九州大学 研究者情報
発表一覧
水ノ江 雄輝(みずのえ ゆうき) データ更新日:2021.09.07

助教 /  農学研究院 資源生物科学部門 農業生物科学講座


学会発表等
1. Katsuhisa Futagami, Yuki Mizunoe, Shoma Koharu, Nozomi Otomo, Akira Wakana, Yukio Ozaki, Post-zygotic arrest of embryo development induces seedless fruits in kabosu (Citrus sphaerocarpa hort. ex Tanaka), III Asian Horticultural Congress (AHC2020), 2020.12.
2. Yuki Mizunoe, Daiki Kumamoto, Yukio Ozaki , Seasonal variation of sepal-petaloidy in F1 progenies of double-flowered cyclamen, III Asian Horticultural Congress (AHC2020), 2020.12.
3. 井上 幸祐,尾崎 行生,水ノ江 雄輝,松岡 健,吉田 敏,江口 壽彦, 薬用植物カラスビシャクの日本自生系統における倍数性変異, 日本生物環境工学会2019年千葉大会, 2019.09.
4. 納塚 千尋,水ノ江 雄輝,尾崎 行生, サツキ複色花品種における花模様発現の安定性, 園芸学会令和元年度秋季大会, 2019.09.
5. 隈元 大樹,水ノ江 雄輝,尾崎 行生, 萼弁化型八重咲きシクラメンにおけるフリンジ咲き,覆輪形質の発現と遺伝性, 園芸学会令和元年度秋季大会, 2019.09.
6. 板坂 朋美,水ノ江 雄輝,@増田 順一郎,尾崎 行生, 低温処理およびアザシチジン処理がヤブツバキ’玉之浦’花弁の白覆輪形成に及ぼす影響, 園芸学会令和元年度秋季大会, 2019.09.
7. 井上 幸祐,水ノ江 雄輝,尾崎 行生,@田中 宏幸,松岡 健,吉田 敏,江口 壽彦, 日本産薬用植物カラスビシャクの日本自生系統における葉緑体DNA変異, 園芸学会令和元年度秋季大会, 2019.09.
8. 井上 幸祐,尾崎 行生,水ノ江 雄輝,田中 宏幸,吉田 敏,松岡 健,江口 壽彦, 日本産薬用植物カラスビシャクの倍数性の変異について, 日本農業気象学会九州支部・日本生物環境工学会九州支部2018年合同大会, 2018.11.
9. 隈元 大樹,水ノ江 雄輝,尾崎 行生, シクラメンにおける萼弁化型八重咲き形質の遺伝性, 園芸学会平成30年度秋季大会, 2018.09.
10. 隈元 大樹,水ノ江 雄輝,尾崎 行生, 萼弁化型八重咲きシクラメンにおける萼由来花弁の着色面積率に及ぼす生育温度の影響, 園芸学会九州支部第58回大会, 2018.09.
11. 水ノ江 雄輝,酒井 かおり,尾崎 行生, フジ属園芸品種および地域系統の倍数性, 園芸学会平成30年度春季大会, 2018.03.
12. W. Zaland, Akira Wakana, Kaori Sakai, Yuki Mizunoe, Kohei kajiwara, In vitro growth of colchicine-induced hexaploids in two grapes, 園芸学会平成30年度春季大会, 2018.03.
13. Dao Thi Thanh Huyen, Ikuo Miyajima, Yuki Mizunoe, Dao Thanh Van, Confirmation of hybridity in F1 progenies between Rhododendron simsii distributed in Vietnam and several Japanese evergreen azalea species using RAPD markers, The 14th International Joint Symposium between Korea and Japan, 2017.11.
14. Hirotaka Kusaka, Akira Wakana, Kaori Sakai, Yuki Mizunoe, Studies on the prevention of heavy cracking in big-sized seedless grape BRi (2x 'Muscut Bailey A' × 4x 'Rizamato') with CPPU, The 14th International Joint Symposium between Korea and Japan, 2017.11.
15. 水ノ江 雄輝, 岡本香那, Dao Thi Thanh Huyen, 宮島 郁夫, 中国広東省に自生するアザレアツバキの花色発現要因, 植物色素研究会第29回集会, 2017.10.
16. 水ノ江 雄輝, 竹内 菜恵, 宮島 郁夫, 高村 武二郎, 尾崎 行生, 瀬戸内海地域におけるヤブツバキ自生集団の花器形質と葉形態, 園芸学会平成29年度秋季大会, 2017.09.
17. 安澤 沙織, 酒井 かおり, 坂口 鉄兵, 森 三紗, 土師 岳, 水ノ江 雄輝, 尾崎 行生, 若菜 章, マタタビ属植物の挿し木ポット苗木における開花習性, 園芸学会平成29年度秋季大会, 2017.09.
18. 周 暁慧, 若菜 章, 酒井 かおり, 水ノ江 雄輝, 梶原 康平, Estimation of parthenocarpic ability with precocious flowering seedlings in Citrus, 園芸学会平成29年度秋季大会, 2017.09.
19. Le Minh Ly, 若菜 章, 酒井 かおり, 水ノ江 雄輝, The degree of in vivo adventitious bud formation from decapitated epicotyl in Citrus, 園芸学会平成29年度秋季大会, 2017.09.
20. W. Zaland, 若菜 章, 酒井 かおり, 水ノ江 雄輝, 梶原 康平, In vitro proliferation of 3x grapes for chromosome doubling to restore their fertility, 園芸学会平成29年度秋季大会, 2017.09.
21. Prita Sari Dewi, 若菜 章, 水ノ江 雄輝, Kevin Prasetyo Sasongko, Chloroplast DNA variation in Indonesian Citrus accessions and close relatives as demonstrated by CAPS analysis, 園芸学会平成29年度秋季大会, 2017.09.
22. 若菜 章, 松本 理央, W. Zaland, Zhou Xiaohui, 酒井 かおり, 水ノ江 雄輝, ニホンスモモとモモの3倍体とコルヒチン4倍体の花器官の特色, 園芸学会平成29年度春季大会, 2017.03.
23. 若菜 章, 永瀬 豊洋, 米岡 美帆, 酒井 かおり, 水ノ江 雄輝, ニホンスモモの3倍体とコルヒチン4倍体の果実の特色, 園芸学会平成29年度春季大会, 2017.03.
24. Dao Thi Thanh Huyen, Dao Thanh Van, 水ノ江 雄輝, 宮島 郁夫, タイワンヤマツツジ(Rhododendron simsii Planch.)の熱ストレス耐性, 園芸学会平成29年度春季大会, 2017.03.
25. 水ノ江 雄輝, 岡本 香那, 宮島 郁夫, 尾崎 行生, 若菜 章, 四季咲き性アザレアツバキ(Camellia changii)の開花習性と花器形質, 園芸学会平成29年度春季大会, 2017.03.
26. 米岡 美帆, 水ノ江 雄輝, 宮島 郁夫, 濃赤色花ツバキの花色発現機構, 植物色素研究会第28回集会, 2016.11.
27. Miho Yoneoka, Yuki Mizunoe, Ikuo Miyajima, Factors of flower color expression in dark red camellia cultivars bred in Western countries, The 13th International Joint Symposium between Korea and Japan, 2016.11.
28. 水ノ江 雄輝, 徳永 由紀, 久保田 渉誠, 菅野 明, 尾崎 行生, 萼弁化型八重咲きシクラメンにおけるA,Bクラス遺伝子およびアントシアニン生合成酵素遺伝子群の発現解析, 園芸学会平成28年度秋季大会, 2016.09.
29. 米岡 美帆, 水ノ江 雄輝, 宮島 郁夫, 濃赤色花ツバキ園芸品種における花色と花弁表皮細胞内の色素分布, 園芸学会平成28年度秋季大会, 2016.09.
30. 酒井 かおり, 橋本 知佳, 水ノ江 雄輝, 尾崎 行生, 深見 克哉, 梶原 康平, 瀬戸 苑子, 若菜 章, SSRマーカーを用いたブドウ‘BKシードレス’の品種識別, 園芸学会平成28年度秋季大会, 2016.09.
31. 水ノ江 雄輝, 鄒 淳妹, 環境要因がシクラメンにおける葉の外斑形成に及ぼす影響, 園芸学会九州支部第56回大会, 2016.08.
32. Yuki Mizunoe, Yukio Ozaki, Floral characteristics of double-flowered cyclamen grown under constant and alternating temperatures, 12th International Symposium on Flower Bulbs and Herbaceous Perennials, 2016.06.
33. Chunmei Zou, Yuki Mizunoe, Yukio Ozaki, Anatomical study of leaf variegations in Cyclamen persicum, 12th International Symposium on Flower Bulbs and Herbaceous Perennials, 2016.06.
34. 水ノ江 雄輝, フルリドン処理によるカノコユリ未成熟種子の発芽促進, 園芸学会平成28年度春季大会, 2016.03.
35. 米岡 美帆, 水ノ江 雄輝, 宮島 郁夫, 濃赤色花ツバキ園芸品種の花色発現要因, 園芸学会平成28年度春季大会, 2016.03.
36. 徳永 由紀, 月井 美郷, 水ノ江 雄輝, 尾崎 行生, 八重咲きシクラメンの花色と花色素, 平成27年度植物色素研究会, 2015.11.
37. 水ノ江 雄輝, 尾崎 行生, フジの花粉発芽に適した人工培地の組成,培養条件および花粉貯蔵法, 園芸学会平成27年度秋季大会, 2015.09.
38. 徳永 由紀, 水ノ江 雄輝, 竹下 稔, 尾崎 行生, 複色花ツバキ品種の斑入りおよび絞り花弁におけるアントシアニン生合成酵素遺伝子の発現解析, 園芸学会平成27年度秋季大会, 2015.09.
39. 水ノ江 雄輝, 西村天志, 尾泻隼平, 尾崎 行生, シクラメンF1世代における変わり葉形質の遺伝性, 園芸学会九州支部第55回大会, 2015.08.
40. 徳永 由紀, 水ノ江 雄輝, 宮島 郁夫, 尾崎 行生, 萼弁化型八重咲きシクラメンにおける萼由来花弁の色素分布と色素構成, 園芸学会平成27年度春季大会, 2015.03.
41. 水ノ江 雄輝, 川野 聡子, 尾崎 行生, 萼弁化型八重咲きシクラメンにおける萼由来花弁の発達と着色に及ぼす生育温度の影響, 園芸学会平成27年度春季大会, 2015.03.
42. 若菜 章, 酒井 かおり, 梶原 康平, 佐藤 まゆみ, 水ノ江 雄輝, カンキツ果実における区分キメラの発現パターン, 園芸学会平成26年度秋季大会, 2014.09.
43. 水ノ江 雄輝, 尾崎 行生, 西洋ツバキ品種の成立に関与した久留米ツバキの解明, 園芸学会平成26年度秋季大会, 2014.09.
44. Yuki Tokunaga, Yuki Mizunoe, Ikuo Miyajima, Yukio Ozaki, Flower coloration and anthocyanin constitution in double flowered cyclamen, 7th China-Japan-Korea graduate student forum, 2014.09.
45. Yuki Mizunoe, Yukio Ozaki, Petaloidy of stamens depends on nutritional condition in double flowered cyclamen, 29th International Horticultural Congress 2014, 2014.08.
46. Yuki Mizunoe, Michikazu Hiramatsu, Promotion of seed germination by high temperature treatment for immature seeds in Lilium speciosum, 29th International Horticultural Congress 2014, 2014.08.
47. 水ノ江 雄輝, 尾崎 行生, ジベレリンおよびウニコナゾール処理が八重咲きシクラメンの雄蕊花弁化に及ぼす影響, 園芸学会平成26年度春季大会, 2014.03.
48. Misato Tsukii, Yuki Mizunoe, Tetsuro Kage, Ikuo Miyajima, Yukio Ozaki, Pigment constitution of normal and stamen-originated petals in double flowered cyclamen, International Symposium on Agricultural, Food, Environmental and Life Sciences in Asia, 2013 (AFELiSA 2013), 2013.11.
49. Yuki Mizunoe, Misato Tsukii, Yukio Ozaki, Effect of exogenous phytohormones on floral organizational structure in cyclamen, International Symposium on Agricultural, Food, Environmental and Life Sciences in Asia, 2013 (AFELiSA 2013), 2013.11.
50. 月井 美郷, 水ノ江 雄輝, 鹿毛 哲郎, 宮島 郁夫, 尾崎 行生, 縦縞および縦絞り複色花シクラメンの花弁と雄蕊におけるアントシアニン構成, 園芸学会平成25年度秋季大会, 2013.09.
51. 水ノ江 雄輝, 月井 美郷, 鹿毛 哲郎, 尾崎 行生, 生育温度が八重咲きシクラメンの雄蕊花弁化に及ぼす影響, 園芸学会平成25年度秋季大会, 2013.09.
52. 西村 天志, 水ノ江 雄輝, 尾崎 行生, 受粉の有無が八重咲きシクラメンの花持ち性に及ぼす影響, 園芸学会平成25年度秋季大会, 2013.09.
53. 水ノ江 雄輝, 比良松 道一, 短期間の変温処理によるカノコユリ成熟種子の発芽促進, 園芸学会九州支部第53回大会, 2013.09.
54. 水ノ江 雄輝, 久保田 渉誠, 菅野 明, 鹿毛哲郎, 尾崎 行生, 大久保 敬, 雄蕊花弁化シクラメンにおけるCクラス遺伝子の発現解析, 園芸学会平成25年度春季大会, 2013.03.
55. 月井 美郷, 水ノ江 雄輝, 鹿毛 哲郎, 宮島 郁夫, 尾崎 行生, 大久保 敬, 八重咲きシクラメンにおける通常花弁と雄蕊由来花弁との色素構成の比較, 園芸学会平成25年度春季大会, 2013.03.
56. 水ノ江 雄輝, 月井 美郷, 鹿毛 哲郎, 尾崎 行生, 大久保 敬, シクラメン八重咲き系統における花器形態変異, 園芸学会平成24年度秋季大会, 2012.09.
57. Yuki Mizunoe, Michikazu Hiramatsu, Hiroshi Okubo, Genetic evidence of hybridization and introgression between geographically distant populations of endangered lily species Lilium speciosum, 11th International Symposium on Flower Bulbs and Herbaceous Perennials, 2012.03.
58. 水ノ江 雄輝, 比良松 道一, 大久保 敬, 福岡県宗像市カノコユリ自生集団の起源, 園芸学会平成23年度秋季大会, 2011.09.
59. 水ノ江 雄輝, 比良松 道一, 大久保 敬, カノコユリの送受粉および種子繁殖生態, 園芸学会平成22年度秋季大会, 2010.09.

九大関連コンテンツ

pure2017年10月2日から、「九州大学研究者情報」を補完するデータベースとして、Elsevier社の「Pure」による研究業績の公開を開始しました。
 
 
九州大学知的財産本部「九州大学Seeds集」