Kyushu University Academic Staff Educational and Research Activities Database
List of Presentations
Yasuhiro Maruoka Last modified date:2021.05.30

Assistant Professor / Radiology / Kyushu University Hospital


Presentations
1. 丸岡 保博, 馬場 眞吾, 磯田 拓郎, 北村 宜之, 佐々木 雅之, 本田 浩, Use of recombinant human thyroid-stimulating hormone (rhTSH) reduces the damage to salivary glands after radioiodine therapy for thyroid cancer., 第62回米国核医学会, 2015.06, 分化型甲状腺癌に対するヨウ素治療の有害事象として唾液腺障害が知られている。ヨウ素治療の前処置として遺伝子組み換えのTSH製剤を用いるか、甲状腺ホルモン剤内服中止の方法を取るかで唾液腺障害の出現に差が出るかを検討したところ、遺伝子組み換えのTSH製剤を用いる前処置の方が唾液腺障害の出現頻度が有意に低かった。.
2. 丸岡 保博, 馬場 眞吾, 磯田 拓郎, 北村 宜之, 佐々木 雅之, 本田 浩, Usefulness of FDG-PET/CT in the diagnosis of acute transformation of Adult T-cell Lymphoma., 第62回米国核医学会, 2015.06, 成人T細胞白血病リンパ腫は経過中に急性転化する場合があり、その際長期予後は不良である。この急性転化の診断にFDG-PET/CTが有用である事を報告した。.
3. Usefulness of Salivary Gland Scintigraphy after Initial 131I Therapy for Differentiated Thyroid Carcinoma: Association with Salivary Gland Dysfunction after Continued Therapy.