九州大学 研究者情報
研究者情報 (研究者の方へ)入力に際してお困りですか?
基本情報 研究活動
二井 偉暢(にい たけのぶ) データ更新日:2020.06.22

助教 /  医学研究院 基礎医学部門 発生再生医学分野


主な研究テーマ
マウス初期発生のメカニズム解明。
キーワード:ES細胞、iPS細胞、中胚葉
2020.04~2018.05.
その他の研究活動
海外渡航状況, 海外での教育研究歴
University of Texas MD Anderson Cancer Center, UnitedStatesofAmerica, 2016.04~2018.02.
研究資金
科学研究費補助金の採択状況(文部科学省、日本学術振興会)
2015年度~2016年度, 若手研究(B), 代表, 転写因子を用いた高効率in vivo 造血幹細胞分化誘導法.
2018年度~2019年度, 研究活動スタート支援, 代表, ヒトiPS細胞由来異所性ヒト骨髄を用いた急性骨髄性白血病幹細胞維持機構の解明.
2019年度~2020年度, 若手研究, 代表, ヒトiPS細胞を用いた新規急性骨髄性白血病モデルマウス作製法の開発.
競争的資金(受託研究を含む)の採択状況
2019年度~2020年度, 科学技術振興費(主要5分野) (文部科学省), 代表, 台湾の若手研究者が日本の医療イノベーションを学ぶ.
寄附金の受入状況
2019年度, 公益財団法人福岡県すこやか健康事業団 がん研究助成金.
2018年度, 柿原科学技術研究財団 科学技術研究助成.
2018年度, 内藤記念科学奨励金・研究助成.
学内資金・基金等への採択状況
2011年度~2012年度, 財団法人九州大学後援会 学生の独創的研究, 代表, マイクロインジェクション法を用いた超高効率人工多能性幹細胞作製法の確立.
2011年度~2012年度, 九州大学 アカデミックチャレンジ, 代表, ヒトES/iPS細胞からのhemangioblastを介した新規造血幹細胞分化誘導法の確立.
2018年度~2019年度, 九州大学QRプログラム わかばプロジェクト, 代表, ヒトiPS細胞由来間葉系間質細胞を用いた白血病幹細胞維持機構の解明及び新規標的分子の同定.

九大関連コンテンツ

pure2017年10月2日から、「九州大学研究者情報」を補完するデータベースとして、Elsevier社の「Pure」による研究業績の公開を開始しました。
 
 
九州大学知的財産本部「九州大学Seeds集」