨励賞, 日本歯周病学会, 2007.07.
研究資金
科学研究費補助金の採択状況(文部科学省、日本学術振興会)
2021年度~2023年度, 基盤研究(C), 代表, 歯肉増殖症や肥満に関わる新規分子SPOCK1のシグナリング経路の探索.
2018年度~2020年度, 基盤研究(C), 代表, 歯肉増殖症の病態解明~spock1による蓄積と分解抑制のシナジー効果の観点から.
2018年度~2021年度, 基盤研究(C), 代表, 歯肉増殖症の病態解明~spock1による蓄積と分解抑制のシナジー効果の観点から.
2015年度~2017年度, 基盤研究(C), 代表, 歯肉増殖症におけるカテプシンの役割の解明~多様なカテプシンKOマウスを用いた検討.
2015年度~2017年度, 基盤研究(C), 代表, 歯肉増殖症におけるカテプシンの役割の解明~多様なカテプシンKOマウスを用いた検討.

九大関連コンテンツ

pure2017年10月2日から、「九州大学研究者情報」を補完するデータベースとして、Elsevier社の「Pure」による研究業績の公開を開始しました。
 
 
九州大学知的財産本部「九州大学Seeds集」