九州大学 研究者情報
研究者情報 (研究者の方へ)入力に際してお困りですか?
基本情報 研究活動 教育活動 社会活動
清水 宗治(しみず そうじ) データ更新日:2020.06.04

准教授 /  工学研究院 応用化学部門


教育活動概要
学部専門講義
大学院講義
担当授業科目
2019年度・後期, 有機機能化学.

2019年度・春学期, 有機化学第一.

2019年度・通年, 物質科学情報集約演習.

2019年度・通年, 物質科学研究企画演習.

2019年度・通年, 物質科学特別演習第一.

2019年度・後期, 物質科学工学実験第一.

2019年度・通年, 物質創造工学演習二A.

2019年度・通年, 物質科学学生セミナー第一.

2019年度・通年, 物質科学学生セミナー第二.

2019年度・秋学期, 有機化学第二.

2018年度・秋学期, 有機化学第二.

2018年度・通年, 物質科学学生セミナー第二.

2018年度・通年, 物質科学学生セミナー第一.

2018年度・通年, 物質創造工学演習二A.

2018年度・後期, 物質科学工学実験第一.

2018年度・通年, 物質科学特別演習第一.

2018年度・通年, 物質科学研究企画演習.

2018年度・通年, 物質科学情報集約演習.

2017年度・秋学期, 有機化学第二.

2017年度・通年, 物質科学学生セミナー第二.

2017年度・通年, 物質科学学生セミナー第一.

2017年度・通年, 物質創造工学演習二A.

2017年度・後期, 物質科学工学実験第一.

2017年度・通年, 物質科学特別演習第一.

2017年度・通年, 物質科学研究企画演習.

2017年度・通年, 物質科学情報集約演習.

2017年度・通年, 物質科学情報集約演習.

2017年度・通年, 物質科学研究企画演習.

2017年度・通年, 物質科学特別演習第一.

2017年度・後期, 物質科学工学実験第一.

2017年度・通年, 物質創造工学演習二A.

2017年度・通年, 物質科学学生セミナー第一.

2017年度・通年, 物質科学学生セミナー第二.

2017年度・後期, 有機化学第二.

2017年度・後期, 有機機能化学.

2017年度・後期, Organic Functional Chemistry.

2016年度・後期, 物質科学工学実験第一.

2016年度・通年, 物質科学特別演習第一.

2016年度・通年, 物質科学研究企画演習.

2016年度・通年, 物質科学情報集約演習.

2016年度・通年, 物質科学学生セミナー第二.

2016年度・通年, 物質科学学生セミナー第一.

2016年度・通年, 物質創造工学演習二A.

2016年度・後期, 有機化学第二.

2015年度・後期, 課題協学B.

2015年度・後期, 有機機能化学.

2015年度・後期, 有機化学第二.

2015年度・前期, 有機化学第三および演習.

2015年度・通年, 物質創造工学演習二A.

2015年度・通年, 物質科学学生セミナー第一.

2015年度・通年, 物質科学学生セミナー第二.

2015年度・通年, 物質科学情報集約演習.

2015年度・通年, 物質科学研究企画演習.

2015年度・通年, 物質科学特別演習第一.

2015年度・後期, 物質科学工学実験第一.

2014年度・後期, 物質科学工学実験第一.

2014年度・通年, 物質科学特別演習第一.

2014年度・通年, 物質科学研究企画演習.

2014年度・通年, 物質科学情報集約演習.

2014年度・通年, 物質科学学生セミナー第二.

2014年度・通年, 物質創造工学演習二A.

2014年度・通年, 物質科学学生セミナー第一.

2014年度・前期, 有機化学第三および演習.

ファカルティディベロップメントへの参加状況
2017.04, 部局, 参加, 第8回応用化学部門FD.

2015.09, 部局, 参加, 第7回応用化学部門FD.

2015.08, 部局, 参加, 第6回応用化学部門FD.

2014.11, 部局, 参加, 第5回応用化学部門FD.

2014.04, 全学, 参加, 第1回全学FD.

学生のクラス指導等
2018年度, 学部, 学士課程国際コース コースアドバイザー.

2017年度, 学部, 学士課程国際コース コースアドバイザー.

2016年度, 全学, 学士課程国際コース コースアドバイザー.

2015年度, 全学, 学士課程国際コース コースアドバイザー.


九大関連コンテンツ

pure2017年10月2日から、「九州大学研究者情報」を補完するデータベースとして、Elsevier社の「Pure」による研究業績の公開を開始しました。
 
 
九州大学知的財産本部「九州大学Seeds集」