九州大学 研究者情報
研究者情報 (研究者の方へ)入力に際してお困りですか?
基本情報 研究活動 教育活動 社会活動 病院臨床活動
西村 中(にしむら あたる) データ更新日:2020.07.02



主な研究テーマ
脳動脈瘤の形成に対するNoxファミリータンパクの役割
キーワード:脳動脈瘤、Noxファミリータンパク
2016.01~2017.03.
脳虚血の分子生物学
キーワード:脳虚血
2015.04~2015.12.
研究業績
主要原著論文
1. 西村 中, Detrimental role of pericyte Nox4 in the acute phase of brain ischemia, J Cereb Blood Flow Metab, 2015.10.
2. 西村 中, Development of Quality Indicators of Stroke Centers and Feasibility of Their Measurement Using a Nationwide Insurance Claims Database in Japan ― J-ASPECT Study ―, Circ J, 2019.10.
主要総説, 論評, 解説, 書評, 報告書等
1. 西村 中, 脳血管障害におけるハイブリッド治療医の必要性, 日本医事新報, 2014.10.
主要学会発表等
1. 西村 中, Periprocedual risk of treatment for carotid stenosis complicated with cardiac disease: J-ASPECT study, International Stroke Conference 2020, 2020.02.
2. 西村 中, 心疾患を合併した頚動脈狭窄症に対するCASとCEAの比較検討−J-ASPECT study, 第34回日本脳神経血管内治療学会学術総会, 2019.11.
3. 西村 中, 出血発症もやもや病に対する血行再建術後の再出血に関する検討, 日本脳神経外科学会第78回学術総会, 2019.10.
4. 西村 中, 新たなMRI撮像法を用いたもやもや病に対する病態評価, 第48回日本脳卒中の外科学会学術集会, 2019.03.
5. 西村 中, Development of the Close The Gap-Stroke in the J-ASPECT Study: a nationwide quality improvement initiative of Japan, International Stroke Conference 2019, 2019.02.
6. 西村 中, Eloquent areaのAVMに対する塞栓術の検討, 第34回日本脳神経血管内治療学会学術総会, 2018.11.
7. 西村 中, AccASL MR angiographyを用いたもやもや病における側副血行の検討, 日本脳神経外科学会第77回学術総会, 2018.10.
8. 西村 中, 深部AVMに対するマルチモダリティマネジメントの有効性の検討, 第33回日本脳神経血管内治療学会学術総会, 2017.11.
9. 西村 中, 頚部放射線治療後の頚動脈狭窄症に対する頚動脈ステント留置術における治療成績の検討, 第32回日本脳神経血管内治療学会学術総会, 2016.11.
10. 西村 中, AccASL MR angiographyによるもやもや病に対する血行再建術後の血流変化の検討, 第47回日本脳卒中の外科学会学術集会, 2018.03.
11. 西村 中, 大型・巨大脳動脈瘤に対する複合的治療戦略と治療成績の検討
, 第46回日本脳卒中の外科学会学術集会, 2017.03.
12. 西村 中, AccASL MR angiographyによるもやもや病に対する血行再建術後の主幹動脈皮質枝の血流変化の検討, 日本脳神経外科学会第76回学術総会, 2017.10.
13. 西村 中, 大型・巨大脳動脈瘤に対するflow alterationにおける虚血性合併症についての検討
, 日本脳神経外科学会第75回学術総会, 2016.10.
14. 西村 中, 複雑な脳血管障害に対するハイブリッド治療の有用性の検討, 第41回日本脳卒中学会総会, 2016.04.
15. 西村 中, J-ASPECT Study 4年間のデータに基づく本邦の脳卒中救急医療の年次的推移, 第41回日本脳卒中学会総会, 2016.04.
16. 西村 中, コイル塞栓のみでは根治困難な脳動脈瘤に対するハイブリッド治療の有用性, 第31回日本脳神経血管内治療学会学術総会, 2015.11.
17. 西村 中, 急性脳虚血病態におけるペリサイトNADPH oxidase 4の役割について, 第27回日本脳循環代謝学会総会, 2015.10.
18. 西村 中, Clinical outcomes of unruptured cerebral aneurysms treated with clipping or coiling in Japan: The J-ASPECT study, International Stroke Conference 2016, 2016.02.
19. 西村 中, 困難な動脈瘤に対するハイブリッド手術室の有用性, 日本脳神経外科学会第74回学術総会, 2015.10.
20. Ataru Nishimura, Roles of pericyte NADPH oxidase 4 in acute brain ischemia, Neuroscience 2014, 2014.11, Pericytes, mural cells in capillary vessels, exist abundantly in the brain and compose the neurovascular unit with endothelial cells, glial cells, and neurons. It has been elucidated that pericytes play a key role in the formation and maintenance of the blood-brain barrier (BBB) because pericytes crucially affect the expression of proteins related to tight junction formed by endothelial cells and produce matrix metalloproteinases (MMPs) that regulate BBB stability. The NADPH oxidase family proteins are major reactive oxygen species (ROS)-producing enzymes. We have reported that Nox4 is abundantly expressed in pericytes. Our goal was to elucidate the roles of Nox4 in brain pericytes during acute brain ischemia.
We confirmed by quantitative PCR (qPCR) that Nox4 was expressed in human cultured brain microvascular pericytes (HBMPC) among the NADPH oxidase family and was significantly upregulated by hypoxia (at 1% O2 for 48 hours) by 7.8-fold (p < 0.05). We produced a mouse MCAO stroke model and examined the expression pattern of Nox4 in the brain. Immunofluorescent double labeling demonstrated that Nox4 expression was upregulated in microvessels particularly in peri-infarct areas and was co-stained with PDGFRβ, a pericyte marker. In order to elucidate the role of Nox4 in brain pericyte during brain ischemia, we generated mice with pericyte-specific human Nox4 overexpression using an SM22α promoter (Tg-Nox4). We confirmed that SM22α was expressed both in HBMPC by immunoblot and in mouse brain pericytes by co-immunostaining with PDGFRβ. We isolated microvessels from Tg-Nox4 brain and confirmed that human Nox4 mRNA was highly expressed in the vessels. We applied Tg-Nox4 to a MCAO model, and found that infarct volume was significantly larger in Tg-Nox4 than in littermate controls. Confocal laser scanning microscopy demonstrated that IgG leakage, an indicator of BBB breakdown, in peri-infarct areas was significantly increased in Tg-Nox4, suggesting that Nox4 overexpression in pericytes enhanced BBB breakdown during brain ischemia. To elucidate the mechanisms underlying the Nox4-mediated increased BBB breakdown, we induced adenoviral-mediated overexpression of Nox4 in HBMPC. We demonstrated that Nox4 overexpression increased NFκB phosphorylation and MMP9 expression in the cells. We also confirmed that NFκB phosphorylation and MMP9 activity was increased in Tg-Nox4 mouse.
In conclusion, Nox4 may be a major source of ROS in brain pericytes and is upregulated directly by hypoxia in peri-infarct areas during acute brain ischemia. Pericyte Nox4 may enhance BBB breakdown through the activation of NFκB-MMP9 signaling during acute brain ischemia.
.
21. 西村 中, 脳神経外科医療の可視化研究報告ー未破裂脳動脈瘤, 日本脳神経外科学会第73回学術総会, 2014.10, 【目的】近年Big Dataの活用が注目されている. 今回我々は全国より参加協力いただいた施設のレセプト・DPCデータを用いてデータベースを作成し, 未破裂脳動脈瘤について解析を行い, 臨床的背景やcase volumeにおける施設間差を検討した.
【方法】日本脳神経外科学会研修プログラムにおける研修施設847施設に調査を依頼し, データ送付の同意があった327施設のレセプト・DPCデータを収集した. 平成24年4月から平成25年3月の期間に, ICD-10コードのI671(未破裂脳動脈瘤)を主病名とし, かつ予定入院である患者を対象とした. 治療法についてはK1771, K1772 脳動脈瘤頚部クリッピング(1箇所, 2箇所), K1761, K1762 脳動脈瘤流入血管クリッピング(1箇所, 2 箇所)をクリッピング術群とし, K1781, K1782 脳血管内手術(1箇所, 2箇所)をコイリング術群とした. またクリッピング・コイリング術それぞれについて, 治療数により施設を四分位(Q1-Q4: 症例数が最も少ない施設群をQ1)で表し, 各項目との関連を見た.
【結果】5194例の未破裂脳動脈瘤が抽出され, 重複した患者は除いた. クリッピング群は3294例, コイリング群は1917例であった. 臨床的背景および各評価項目について, 患者年齢, 性別, 術前の合併症数, 心筋梗塞, 退院時mRS, 総死亡率に有意差はなかった. 術後合併症数はクリッピング群で有意に高く, 脳梗塞はコイリング群で有意に高かった. 術後在院日数はコイリング群で有意に短く, 総医療費はコイリング群で有意に高かった. Case volumeにおける施設間差を比較すると, 脳梗塞はクリッピング, コイリング術ともにQ4の施設で有意に低かった. また退院時mRSはクリッピング, コイリング術ともに有意差はなかった.
【考察】これらの結果の考察について, 今後はその妥当性を評価するためvalidationを行う必要性があり, 慎重に検討すべきと考えられる.
.
学会活動
所属学会名
 日本脳神経外科学会、日本脳卒中学会、日本脳卒中の外科学会、日本脳神経血管内治療学会
学協会役員等への就任
2017.05~2019.04, 日本心血管脳卒中学会, 評議員.
研究資金
科学研究費補助金の採択状況(文部科学省、日本学術振興会)
2020年度~2021年度, 若手研究, 代表, 流れずり応力に伴うNox応答を標的とした頚動脈狭窄症に対する新規治療法の開発.
2017年度~2019年度, 若手研究(B), 代表, 脳動脈瘤に対するNADPH oxidaseをターゲットとしたナノ粒子治療の開発.

九大関連コンテンツ

pure2017年10月2日から、「九州大学研究者情報」を補完するデータベースとして、Elsevier社の「Pure」による研究業績の公開を開始しました。
 
 
九州大学知的財産本部「九州大学Seeds集」