九州大学 研究者情報
研究者情報 (研究者の方へ)入力に際してお困りですか?
基本情報 研究活動 教育活動
相馬 悠希(そうま ゆうき) データ更新日:2019.06.05



主な研究テーマ
定量メタボローム解析技術の開発と応用
キーワード:メタボロミクス、代謝工学、質量分析
2017.04~2021.03.
人工遺伝子回路を用いた細胞内代謝制御
キーワード:人工遺伝子回路、代謝流束制御、クオラムセンシング、メタボロミクス
2014.04~2017.03.
従事しているプロジェクト研究
炭素中心代謝経路およびその制御機構の再構成による代謝流束容量の拡張 (九州大学学術研究・産学官連携本部 Qdai-jump Research Program)
2018.04~2019.03, 代表者:相馬 悠希, 九州大学生体防御医学研究所.
基礎科学研究助成/合成クオラムセンシングの実験室進化における表現型遷移の定量評価 (住友財団基礎科学研究助成)
2016.11~2018.11, 代表者:相馬 悠希, 九州大学生体防御医学研究所.
遊離脂肪酸を基幹化合物とする新たなバイオリピッドプラットフォームの開発 (JST戦略的創造研究推進事業ALCA)
2016.11~2021.03, 代表者:櫻谷英治, 徳島大学.
高効率バイオプロセスに向けた代謝制御リプログラムによる微生物表現型の可塑的制御 (科学研究費助成事業若手研究)
2018.04~2021.03, 代表者:相馬 悠希, 九州大学生体防御医学研究所, 九州大学生体防御医学研究所.
次世代メタボローム解析技術開発と応用 科学研究費補助金(新学術領域研究・研究領域提案型・計画研究)「代謝アダプテーションのトランスオミクス解析」
2017.06~2022.03, 代表者:馬場 健史, 九州大学生体防御医学研究所, 九州大学生体防御医学研究所.
研究業績
主要原著論文
主要総説, 論評, 解説, 書評, 報告書等
特許出願・取得
特許出願件数  3件
特許登録件数  0件
学会活動
所属学会名
American Society for Mass Spectrometry
公益社団法人日本生物工学会
学協会役員等への就任
2017.06~2019.03, 公益社団法人日本生物工学会バイオインフォマティクス相談部会, 運営委員.
学会大会・会議・シンポジウム等における役割
2018.09.05~2018.09.07, 第70回 日本生物工学会大会(2018), 座長.
2018.12.01~2018.12.01, 第25回 日本生物工学会九州支部 鹿児島大会(2018), 座長.
学術論文等の審査
年度 外国語雑誌査読論文数 日本語雑誌査読論文数 国際会議録査読論文数 国内会議録査読論文数 合計
2019年度      
2018年度      
2017年度
2016年度
受賞
第6回新化学技術研究奨励賞, 公益社団法人 新化学技術推進協会, 2017.06.
第21回 生物工学論文賞, 公益社団法人日本生物工学会, 2013.09.
第10回生物資源環境科学府賞, 九州大学大学院, 2015.03.
生物工学会若手会・夏のセミナー優秀ポスター賞, 公益社団法人日本生物工学会若手会, 2013.07.
生物工学会若手会・夏のセミナー優秀ポスター賞, 公益社団法人日本生物工学会若手会, 2017.07.
研究資金
寄附金の受入状況
2017年度, 公益社団法人 新化学技術推進協会, 第6回 新化学技術研究奨励賞/課題7:高効率物質生産に必要な新規バイオプロセスの構築に関する研究.
2016年度, 公益財団法人 住友財団, 2016年度 基礎科学研究助成/合成クオラムセンシングの実験室進化における表現型遷移の定量評価.

九大関連コンテンツ

pure2017年10月2日から、「九州大学研究者情報」を補完するデータベースとして、Elsevier社の「Pure」による研究業績の公開を開始しました。
 
 
九州大学知的財産本部「九州大学Seeds集」