九州大学 研究者情報
研究者情報 (研究者の方へ)入力に際してお困りですか?
基本情報 研究活動 教育活動 社会活動 病院臨床活動
新城 尊徳(しんじよう たかのり) データ更新日:2021.06.02

助教 /  歯学研究院 歯学部門 口腔機能修復学講座


主な研究テーマ
統合オミクス解析を介した糖尿病関連歯周炎病態の解明
キーワード:糖尿病、歯周病、メタボロミクス、プロテオミクス、RNA-sequence
2020.11~2024.03.
SPOCK-1生体タンパクを応用した安全性に優れた革新的歯周病予防薬の開発
キーワード:歯周病 / 薬物性歯肉増殖症 / 上皮間葉転換 / SPOCK-1
2020.04~2023.03.
歯周炎症-糖尿病性腎臓病連関のメカニズム解明
キーワード:歯周病、糖尿病性腎臓病、歯周医学
2020.04~2023.03.
インスリン抵抗性が肥満・糖尿病関連性歯周炎病態に及ぼす影響の検討
キーワード:炎症、インスリン抵抗性、肥満、糖尿病、歯周炎
2019.04~2022.03.
歯周炎症誘導性Th17細胞免疫応答が脂肪組織における炎症反応に及ぼす影響の検討
キーワード:慢性炎症、歯周病、Th17細胞、脂肪組織
2015.04~2016.04.
SK-0403によるDPP4阻害を媒介した抗炎症作用の分子機序の解明
キーワード:抗炎症効果、糖尿病、マクロファージ、脂肪
2013.08~2015.03.
従事しているプロジェクト研究
血管内皮細胞におけるインスリン抵抗性が歯周炎増悪に寄与する役割の検討
2019.04~2023.03.
歯周炎症-糖尿病性腎症連関メカニズムの解明
2020.04~2024.03.
SPOCK1を標的とした革新的歯周病治療薬の開発
2020.04~2024.03, 代表者:西村英紀, 九州大学.
統合オミクス解析を介した糖尿病関連歯周炎病態の解明
2020.11~2024.03, 代表者:西村英紀, 九州大学大学院歯学研究院歯周病学分野, 九州大学大学院歯学研究院歯周病学分野(日本)
健常者および2型糖尿病患者の歯肉検体を用いて、マルチオミクス解析による代謝動態の変化を解析し、治療標的として有用な因子を探索する。.
研究業績
主要著書
主要原著論文
1. Shinjo T, Ishikado A, Hasturk H, Pober DM, Paniagua SM, Shah H, Wu IH, Tinsley LJ, Matsumoto M, Keenan HA, Van Dyke TE, Genco RJ, King GL., Characterization of periodontitis in people with type 1 diabetes of 50 years or longer duration., J Periodontol., 10.1002/JPER.18-0735., 90, 6, 565-575, 2019.06.
2. Shinjo T, Zhang J, Nakatsu Y, Guo Y, Sakoda H, Yamamotoya T, Otani Y, Okubo H, Kushiyama A, Fujishiro M, Fukushima T, Tsuchiya Y, Kamata H, Iwashita M, Nishimura F,Katagiri H, Takahashi S, Kurihara H, Ushida T, Asano T., Par14 protein associates with insulin receptor substrate 1(IRS-1), thereby enhancing insulin-induced IRS-1 phosphorylation and metabolic actions., Journal of Biological Chemistry, 10.1074/jbc.M113.485730, 288, 28, 20692-20701, 2013.07.
3. Shinjo T, Nakatsu Y, Iwashita M, Sano T, Sakoda H, Ishihara H, Kushiyama A, Fujishiro M, Fukushima T, Tsuchiya Y, Kamata H, Nishimura F, Asano T., DPP-4 inhibitor anagliptin exerts anti-inflammatory effects on macrophages, adipocytes, and mouse livers by suppressing NF-κB activation., American Journal of Physiolosy Endocrinology and Metabolism, 10.1152/ajpendo.00553.2014, 309, 3, E214-E223, 2015.05.
4. Shinjo T, Nakatsu Y, Iwashita M, Sano T, Sakoda H, Ishihara H, Kushiyama A, Fujishiro M, Nishimura F, Asano T., High-fat diet feeding significantly attenuates anagliptin-induced regeneration of islets of Langerhans in streptozotocin-induced diabetic mice., Diabetology and Metabic Syndrome, 10.1186/s13098-015-0047-y, 7, 50, 2015.06.
5. Shinjo T., Iwashita M., Yamashita A., Sano T., Matsugana H., Tsuruta M., Sanui T., Asano T., Nishimura F, IL-17A synergistically enhances TNFα-induced IL-6 and CCL20 production in 3T3-L1 adipocytes., Biochem and Biophys Res Commun, 10.1016/j.bbrc.2016.06.049., 477, 2, 241-246, 2016.08.
主要学会発表等
1. Takanori Shinjo, Thomas Van Dyke, Hatice Hasturk, George L King, Fusanori Nishimura, Insulin resistance in gingival fibroblasts exacerbates experimental periodontitis in mice, 2020年度 日本歯周病学会・日本臨床歯周病学会共催アメリカ歯周病学会, 2020.11, Background and objective:
Periodontitis is known to be exacerbated and insulin resistance in the gingiva was shown in in obesity and diabetes. We aimed determine how and in which type of cell insulin resistance contributes to exacerbation of periodontitis in obesity and diabetes.
Materials and Methods:
Smooth muscle protein 22α-Cre-IRfl/fl (SMIRKO) mice were generated by crossbreeding IRfl/fl mice with SM22α-Cre mice. SMIRKO, wild-type (WT) and WT mice fed with high-fat-diet (HFD) for 8 weeks were used. Gingiva samples were stimulated with 0-100nM insulin for 10 minutes. Experimental periodontitis was induced by 7-0 silk ligation around maxillary 2nd molars for 4 and 14 days. Additionally, primary gingival fibroblasts (GFs) were stimulated with E.coli lipopolysaccharides (LPS) for 6 hours in the presence or absence of pretreatment of 100nM insulin pretreatment for 30 minutes.
Results:
Gingival insulin receptor-beta (IRβ) expression in SMIRKO and HFD-fed mice was decreased by 70% and 50%, respectively, with comparable reductions in insulin-induced phosphorylation of Akt. Ligature-induced alveolar bone loss in SMIRKO and HFD-fed mice was greater by 70% and 40%, respectively, as compared to regular diet (RD)-fed WT mice. Neutrophil recruitment was delayed significantly in both SMIRKO and HFD-fed mice. Similarly, decreased gene expression of the neutrophil-recruiting factor CXCL1 was seen in the gingiva at day 4. Unlike SMIRKO and HFD mouse GFs, WT GFs showed that insulin enhanced LPS-induced CXCL1 expression.
Conclusion:
These data provided the first evidence that insulin action is critical for neutrophil recruitment during infection by enabling CXCL1 expression in GFs, which is inhibited in diabetes in response to bacterial LPS stimulation.
.
2. 新城尊徳、西村英紀, 長期生存1型糖尿病患者群における歯周病重症度と糖尿病合併症との相関, 2020年度春季日本歯周病学会学術大会, 2020.07, 【背景】糖尿病患者は健常人と比して歯周病の罹患率が高く、病態が重症化しやすい。米国ジョスリン糖尿病センターにおいて50年以上の長期生存1型糖尿病患者(Medalist)を対象にした疫学研究より、Medalistは腎症、網膜症、心血管疾患などの糖尿病合併症罹患率が一般の糖尿病患者群よりも低いことが分かっている。今回、Medalistを対象に歯周病重症度の評価及び重症度と糖尿病合併症罹患率との相関を解析することとした。【方法】170名(平均年齢64.6±6.9歳)を対象にCenters for Disease Control/American Academy of Periodontologyの診断基準に従い歯周病重症度を診断し、年齢・性別などの人口統計要因、各種血液データとの相関を検討した。【結果】Medalistの重度歯周炎罹患率は13.5%と、米国国民健康調査より算出した同年齢層の糖尿病患者のものより低値だった。歯周炎重症度は年齢、性別(男)、糖尿病発症年齢および血清IL-6濃度・P. gingivalis (Pg)抗体価、心血管疾患の既往と正の相関を示し、血清C-ペプチド濃度は重症度と負の相関を示した。さらに、血清C-ペプチドが検出限界値未満の群は以上の群より平均ポケット深さやCALが高値であった。Pg血清抗体価はMedalistで心血管イベント既往歴と相関した。【考察】Medalistは高血糖があるにも関わらず、歯周病の進行に対しても保護的であった。内因性インスリン関連因子が糖尿病状態における歯周炎増悪に抑制的に作用する可能性が示唆された。.
3. Takanori Shinjo, The pathogenic role of insulin resistance in obesity/diabetes-related periodontitis., The 105th American Academy of Periodontology annual meeting, 2019.11.
4. Takanori Shinjo, The pathogenic role of insulin resistance in obesity/diabetes-related periodontitis, The 9th Japan-Thailand-Korea Joint Symposium, 2019.10.
5. Takanori Shinjo, Qian Li, Atsushi Ishikado, Park Kyoungmin, Ronald St-Louis, Hisashi Yokomizo, Fu Jialin, Marc Yu, Haiyan Wang, Hatice Hasturk, Thomas E Van Dyke, George L King, Insulin-regulation of CXCL1 expression is important for neutrophil recruitments, periodontitis, and poor wound healing in diabetes., 79th American Diabetes Association Scientific Sessions , 2019.06.
6. Shinjo T, Ishikado A, Hasturk H, Tinsley L, Pober D, Wu IH, Van Dyke TE, Genco R, King GL, Protection from periodontal disease among insulin-dependent type 1 diabetic patients with disease duration of 50 years or longer-The Joslin 50-Year Medalist Study. , 78th American Diabetes Association Scientific Sessions, 2018.06.
7. Shinjo T, Ishikado A, Park K, Li Q, St-Louis R, Yokomizo H, Alves V, Kantarci A, Van Dyke TE, King GL, Depletion of Insulin receptor beta in gingiva exacerbates alveolar bone loss in mice model of experimental periodontitis., 103rd American Academy of Periodontology annual meeting , 2017.09.
8. 新城 尊徳, DPP4 inhibitor anagliptin exerts anti-inflammatory effect on macrophages, adipocytes, and mouse livers by suppressing NF-κB activation. , Penn Periodontal Conference 2015, 2015.07.
9. 新城 尊徳, DPP4阻害薬anagliptinはマクロファージ-脂肪細胞共培養系およびマウス肝臓のLPS誘導性炎症反応を抑制する, 第29回日本糖尿病合併症学会, 2014.10.
10. 新城 尊徳, DPP-4 Inhibitor Anagliptin exerts Anti-inflammatory Effects on Macrophages, Adipocytes, and Mouse Liver by suppressing LPS-induced NF-κB Activation., 第74回アメリカ糖尿病学会, 2014.06.
11. 新城 尊徳, DPP4阻害薬anagliptinは、活性化マクロファージおよびマクロファージ共培養下脂肪細胞の炎症反応を抑制する., 第57回日本糖尿病学会年次学術集会, 2014.05.
12. Takanori Shinjo, Ronald St-Louis, Jialin Fu, Park Kyoungmin, Qian Li, Hisashi Yokomizo, Marc Yu, Haiyan Wang, Aimo Kannt, Thorsten Sadowski and George L. King, Pyruvate kinase M2 overexpression in podocytes ameliorates nephropathy in diabetic mice., 79th American Diabetes Association Scientific Sessions, 2019.06.
13. 新城尊徳、西村英紀, 歯肉におけるインスリン抵抗性は歯周炎を増悪する, 2019年度秋季日本歯周病学会, 2019.10, 【背景】歯周病は糖尿病の第6の合併症として広く認知され高血糖が歯周炎の増悪に関わることが示唆されているが、肥満が糖尿病と独立して歯周炎の重症化に関わる可能性も指摘されている。近年の報告より、肥満・糖尿病ラットでは歯肉においてもインスリン抵抗性が惹起することが明らかとなっている。そこで、組織特異的インスリン受容体(IR)欠損マウスを用いて、歯周組織局所のインスリン抵抗性が肥満・糖尿病関連性歯周炎に及ぼす影響を検討することとした。【方法】血管平滑筋マーカーSM22αプロモーター下Cre発現マウスとIR-floxedマウスを交配し、血管平滑筋特異的IR欠損(SMIRKO)マウスを得た。また同腹仔野生型(WT)に通常食(RD)および高脂肪食負荷(HFD)を10週間行った。14週齢の各雄性マウスの第2臼歯に7-0絹糸を結紮し、実験的歯周炎を惹起した。【結果】WT(RD)と比較して、歯肉中IR発現はSMIRKOマウスで約70%、HFDマウスで約50%低下しており、両マウス歯肉ともインスリン誘導性Aktリン酸化の有意な抑制が見られ、さらに実験的歯周炎惹起後14日目では歯肉のTNFα、IL-1β、IL-17といった炎症性サイトカイン発現、歯槽骨吸収および破骨細胞形成が有意に上昇・亢進した。興味深いことに、SMIRKO・HFDマウスでは実験的歯周炎惹起後4日目の歯肉中の好中球数はWT(RD)マウスより有意に少なかったが、14日目では増加していた。【考察】歯肉におけるインスリン抵抗性は、歯周感染に対する好中球浸潤の遅延を起こし炎症反応が遷延化することで、歯周炎増悪に寄与することが示唆された。.
その他の優れた研究業績
2018.05, Mary K. Iacocca Foundation Research fellowship .
2016.05, 平成27年度 サンスター財団金田博夫研究助成基金.
学会活動
所属学会名
日本糖尿病合併症学会
日本歯科保存学会
日本歯周病学会
日本糖尿病合併症学会
日本歯科保存学会
日本歯周病学会
学術論文等の審査
年度 外国語雑誌査読論文数 日本語雑誌査読論文数 国際会議録査読論文数 国内会議録査読論文数 合計
2021年度
その他の研究活動
海外渡航状況, 海外での教育研究歴
Section of Vascular Cell Biology, Joslin Diabetes Center, UnitedStatesofAmerica, 2016.05~2019.05.
受賞
79th American Diabetes Association Scientific Session Young Investigator Travel Grant Award, American Diabetes Association, 2019.06.
79th American Diabetes Association Scientific Session President Select Abstract, American Diabetes Association, 2019.06.
日本歯周病学会研究者育成ファンド, 日本歯周病学会, 2018.03.
103rd American Academy of Periodontology annual meeting Research Forum Poster Session Award (Basic Science), American Academy of Periodontology, 2017.09.
日本歯周病学会奨励賞, 日本歯周病学会, 2014.05.
研究資金
科学研究費補助金の採択状況(文部科学省、日本学術振興会)
2020年度~2022年度, 若手研究, 代表, 血管内皮細胞におけるインスリン抵抗性が歯周炎増悪に寄与する機序の解明.
2020年度~2023年度, 国際共同研究強化(B), 分担, 統合オミクス解析を介した糖尿病性歯周炎の病態解明を目指す国際共同研究.
2020年度~2023年度, 基盤研究(B), 分担, 歯肉幹細胞由来エクソソームmiRNAを標的とした次世代歯周病治療の基盤構築.
2013年度~2014年度, 研究活動スタート支援, 代表, SK-0403によるDPP4阻害を媒介した抗炎症作用の分子機序の解明.
寄附金の受入状況
2020年度, 8020推進財団 8020研究事業(公募研究事業) , 歯周病と糖尿病性腎症の関連性についての疫学パイロットスタディ .
学内資金・基金等への採択状況
2020年度~2020年度, 九州大学 QRプログラム(Qdai-jump Research Program)わかばチャレンジ, 代表, 歯周炎症-糖尿病性腎臓病連関メカニズムの解明 .
2020年度~2020年度, 数理・データサイエンスに関する教育・研究支援プログラム, 代表, 歯周病による糖尿病性腎症の病態進行に寄与する腎糸球体内因子の探索.
2015年度~2015年度,  平成27年度九州大学教育研究プログラム・研究拠点形成プロジェクト(P&P), 代表, 歯周炎症誘導性Th17細胞免疫応答が脂肪組織における炎症反応に及ぼす影響の検討.

九大関連コンテンツ

pure2017年10月2日から、「九州大学研究者情報」を補完するデータベースとして、Elsevier社の「Pure」による研究業績の公開を開始しました。
 
 
九州大学知的財産本部「九州大学Seeds集」