九州大学 研究者情報
研究者情報 (研究者の方へ)入力に際してお困りですか?
基本情報 研究活動 教育活動 社会活動
WANG YUQING(わん ゆうちん) データ更新日:2022.01.18

助教 /  医学研究院 病態修復内科


研究業績
主要原著論文
主要総説, 論評, 解説, 書評, 報告書等
1. WANG YUQING, Asakawa A, Inui A, Kosai K., Leptin gene therapy in the fight against diabetes., Expert Opin Biol Ther., 2010.10.
特許出願・取得
特許出願件数  1件
特許登録件数  0件
学会活動
学会大会・会議・シンポジウム等における役割
2020.11~2020.11, International Symposium of FSMILE 2020, 座長.
2013.09~2013.09, 平成25年度 がん若手研究者ワークショップ, 座長.
学会誌・雑誌・著書の編集への参加状況
2019.01~2022.02, Molecular Carcinogenesis, 国際, 査読委員.
2018.01~2022.02, Clinical and Experimental Pharmacology and Physiology, 国際, 査読委員.
学術論文等の審査
年度 外国語雑誌査読論文数 日本語雑誌査読論文数 国際会議録査読論文数 国内会議録査読論文数 合計
2020年度      
2019年度      
2018年度      
その他の研究活動
海外渡航状況, 海外での教育研究歴
SMMU, China, 2012.02~2012.02.
研究資金
科学研究費補助金の採択状況(文部科学省、日本学術振興会)
2013年度~2015年度, 挑戦的研究(萌芽), 分担, ES/iPS細胞の腫瘍化を克服し再生医療応用を実現するベクター技術の開発.
2013年度~2015年度, 基盤研究(B), 分担, 正常と癌の幹細胞の分子機構解明による小児癌への革新的m-CRA治療薬の開発.
2011年度~2014年度, 若手研究(B), 代表, 癌幹細胞を標的治療するCD133反応性増殖型アデノウイルスの開発.
科学研究費補助金の採択状況(文部科学省、日本学術振興会以外)
2012年度~2014年度, 厚生労働科学研究費補助金 (厚生労働省), 分担, 難治癌を標的治療できる完全オリジナルのウイルス遺伝子医薬の実用化のための前臨床研究.
2012年度~2014年度, 厚生労働科学研究費補助金 (厚生労働省), 分担, 独自m-CRAベクターによる癌幹細胞の同定・標的治療技術の開発と革新的な遺伝子治療の実現.
競争的資金(受託研究を含む)の採択状況
2009年度~2014年度, 鹿児島大学産学連携推進センター プロジェクト研究助成金, 代表, 癌幹細胞を標的して同定・診断・治療可能なアデノウイルスベクターの開発.
2009年度~2010年度, 独立行政法人科学技術振興機構 男女共同参画促進費, 代表, 増殖制御型癌特異的アデノウイルスベクターの開発による癌遺伝子治療の研究.
学内資金・基金等への採択状況
2015年度~2016年度, 九州大学教育研究プログラム・研究拠点形成プロジェクト(P&P), 代表, 胸腺内微小環境形成におけるリジン水酸化酵素Jmjd6の役割とその制御機構.

九大関連コンテンツ

pure2017年10月2日から、「九州大学研究者情報」を補完するデータベースとして、Elsevier社の「Pure」による研究業績の公開を開始しました。
 
 
九州大学知的財産本部「九州大学Seeds集」