九州大学 研究者情報
発表一覧
宮田 暖(みやた のん) データ更新日:2022.06.14

助教 /  理学研究院 化学部門 有機・生物化学講座


学会発表等
1. 宮田 暖、藤井 悟、久下 理 , ホスファチジルセリン脱炭酸酵素Psd1の細胞内局在制御
, 日本ミトコンドリア学会, 2021.12.
2. 宮田 暖、伊藤 貴紀、中島 未由、久下 理 , ミトコンドリアホスファチジルエタノールアミン(PE)による細胞機能制御, 日本生化学会大会, 2021.11.
3. 宮田暖、伊藤貴紀、久下理, ミトコンドリア内リン脂質輸送体Ups2-Mdm35を介した細胞機能制御, 第12回トランスポーター研究会 九州支部会, 2021.08.
4. 宮田 暖,伊藤 貴紀,久下 理, ミトコンドリア由来ホスファチジルエタノールアミンを介した細胞周期と分化の制御, 第93回日本生化学会大会, 2020.09.
5. 宮田 暖,藤井 悟,久下 理, Porinを介したミトコンドリアリン脂質合成制御, 日本生化学会大会, 2019.09.
6. 宮田 暖,藤井 悟,久下 理, Porin proteins have critical functions in mitochondrial phospholipid homeostasis., 第19回日本蛋白質科学会年会・第71回日本細胞生物学会大会合同年次大会, 2019.06.
7. 宮田 暖,久下 理, ミトコンドリアにおけるリン脂質の合成・輸送制御機構の解析, 日本分子生物学会, 2018.11.
8. 宮田 暖, 久下 理, Novel functions of porin proteins in mitochondrial phospholipid metabolism, The 1st International Mitochondria Meeting for Young Scientists, 2018.04, Mitochondrial synthesis of phospholipids, cardiolipin and phophatidylethanolamine, mainly relies on transport of their precursors, phosphatidic acid and phosphatidylserine, respectively, to the mitochondrial inner membrane. In yeast, Saccharomyces cerevisiae, the Ups1-Mdm35 and Ups2-Mdm35 complexes can act as phospholipid transfer proteins for phosphatidic acid and phosphatidylserine, respectively, in the mitochondrial intermembrane space. Recently, it has been reported that three mitochondrial inner membrane proteins, Mdm31, Mdm32 and Fmp30 mediate Ups1-Mdm35 complex-independent cardiolipin accumulation under lowered phosphatidylethanolamine conditions. In this study, we identified a mitochondrial outer membrane protein, Por1, as a major binding partner of Mdm31, suggesting a novel contact site between the outer and inner membranes. Furthermore, Por1 was found to interact with Mdm35 required for maintenance of the Ups1 and Ups2 levels. Depletion of porin proteins Por1 and Por2 led to ~90% and 30-40% decreases in the cardiolipin and phosphatidylethanolamine levels, respectively, and reduced Ups1 and Ups2 levels. These results suggest that yeast porins play crucial roles in mitochondrial phospholipid metabolism by interacting with Mdm31 and Mdm35. In addition, we show that human porins also have functions in cardiolipin metabolism.
.
9. 宮田 暖, 久下 理, ミトコンドリア外膜ポリンはミトコンドリア内リン脂質輸送に関与する, Consortium of Biological Sciences 2017, 2017.12, Mitochondrial synthesis of phospholipids, cardiolipin and phophatidylethanolamine, relies on
transport of their precursors, phosphatidic acid and phosphatidylserine, respectively, to
the mitochondrial inner membrane. In yeast, Saccharomyces cerevisiae, the Ups1-Mdm35 and
Ups2-Mdm35 complexes can act as phospholipid transfer proteins for phosphatidic acid and
phosphatidylserine, respectively, in the mitochondrial intermembrane space. In this study, we
identified a mitochondrial outer membrane protein, Por1, as a major binding partner of the inner
membrane protein, Mdm31, implicated in cardiolipin accumulation, suggesting a novel contact
site between the outer and inner membranes. Furthermore, Por1 was found to interact with
Mdm35 required for maintenance of the Ups1 and Ups2 levels. Depletion of porin proteins Por1
and Por2 led to ~90% and ~30% decreases in the cardiolipin and phosphatidylethanolamine
levels, respectively, and reduced Ups1 and Ups2 levels. These results suggest that yeast porins
play crucial roles in mitochondrial phospholipid metabolism by interacting with Mdm31 and Mdm35.
In addition, we show that human porins also have functions in cardiolipin metabolism..
10. 宮田 暖, Carla M. Koehler, ミトコンドリアタンパク質輸送阻害剤の開発, 2017.05, ミトコンドリアタンパク質輸送装置の異常は、パーキンソン病や癌など、多様な疾患の原因となるが、その発症機序には未解明な点が多い。様々なモデル生物においてミトコンドリアタンパク質輸送装置を速やか且つ特異的に阻害する低分子化合物阻害剤が開発されれば、非常に有効な疾患モデルの創出につながる。そこで申請者は、出芽酵母を用いたスクリーニング系を構築し、約120,000種の化合物から、ミトコンドリアタンパク質輸送を特異的に阻害するものを検索した。スクリーニングの結果得られた化合物のうち、MB-10と名付けた化合物について、標的因子の同定及び、哺乳動物細胞における効果の検証を行なった。結果、MB-10は、ミトコンドリアマトリクスへのタンパク質輸送に関与する因子であるTim44に特異的に結合し、機能を阻害することを見出した。また、MB-10は哺乳動物においてもミトコンドリアタンパク質輸送を阻害した。 .
11. 宮田 暖, 久下 理, Ups2によるミトコンドリアリン脂質代謝制御の解析, 第57会日本脂質生化学会, 2015.05, ミトコンドリアと小胞体は細胞内リン脂質合成において中心的な役割を担っており、ほぼすべてのリン脂質はこれらの細胞小器官において合成される。これらリン脂質のうち、PEとCLはミトコンドリア内膜において合成される。一方、PE、CLの前駆体であるPA、PSは小胞体で合成され、ミトコンドリア内膜に輸送される。逆にPEは、ミトコンドリアから小胞体へ輸送され、PCへと変換される。このように、小胞体-ミトコンドリア間リン脂質輸送は、細胞内リン脂質恒常性に必須の過程である。出芽酵母において小胞体膜とミトコンドリア外膜はERMES複合体によって繋留されており、リン脂質はこれを介して輸送される。一方、ミトコンドリア外膜-内膜間リン脂質輸送の分子機構には未だ不明な点が多い。Ups2は、種間で保存されたミトコンドリア膜間腔タンパク質である。出芽酵母においてUps2欠損はミトコンドリアPE量の低下を引き起こす事が報告されている。今回我々は、Ups2欠損変異体酵母におけるミトコンドリアリン脂質代謝の性状解析を行なった。結果、Ups2欠損変異体において、1) PEの安定性に影響はない事、2) PSからPEへの変換が遅れる事、3)PS脱炭酸酵素の活性は減少していない事、を明らかにした。これらの結果は、Ups2がミトコンドリア膜間腔においてPSの外膜-内膜間輸送に関与していることを強く示唆している。.
12. 宮田 暖, Christopher J. Dunpure, Carla M. Koehler, Correction of an enzyme trafficking defect in Primary hyperoxaluria type1 disease., Gordon research conference, 2014.03.
13. 宮田 暖, Carla M. Koehler, 久下 理, グリオキシル酸代謝酵素の細胞内局在異常の補正, 第87回日本生化学会大会, 2014.10.
14. 宮田 暖, Robert Damoiseaux, Carla M. Koehler, Identification and characterization of small molecule that inhibit mitochondrial protein import, Gordon Research conference, 2012.03.
15. 宮田 暖, 藤木 幸夫, Identification of a novel cytosolic factor that regulates Pex5p export from peroxisomes, 第32回日本分子生物学会大会, 2009.12.

九大関連コンテンツ

pure2017年10月2日から、「九州大学研究者情報」を補完するデータベースとして、Elsevier社の「Pure」による研究業績の公開を開始しました。
 
 
九州大学知的財産本部「九州大学Seeds集」