九州大学 研究者情報
研究者情報 (研究者の方へ)入力に際してお困りですか?
基本情報 研究活動 教育活動 社会活動
益田 時光(ますだ よしみつ) データ更新日:2020.06.11



主な研究テーマ
リーダーレスバクテリオシン産生ファージを用いた新たな食中毒細菌制御法の確立
キーワード:食中毒細菌、ファージ、リーダーレスバクテリオシン
2018.04~2022.03.
細菌の熱耐性におけるトキシンアンチトキシンシステムの役割
キーワード:食中毒細菌、熱耐性、トキシンアンチトキシン、パーシスター
2017.04~2020.03.
乳酸菌が生産するバクテリオシン、環状バクテリオシンとリーダーレスバクテリオシンの生合成機構の解析
キーワード:バクテリオシン、乳酸菌、リーダーレスバクテリオシン、環状バクテリオシン
2012.04~2012.11.
Study on novel bacteriocins from lactic acid bacteria, circular and leaderless bacteriocins
(乳酸菌が生産する新奇バクテリオシン、環状バクテリオシンとリーダーレスバクテリオシンに関する研究)
キーワード:バクテリオシン、乳酸菌、リーダーレスバクテリオシン、環状バクテリオシン、マルチプルバクテリオシン生産菌
2009.04~2012.03.
Weissella hellenica QU 13が生産する新奇バクテリオシンの特性と構造解析
キーワード:バクテリオシン、乳酸菌、抗菌ペプチド
2007.04~2009.03.
従事しているプロジェクト研究
LLBファージを用いた新たな食中毒細菌制御法の確立
2018.04~2022.03, 代表者:益田時光, 九州大学大学院農学研究院, 九州大学大学院農学研究院
細菌特異的なファージとリーダーレスバクテリオシン(LLB)をCRISPR-Casなどの遺伝学的技術を用いて融合し、LLBファージを構築し食中毒細菌の制御を目指す。.
細菌の熱耐性におけるトキシンアンチトキシンシステムの役割
2017.04~2019.03, 代表者:益田時光, 九州大学大学院農学研究院, 九州大学大学院農学研究院.
研究業績
主要原著論文
主要総説, 論評, 解説, 書評, 報告書等
主要学会発表等
1. Masuda Y., Sakamoto E., Futatsuishi S., Hoang M. D., Honjoh K., Miyamoto T., ROLE OF YAFQ-DINJ TOXIN-ANTITOXIN SYSTEM AND INDOLE SYNTHESIS BY TNAA IN HEAT TOLERANCE OF ESCHERICHIA COLI, 26th International ICFMH Conference FoodMicro2018, 2018.06.
2. Hoang Minh Duc, Hoang Minh Son, Pang Shu Yi Hazel, Yoshimitsu Masuda, Ken-ichi Honjoh, Takahisa Miyamoto, Isolation and application of broad-host range bacteriophages to control Salmonella Enteritidis, Salmonella Typhimurium, and Escherichia coli O157:H7 simultaneously in in vitro and food matrices, 26th International ICFMH Conference FoodMicro2018, 2018.06.
3. 益田 時光, 坂本 英莉花, 本城 賢一, 宮本 敬久, 細菌の熱耐性におけるToxin-Antitoxinシステムの機能, 日本農芸化学会2018年度大会, 2018.03.
4. 益田 時光, 坂本 英莉花, 本城 賢一, 宮本 敬久, 細菌の熱耐性、損傷菌発生におけるTAシステムの機能の解明, 第113回日本食品衛生学会学術講演会, 2017.11.
5. Yoshimitsu Masuda, Sae Futatsuishi, Hoang Minh Duc, Aya Nakayama, Ken-ichi Honjoh, Takahisa Miyamoto, Role of Toxin-Antitoxin System in Bacterial Heat Injury and Recovery, asm microbe 2017, 2017.06.
6. Xiaowen Cui, Yumiko Kuramitsu, Liushu Ou, Yue Guo, Chika Isowaki, Yoshimitsu Masuda, Ken-ichi Honjoh, Takahisa Miyamoto, Study on mechanism for heat resistance of Salmonella in low moisture condition, asm microbe 2017, 2017.06.
学会活動
所属学会名
日本食品衛生学会
日本食品化学工学会
日本農芸化学会
その他の研究活動
海外渡航状況, 海外での教育研究歴
University of Queensland, Australia, 2018.09~2019.09.
University of New South Wales, Australia, 2017.03~2017.03.
Molecular Genetics, Department of Genetics, GBB, University of Groningen, Netherlands, 2014.04~2016.02.
Molecular Genetics, Department of Genetics, GBB, University of Groningen, Netherlands, 2012.12~2014.01.
BIOTEC, National Science and Technology Development Agency (NASTDA), Thailand, 2012.10~2012.10.
Molecular Genetics, Department of Genetics, GBB, University of Groningen, Netherlands, 2012.05~2012.08.
Universidad Complutense de Madrid, Spain, 2009.05~2009.08.
研究資金
科学研究費補助金の採択状況(文部科学省、日本学術振興会)
2018年度~2021年度, 若手研究, 代表, LLBファージという新たな食中毒細菌制御法の確立.
2018年度~2021年度, 若手研究, 代表, LLBファージという新たな食中毒細菌制御法の確立.

九大関連コンテンツ

pure2017年10月2日から、「九州大学研究者情報」を補完するデータベースとして、Elsevier社の「Pure」による研究業績の公開を開始しました。
 
 
九州大学知的財産本部「九州大学Seeds集」