九州大学 研究者情報
発表一覧
船木 亮平(ふなき りようへい) データ更新日:2022.06.27

助教 /  システム情報科学研究院 電気システム工学部門 計測制御工学講座


学会発表等
1. 内山 海渡,船木 亮平,村田 純一, 逆強化学習における報酬関数を表す基底関数群のベイズ最適化による決定, 計測自動制御学会 システム・情報部門学術講演会2021 (SSI2021), 2021.11, [URL].
2. 末松 進之介,船木 亮平,村田 純一, ノードデータの代表値表現と回帰式表現を併用した二分木とこれを用いた電力需要予測, 計測自動制御学会 システム・情報部門学術講演会2021 (SSI2021), 2021.11, [URL].
3. 張 旭宗,船木 亮平,村田 純一, 一対比較ベース対話型差分進化への探索優先度を用いた評価基準の導入, 計測自動制御学会 システム・情報部門学術講演会2021 (SSI2021), 2021.11, [URL].
4. 徐 士豪,船木 亮平,村田 純一, 逆強化学習によるコスト関数推定に基づく自動運転の軌道最適化, 計測自動制御学会 システム・情報部門学術講演会2021 (SSI2021), 2021.11, [URL].
5. 村田 純一,船木 亮平, 人間の判断基準の推定, 第6回 OR学会「エネルギーシステムの進化とOR」研究部会, 2021.05, [URL].
6. 西優大,村田純一,船木亮平, 異なる進化集団をもつ Natural Aggregation Algorithm を用いた制約付き最適化問題解法, 第19回進化計算学会研究会, 2021.03, [URL].
7. Chen Zhang,Ryohei Funaki,Junichi Murata, Evaluation Model for Demand Response Based on Integrated ANP-Entropy Method, 計測自動制御学会 システム・情報部門学術講演会2020, 2020.11.
8. 甲斐田 幸希,船木 亮平,村田 純一, 行動頻度から推定した状態価値の相対的関係を活用した逆強化学習, 計測自動制御学会 システム・情報部門学術講演会2020, 2020.11, [URL].
9. Marven E. Jabian,Ryohei Funaki,Junichi Murata, Daily Load Profile Modeling Considering Residential Consumers' Routine Activities, 2020 IEEE 9th Global Conference on Consumer Electronics (GCCE), 2020.10, [URL].
10. 王 悦,船木 亮平,村田 純一, 需要応答のある電力市場に参加する仮想発電所の利益最大化モデル, 令和2年電気学会全国大会, 2020.03, [URL].
11. 西山 正幸,船木 亮平,村田 純一, 二分木と重回帰を用いた屋外スポーツ施設電力需要予測, 第39回情報論的学習理論と機械学習研究会(IBISML研究会), 2020.03, [URL].
12. 杉本 顕武郎,船木 亮平,村田 純一, 対話型進化計算における決定変数が評価に与える影響の個体群エントロピーを用いた推定, 進化計算シンポジウム2019, 2019.12, [URL].
13. 酒井 優也,船木 亮平,村田 純一, 対比較ベース対話型差分進化における優劣拮抗個体の探索への活用, 進化計算シンポジウム2019, 2019.12, [URL].
14. 内藤 圭太,船木 亮平,村田 純一, 住宅用太陽光発電設備所有者の仮想発電所参加時の価値と利害衝突の評価, 2019年 電気学会 電子・情報・システム部門大会, 2019.09, [URL].
15. 相川 定賢,船木 亮平,村田 純一, 対話型進化計算におけるユーザの評価基準に関する決定変数間の依存関係の推定, 第15回進化計算学会研究会, 2019.03, [URL].
16. 杉本 顕武郎,船木 亮平,村田 純一, 対話型進化計算における決定変数の評価への影響度の推定, 第15回進化計算学会研究会, 2019.03, [URL].
17. 船木 亮平, 医療や芸術工学へのメタヒューリスティクスの応用, Institute of Mathematics for Industry (IMI), 2018.08, [URL].
18. 松村 拓也,船木 亮平,村田 純一, 居住者の生活行動予定情報を利用した住宅電力需要予測, システム/スマートファシリティ合同研究会, 2018.11, [URL].
19. Ryohei Funaki,Kentaro Sugimoto,Junichi Murata, Estimation of Influence of Each Variable on User’s Evaluation in Interactive Evolutionary Computation, The 9th IEEE International Conference on Awareness Science and Technology (iCAST 2018), 2018.09, [URL].
20. Marven Jabian,Ryohei Funaki,Junichi Murata, Consumer Appliance Prioritization Using Genetic Algorithm for Real-Time Application, The 10th Symposium on Control of Power and Energy Systems (CPES2018), 2018.09, [URL].
21. 村田 純一,村上 優,船木 亮平, 逆最適化を用いた意思決定のモデリングと誘導, 第28回インテリジェント・システム・シンポジウム(FAN2018), 2018.09, [URL].
22. 杉本 顕武郎,村田 純一,船木 亮平, 対話型進化計算における解評価への影響が強い変数の推定法, 第28回インテリジェント・システム・シンポジウム(FAN2018), 2018.09, [URL].
23. 柴田 亮,船木 亮平,村田 純一, 多目的最適化問題における評価者の選好の対話型推定, 計測自動制御学会システム・情報部門学術講演会2018(SSI2018), 2018.11, [URL].
24. 高椋 貴大,村田 純一,船木 亮平, データ中に混在する関係の発見のための潜在変数モデルを利用したクラスタリング手法, 第45回 知能システムシンポジウム, 2018.03, [URL].
25. 小田部 荘司,米中 友浩,木内 勝,船木 亮平, 超伝導体のE-J特性の差分進化法を用いた磁束クリープ・フローモデルのパラメータ推定における評価関数の検討, 第65回応用物理学会春季学術講演会, 2018.03, [URL].
26. 船木 亮平,杉本 顕武郎,村田 純一, 対話型差分進化における個体集団の分布と評価項目の重視度の関係性, 進化計算シンポジウム2017, 2017.12, [URL].
27. 米中 友浩,小田部 荘司,木内 勝,船木 亮平, 様々な超伝導体のE-J特性における差分進化法を用いた磁束クリープ・フローモデルのパラメータ推定, 平成29年度応用物理学会九州支部学術講演会, 2017.12, [URL].
28. 大友 崇暉,村田 純一,船木 亮平, 個人へのスケジュールシフト要請における受容度の推定と要請内容の決定, システム/スマートファシリティ合同研究会, 2017.11, [URL].
29. 村上 優,村田 純一,船木 亮平, 逆最適化を用いたインセンティブベースデマンドレスポンスプログラムの設計, システム/スマートファシリティ合同研究会, 2017.11, [URL].
30. Masaru Murakami, Ryohei Funaki, Junichi Murata, Design of Incentive-Based Demand Response Programs Using Inverse Optimization, IEEE International Conference on Systems, Man, and Cybernetics (SMC) 2017, 2017.10, [URL].
31. 有木 大悟, 船木 亮平, 村田 純一, 適合度を用いたRe-labeling Differential Evolutionの高効率化 , 第11回コンピューテーショナル・インテリジェンス研究会, 2017.06, [URL].
32. 小田部 荘司, 田口 拓人, 鶴田 祐基, 伊原 大輔, 木内 勝, 船木 亮平, 差分進化法を用いた磁束クリープ・フローモデルのパラメータ推定における評価方法の検討, 第64回応用物理学会春季学術講演会, 2017.03, [URL].
33. 加世堂 聡樹, 村田 純一, Ryohei Funaki, 髙野 浩貴, PV出力予測精度を考慮した揚水・火力発電機の週間運用計画決定, 平成29年電気学会全国大会, 2017.03, [URL].
34. Edmund Soji Otabe, Takuto Taguchi, Yuuki Tsuruda, Ryohei Funaki, Determining Pinning Parameters in Flux Creep-Flow Model for E-J characteristics of High Temperature Superconductors by using Differential Evolution, The 29th International Superconductivity Symposium (ISS2016), 2016.12, [URL].
35. 村上 優, 船木 亮平, 松村 拓也, 村田 純一, デマンドレスポンスにおける需要家の電力消費行動のモデル化とインセンティブ設計, 計測自動制御学会 システム・情報部門 学術講演会2016(SSI2016), 2016.12, [URL].
36. 田口 拓人, 鶴田 祐基, 伊原 大輔, 小田部 荘司, 木内 勝, 船木 亮平, 差分進化法を用いた磁束クリープ・フローモデルのパラメータ推定における評価方法の検討, 平成28年度応用物理学会九州支部学術講演会, 2016.12, [URL].
37. Junichi Murata, Masaru Murakami, Ryohei Funaki, Energy Management Systems and their Element Design Example: a General Overview and a Demand Response Program Design, The 3rd International Conference on Universal Village (UV2016), 2016.10, [URL].
38. Ryohei Funaki, Hirotaka Takano, Junichi Murata, Tree Structure Based Differential Evolution for Optimization of Trees and Interactive Evolutionary Computation, Proceedings of the 34th Chinese Control Conference and SICE Annual Conference 2015, 2015.07, [URL].
39. 船木 亮平, 髙野 浩貴, 村田 純一, 離散最適化向け進化計算手法Re-labeling Differential Evolutionの少個体時探索能力に関する考察, 第5回コンピューテーショナル・インテリジェンス研究会, 2014.07, [URL].
40. 船木 亮平, 髙木 英行, 中川 尚志, 永田 里恵, 松本 希, 人工内耳パラメータフィッティングへの対比較ベース対話型差分進化の適用, 第6回進化計算学会研究会, 2014.03, [URL].
41. 船木 亮平, 髙野 浩貴, 村田 純一, 組合せ最適化問題におけるラベルの再割振りに関する研究, 第4回コンピューテーショナル・インテリジェンス研究会, 2013.12, [URL].
42. 船木 亮平, 髙野 浩貴, 村田 純一, 離散最適化向け進化計算手法Re-Labeling Differential Evolutionの拡張, 第23回インテリジェント・システム・シンポジウム(FAN2013), 2013.09, [URL].
43. Ryohei Funaki, Hirotaka Takano, Junichi Murata, Re-labeling Differential Evolution for Combinatorial Optimization, Proceedings of SICE Annual Conference 2013, 2013.09, [URL].
44. 船木 亮平, 村田 純一, 差分進化を用いた対比較ベースTree構造最適化手法の提案, 第4回進化計算学会研究会, 2013.03, [URL].
45. 船木 亮平, 髙木英行, IDE/gravityとIDE/moving vectorの相補効果, 第2回進化計算学会研究会/第8回進化計算フロンティア研究会合同研究会, 2012.03, [URL].
46. 船木 亮平, 髙木英行, 対話型差分進化高速化手法DE/gravityの大局的最適解位置と収束特性との関係解析, 進化計算シンポジウム2011, 2011.12, [URL].
47. Ryohei Funaki, Hideyuki Takagi, Application of gravity vectors and moving vectors for the acceleration of both differential evolution and interactive differential evolution, Proceedings of 5th Int. Conf. on Genetic and Evolutionary Computing (ICGEC2011), 2011.08.
48. 船木 亮平, 髙木英行, 個体群重心と個体群移動ベクトルを用いた差分進化と対話型差分進化の高速化, 第6回進化計算フロンティア研究会, 2011.03.
49. 船木 亮平, 髙木英行, 対話型差分進化の高速化手法の提案, 進化計算シンポジウム2010, 2010.12, [URL].
50. 船木 亮平, 髙木英行, 対話型差分進化の高速化手法の提案, 第18回電子情報通信学会九州支部学生会講演会, 2010.09, [URL].

九大関連コンテンツ

pure2017年10月2日から、「九州大学研究者情報」を補完するデータベースとして、Elsevier社の「Pure」による研究業績の公開を開始しました。
 
 
九州大学知的財産本部「九州大学Seeds集」