九州大学 研究者情報
研究者情報 (研究者の方へ)入力に際してお困りですか?
基本情報 研究活動 教育活動 社会活動
HASWELL CHRISTOPHER GARETH(はずうえる くりすとふあー がれす) データ更新日:2020.05.26



教育活動概要
学術英語コースの指導
担当授業科目
2017年度・後期, 学術英語1・ライティング・スピーキングB.

2017年度・後期, 学術英語2・テストテイキング.

2017年度・前期, 学術英語1・再履修.

2017年度・前期, 学術英語1・ライティング・スピーキングA.

2017年度・冬学期, Intensive English: Academic Issues 2.

2017年度・秋学期, Intensive English: Academic Issues 1.

2017年度・後期, 学術英語1・ライティング・スピーキングB.

2017年度・夏学期, Intensive English: Global Issues 2.

2017年度・春学期, Intensive English: Global Issues 1.

2017年度・前期, 学術英語1・ライティング・スピーキングA.

2017年度・後期, 学術英語ゼミ・オーラル・コミュニケーション.

2017年度・後期, 学術英語1・ライティング・スピーキングB.

2017年度・前期, 学術英語1・ライティング・スピーキングA.

2017年度・前期, 学術英語1・ライティング・スピーキングA.

2017年度・前期, 学術英語1・リーディング・リスニングA.

2017年度・前期, 英語によるビジネス・コミュニケーション.

2018年度・冬学期, Intensive English:Japanese Issues 2.

2018年度・秋学期, Intensive English:Japanese Issues 1.

2018年度・夏学期, Intensive English:Global Issues LS 2.

2018年度・春学期, Intensive English:Global Issues LS 1.

2018年度・前期, 学術英語2・リーディング・リスニング.

2018年度・後期, 学術英語2・テストテイキング.

2018年度・前期, 学術英語A・プロダクション.

2018年度・前期, 学術英語2・リーディング・リスニング.

2018年度・前期, 英語によるビジネス・コミュニケーション.

2019年度・夏学期, Intensive English:Global Issues LS 2.

2019年度・春学期, Intensive English:Global Issues LS 1.

2019年度・前期, 学術英語A・リセプション.

2019年度・冬学期, 学術英語C・テーマベース.

2019年度・秋学期, 学術英語C・テーマベース.

2019年度・冬学期, Intensive English:Japanese Issues 2.

2019年度・秋学期, Intensive English:Japanese Issues 1.

2019年度・夏学期, 学術英語C・テーマベース.

2019年度・春学期, 学術英語C・テーマベース.

2019年度・前期, 学術英語A・リセプション.

2019年度・前期, 英語によるビジネス・コミュニケーション.


九大関連コンテンツ

pure2017年10月2日から、「九州大学研究者情報」を補完するデータベースとして、Elsevier社の「Pure」による研究業績の公開を開始しました。
 
 
九州大学知的財産本部「九州大学Seeds集」