九州大学 研究者情報
発表一覧
澤井 賢一(さわい けんいち) データ更新日:2024.06.27

助教 /  芸術工学研究院 人間生活デザイン部門


学会発表等
1. 重富 竜ノ介, 西田 紘子, 澤井 賢一, 牛尼 剛聡, 繰り返し聴取による興味の変化を考慮した楽曲推薦, DEIM 2024, 2024.03.
2. 佐々木 翔一, 西田 紘子, 澤井 賢一, 工藤 真生, 牛尼 剛聡, 歌詞と音響特徴の分析に基づくText2Imageモデルを用いた楽曲サムネイル画像の自動生成, DEIM 2024, 2024.02.
3. 西田 紘子, 澤井 賢一, サブスク時代における音楽体験の実態調査―未知の楽曲へのアクセスと推薦機能の関係, 第35回日本ポピュラー音楽学会年次大会, 2023.12.
4. Akane Matsumae, Karen Shichijo, Keisuke Shoji, Ken-ichi Sawai, Characteristics of Interpersonal Phonetic Communication in Resonance during Co-creation, the 24th International Conference on Engineering Design, 2023.07.
5. 七條花恋, 東海林慶祐, 澤井賢一, 松前あかね, 共創時「響きあい」における個人間音声コミュニケーションの特徴, HCGシンポジウム2022, 2022.12.
6. 東海林慶祐, 澤井賢一, 松前あかね, 共創時「響きあい」定量的評価方法論の検討, HCGシンポジウム2022, 2022.12.
7. 七條 花恋, 東海林 慶祐, 澤井 賢一, 松前 あかね, 共創ワーク中の音声コミュニケーションと「響きあい」発現との関係, 日本創造学会 第44回研究大会, 2022.11.
8. 東海林 慶祐, 澤井 賢一, 松前 あかね, 共創時「響きあい」定量的評価方法論の検討, 日本創造学会 第44回研究大会, 2022.11.
9. 岩見貴弘, 澤井賢一, 尾本章, 2時刻のマイクアレイ信号に基づく広帯域音場の到来方向推定, 電子情報通信学会応用音響研究会, 2022.03.
10. 東海林慶祐, 澤井賢一, 松前あかね, 隠れマルコフモデルを用いた共創時創造的心理状態の推定, 日本創造学会第43回研究大会, 2021.10.
11. 末吉進太郎, 澤井賢一, 松前あかね, イノベーターの創造的動因と社会規範, 日本創造学会第43回研究大会, 2021.10.
12. 妹尾武治, 金谷英俊, 藤井芳孝, 小川将樹, 澤井賢一, 村田佳代子, 分部利紘, 徳永康祐, Stephen Palmisano, ベクションの数理モデル研究の紹介, 電気学会 C部門 知覚情報研究会, 2018.08, [URL].
13. Ohsawa C, Sawai K, and Tsuzaki M, Contribution of visual and auditory information in pianists’ performance of their repertoire: observation with positional and moving error analyses, 15th International Conference on Music Perception and Cognition, 10th triennial conference of the European Society for the Cognitive Sciences of Music, 2018.07.
14. 澤井賢一, 佐藤好幸, 時間順序による時間知覚の非対称性を説明するベイズモデル, 音学シンポジウム2018 (第119回 音楽情報科学研究会, 第122回 音声言語情報処理研究会 共催研究会), 2018.06, [URL].
15. 澤井賢一, 佐藤好幸, 時間間隔知覚のベイズモデルから予測されるWeber則逆転現象, 日本時間学会 第10回大会, 2018.06.
16. Sawai K, Sato Y, Aihara K, and Nakajima Y, A variation of the method of constant stimuli: A new psychophysical method and its numerical and experimental evaluation, Neuroscience 2017 (Society for Neuroscience's 47th annual meeting), 2017.11.
17. 大澤智恵, 澤井賢一, 弾きたい音(鍵)を弾くために, 視覚と聴覚は重要か: 視聴覚情報を除去したピアノ演奏のエラー分析から , 日本音楽教育学会 第48回大会, 2017.10.
18. Ohsawa C, Sawai K, and Tsuzaki M, Visual, auditory, and haptic information in the performance of scale and arpeggio tasks in pianists, International Symposium on Performance Science 2017, 2017.09.
19. 大澤智恵, 澤井賢一, 津崎実, ピアノ演奏中に得られる視覚・聴覚・触覚情報の打鍵位置決定における役割: スケール及びアルペジオ課題を用いて, 音学シンポジウム2017 (第115回 音楽情報科学研究会), 2017.06, [URL].
20. Ohsawa C, Sawai K, and Tsuzaki M, The role of real-time acquisition of visual and auditory information in the performance of scale and arpeggio tasks in pianists, The 5th Joint Meeting of the Acoustical Society of America and Acoustical Society of Japan, 2016.12.
21. Seno T, Sawai K, Ogawa M, Wakebe T, Kanaya H, Kim J, and Palmisano S, Construction of a model of vection, The European Conference on Visual Perception 2016, 2016.09.
22. Sawai K, Sato Y, Aihara K, and Nakajima Y, A method of constant stimuli without repetition of comparison stimuli, The 31st International Congress of Psychology, 2016.07.
23. 妹尾武治, 澤井賢一, 小川将樹, ベクションの3指標について再考する試み, 第27回 日本バーチャルリアリティ学会 VR心理学研究委員会 研究会, 2016.02, [URL].
24. 大澤智恵, 澤井賢一, 津崎実, ピアノ演奏の打鍵位置制御における視覚と聴覚の役割:前後の音程とテンポとの関連から, 第18回 日本音響学会 関西支部 若手研究者交流研究発表会, 2015.12, [URL].
25. 園田順子, 津崎実, 澤井賢一, 聴覚モデル(AIM)による楽曲分析の可能性—H.シュッツ〈私はあなたさえいれば〉(SWV280)を例に, 日本音楽学会 第66回全国大会, 2015.11, [URL].
26. Ohsawa C, Sawai K, and Tsuzaki M, Spatial accuracy in piano performance with and without auditory and visual information, International Symposium on Performance Science 2015, 2015.09.
27. 澤井賢一, 佐藤好幸, 合原一幸, 中島 祥好, ノンパラメトリックベイズモデルに基づく複雑な知覚応答の定量化:リズム知覚のカテゴリー性分析に向けて, 音学シンポジウム2015 (情報処理学会 音楽情報科学研究会 第107回研究発表会), 2015.05, [URL].
28. Sawai K, Sato Y, Aihara K, and Nakajima Y, A variation of the method of constant stimuli and its performance evaluation, 第48回知覚コロキウム, 2015.03, [URL].
29. Sawai K, Sato Y, Aihara K, and Nakajima Y, A new psychophysical method for bimodal perceptual response, 第15回 脳と心のメカニズム 冬のワークショップ, 2015.01, [URL].
30. 澤井賢一, 佐藤好幸, 合原一幸, 中島祥好, リズム知覚のカテゴリー性分析に向けた心理物理手法の提案, 日本音楽知覚認知学会 2014年秋季研究発表会, 2014.11, [URL].
31. 澤井賢一, 佐藤好幸, 合原一幸, 中島祥好, 知覚のばらつきの二峰性を検出する実験手法の提案, YPS・若手会ジョイントセミナー, 2014.09, [URL].
32. Sawai K and Aihara K, Bayesian spatiotemporal perception model with attentional modulation, The 3rd International Symposium on Innovative Mathematical Modelling, 2013.11.
33. 澤井賢一, 佐藤好幸, 合原一幸, 時間間隔知覚における時間的非対称性を説明するベイズモデル, 日本音楽知覚認知学会 2013年度春季研究発表会, 2013.05, [URL].
34. 澤井賢一, 佐藤好幸, 合原一幸, 聴覚音源定位に刺激時間パターンが与える影響に関する考察, 音学シンポジウム2013 (情報処理学会 音楽情報科学研究会 第99回研究発表会), 2013.05, [URL].
35. Fukino M, Sawai K, and Aihara K, A computational neuroscientific model of anticipation and emotional response to music, Neuroscience 2012 (Society for Neuroscience's 42nd annual meeting), 2012.10.
36. Fukino M, Sawai K, Tokuda K, Katori Y, and Aihara K, Towards a mathematical theory of music preference: a computational neuroscientific model of individuality and development, The 2nd International Symposium on Innovative Mathematical Modelling, 2012.05.
37. Sawai K, Sato Y, and Aihara K, Auditory localization may shift due to stimulus rhythm, The 2nd International Symposium on Innovative Mathematical Modelling, 2012.05.
38. Sawai K, Sato Y, and Aihara K, Bayesian modelling of time interval perception, The 2011 biennial meeting of the Society for Music Perception and Cognition, 2011.08.
39. 澤井賢一, 佐藤好幸, 合原一幸, 時間縮小錯覚を説明する時間間隔知覚のベイズモデル, 日本音楽知覚認知学会 2010年度春季研究発表会, 2010.05, [URL].
40. 澤井賢一, 佐藤好幸, 合原一幸, 時間縮小錯覚のベイズ推定によるモデル化, 第10回 脳と心のメカニズム 冬のワークショップ, 2010.01, [URL].
41. Sawai K, Hirata Y, and Aihara K, Music similarity measure using a nonlinear time series analysis method, The 2009 International Symposium on Nonlinear Theory and its Applications, 2009.10.
42. 澤井賢一, 平田祥人, 冨岡亮太, 合原一幸, 時系列解析手法を用いた楽曲間類似度, 情報処理学会 音楽情報科学研究会 第76回研究発表会, 2008.08, [URL].
43. 澤井賢一, 黒木裕介, 松井知己, 合原一幸, フルートの運指のモデル化とその最適化に関する研究, 情報処理学会 音楽情報科学研究会 第68回研究発表会, 2006.12, [URL].
44. 澤井賢一, 黒木裕介, 松井知己, フルートの運指のモデル化とその最適化に関する研究, 日本オペレーションズ・リサーチ学会 2006年秋季研究発表会, 2006.09, [URL].

九大関連コンテンツ

pure2017年10月2日から、「九州大学研究者情報」を補完するデータベースとして、Elsevier社の「Pure」による研究業績の公開を開始しました。