九州大学 研究者情報
研究者情報 (研究者の方へ)入力に際してお困りですか?
基本情報 研究活動 教育活動 社会活動
山内 勝也(やまうち かつや) データ更新日:2021.08.18



社会貢献・国際連携
国内, 国際政策形成, 及び学術振興等への寄与活動
2020.03, 福岡市環境影響評価審査会委員, 福岡市.

2018.06, 福岡市大規模小売店舗立地審議会委員, 福岡市.

2010.09, 自動車基準世界フォーラム騒音専門委員会 低騒音車作業部会(WP29/GRB/QRTV) 委員, 国連・欧州経済委員会(UNECE).

2014.07, ISO/TC43/SC1 国内委員.

新聞・雑誌記事及びTV・ラジオ番組出演等
2020.10, 日経TRENDY, 三菱電機株式会社デザイン研究所との共同研究の内容(音響学に基づく新しいユーザインターフェースの研究)が特集記事として紹介された。
.

2018.01, 毎日新聞(筑後版), 久留米シティプラザ「はじめてのえんげき祭」における,研究室企画の展示「音のチカラ 〜舞台もドラマも音次第!」が紹介された。ドラマや演劇の音・音楽の効果を体験する展示とレクチャーを行ったもの。.

一般市民、社会活動及び産業界等を対象とした活動
2018.07, 次世代自動車の音デザイン, パナソニック株式会社・音情報処理研究交流会.

2017.12, 公害防止管理者受験講習会講師, 産業環境管理協会, 福岡商工会議所.

2018.01, 音のデザイン体験「音のチカラ 〜舞台もドラマも音次第!」, 久留米シティプラザ, 久留米シティプラザ.

2017.07, 音環境デザイン~ふれぶん音マップをつくろう~, 春日市ふれあい文化センター.

2017.04, 自動車におけるサウンドデザインの基礎と音質評価, サイエンス&テクノロジー株式会社.

2017.02, EV・HV接近音の認知性評価とデザイン技術 〜自動車接近通報音に求められる音量・音質の要件〜, 技術情報協会.

2016.11, 音環境デザイン~音楽と騒音から未来を考える~, 春日市ふれあい文化センター.

2016.07, 次世代自動車の音デザインの動向と課題, 日立製作所・学術講演会.

2015.10, ソーシャルアートラボ・実践コース,協力教員, 九州大学ソーシャルアートラボ.

初等・中等教育への貢献状況
2019.10, 出前授業「音色の不思議な世界」, 岡山芳泉高等学校.

2019.10, 出前授業「音色の不思議な世界」, 愛媛県立松山南高校.

2018.09, 出前授業「音楽と音環境〜音環境の未来をデザインする視点〜」, 岡山芳泉高等学校.

2018.06, 出前授業「音色の不思議な世界」, 熊本学園大附属高等学校.

2017.11, 出前授業「自動車の音デザイン~次世代自動車のデザイン課題~」, 福岡県立福岡中央高等学校.

2017.11, 出前授業「自動車の音デザイン~次世代自動車のデザイン課題~」, 西南学院高等学校.

2017.09, 出前授業「自動車の音デザイン~次世代自動車のデザイン課題~」, 愛媛県立今治西高等学校.

大学運営
学内運営に関わる各種委員・役職等
2020.11~2021.05, 大橋キャンパス将来構想WG.

2019.10~2021.07, 1号館・音響特殊棟改修WG.

2020.04~2022.03, 広報実施WG委員.

2019.10, 芸術工学府改組実施会議.

2019.05~2020.03, 教務WG委員.

2018.05~2018.08, オープンキャンパスパネルWG委員.

2018.05, QFC-SP実施委員会委員.

2018.04~2020.03, 広報実施WG委員.

2017.11~2017.03, 広報戦略室室員.

2017.11~2020.03, 芸術工学部改組実施WG.

2017.11~2018.05, 2018年度施設公開事業・オープンキャンパスWG.

2017.08~2018.03, 学生作品アーカイブWG.

2017.07~2017.10, デザイン教育の質保証に関する国際シンポジウム実行委員会.

2017.04~2018.03, 広報・施設等専門委員.

2016.11~2017.05, H29年度施設公開事業WG.

2016.08~2018.06, 芸術工学50周年記念事業実施WG.

2016.08~2017.07, デザイン系教育の質保証WG.

2016.04~2017.03, 学生サポート委員.

2016.04~2017.03, 広報委員.

2015.09~2016.07, 芸術工学50周年記念事業経理委員.


九大関連コンテンツ

pure2017年10月2日から、「九州大学研究者情報」を補完するデータベースとして、Elsevier社の「Pure」による研究業績の公開を開始しました。
 
 
九州大学知的財産本部「九州大学Seeds集」