九州大学 研究者情報
研究者情報 (研究者の方へ)入力に際してお困りですか?
基本情報 研究活動 教育活動 社会活動
長命 洋佑(ちようめい ようすけ) データ更新日:2020.06.18



教育活動概要
教育に関しては、知識・理論(Knowledge)、態度・実践(Attitude)、技術・手法(Skills)の3要素(KAS)を大切にした教育を行う。特に、「現場に軸足を置いた」経験・体験を伝えていきたい。また、ワークショップ形式の学生参加型の講義を行うことで、学生自身の意見の表現・理解が可能となる場を構築することに努める。教育を通じて、学生自らが、問題意識を持ち、解決(改善)への方策を模索することができる人材に成長するように努める。
担当授業科目
2020年度・通年, ティーチング演習.

2020年度・冬学期, 農業資源経済学演習第二.

2020年度・秋学期, 農業資源経済学演習第二.

2020年度・冬学期, 農業資源経済学演習第一.

2020年度・秋学期, 農業資源経済学演習第一.

2020年度・秋学期, 農業資源経済学プロジェクト演習.

2020年度・春学期, 農業資源経済学プロジェクト演習.

2020年度・後期, 卒論演習.

2020年度・通年, 農学入門Ⅰ.

2020年度・後期, 社会調査分析論.

2020年度・前期, 農業農村計画論.

2020年度・春学期, 経営学特論.

2019年度・通年, ティーチング演習.

2019年度・冬学期, 農業資源経済学演習第二.

2019年度・秋学期, 農業資源経済学演習第二.

2019年度・冬学期, 農業資源経済学演習第一.

2019年度・秋学期, 農業資源経済学演習第一.

2019年度・秋学期, 農業資源経済学プロジェクト演習.

2019年度・春学期, 農業資源経済学プロジェクト演習.

2019年度・後期, 卒論演習.

2019年度・通年, 農学入門Ⅰ.

2019年度・後期, 社会調査分析論.

2019年度・前期, 農業農村計画論.

2019年度・春学期, 経営学特論.

2018年度・春学期, 経営学特論.

2018年度・前期, 農業農村計画論.

2018年度・後期, 社会調査分析論.

2018年度・前期, アグリフードシステムと農学.

2018年度・通年, 農学入門Ⅰ.

2018年度・後期, 卒論演習.

2018年度・春学期, 農業資源経済学プロジェクト演習.

2018年度・秋学期, 農業資源経済学プロジェクト演習.

2018年度・秋学期, 農業資源経済学演習第一.

2018年度・冬学期, 農業資源経済学演習第一.

2018年度・秋学期, 農業資源経済学演習第二.

2018年度・冬学期, 農業資源経済学演習第二.

2018年度・通年, ティーチング演習.

2017年度・後期, 経営科学.

2017年度・前期, 経営学特論.

2017年度・前期, 農業農村計画論.

2017年度・後期, 社会調査分析論.

2017年度・前期, アグリフードシステムと農学.

2017年度・通年, 農学入門Ⅰ.

2017年度・後期, 卒論演習.

2017年度・通年, 農業資源経済学プロジェクト演習.

2017年度・通年, 農業資源経済学演習第一.

2017年度・通年, 農業資源経済学演習第二.

2016年度・後期, 経営科学.

2016年度・後期, 社会調査分析論.

2016年度・前期, 経営学特論.

2016年度・前期, 農業・農村計画論.

2016年度・前期, アグリフードシステムと農学.

2016年度・後期, 卒論演習.

2016年度・通年, 農学入門Ⅰ.

2015年度・後期, 経営科学.

2015年度・後期, 社会調査分析論.

2015年度・前期, 経営学特論.

2015年度・前期, 農業・農村計画論.

2015年度・前期, アグリフードシステムと農学.

2015年度・後期, 卒論演習.

2015年度・通年, 農学入門Ⅰ.

2014年度・前期, 農業・農村計画論.

2014年度・前期, 経営学特論.

2014年度・後期, 社会調査分析論.

2014年度・後期, 経営科学.

2014年度・前期, アグリフードシステムと農学.

2014年度・後期, 卒論演習.

ファカルティディベロップメントへの参加状況
2019.12, 部局, 参加, 大学を強くする~大学経営改革.

2018.12, 部局, 参加, 大学を強くする~大学経営改革.

2018.03, 部局, 参加, m2b(ミツバ)システムの授業への活用.

2017.02, 部局, 参加, 研究費の適正な使用のための説明会.

2017.09, 部局, 参加, 研究分析ツール「SciVal」及び研究者プロファイリングツール「Pure」に関する説明会(応用編).

2017.11, 部局, 参加, 産学官共同研究における費用負担と営業秘密の管理について.

2017.07, 部局, 参加, 「奨学金プログラム」について..

2016.02, 部局, 参加, 企業との共同研究における研究成果のデザイン.

2016.07, 参加, 若手研究者・異分野交流会.


九大関連コンテンツ

pure2017年10月2日から、「九州大学研究者情報」を補完するデータベースとして、Elsevier社の「Pure」による研究業績の公開を開始しました。
 
 
九州大学知的財産本部「九州大学Seeds集」