九州大学 研究者情報
研究者情報 (研究者の方へ)入力に際してお困りですか?
基本情報 研究活動 教育活動 社会活動
趙 建軍(ちょう けんぐん) データ更新日:2020.01.28

教授 /  システム情報科学研究院 情報知能工学部門 高度ソフトウェア工学


教育活動概要
工学部電気情報工学科,システム情報科学府の学生を指導している。
担当授業科目
2019年度・後期, 情報知能工学演習第三.

2018年度・後期, 情報知能工学演習第三.

2019年度・後期, 情報知能工学演習第一.

2018年度・後期, 情報知能工学演習第一.

2019年度・通年, 情報知能工学特別研究.

2019年度・通年, 電気情報工学卒業研究.

2019年度・前期, プログラミング言語論.

2019年度・前期, Programming Practice I.

2019年度・後期, 技術表現法.

2019年度・後期, 情報知能工学講究第三.

2019年度・後期, 情報知能工学講究第一.

2018年度・前期, プログラミング言語論.

2018年度・後期, 技術表現法.

2018年度・通年, 電気情報工学卒業研究.

2018年度・後期, 情報知能工学講究第三.

2018年度・後期, 情報知能工学講究第一.

2018年度・通年, 情報知能工学特別研究.

2017年度・前期, プログラミング言語論.

2017年度・後期, 技術表現法.

2017年度・前期, プログラミング演習.

2017年度・通年, 電気情報工学卒業研究.

2017年度・後期, 情報知能工学演習第一.

2017年度・前期, 情報知能工学演習第二.

2017年度・後期, 情報知能工学演習第三.

2017年度・後期, 情報知能工学講究第三.

2017年度・後期, 情報知能工学講究第一.

2017年度・通年, 情報知能工学特別研究.

2016年度・前期, プログラミング言語論.

2016年度・後期, 技術表現法.

2016年度・通年, 電気情報工学卒業研究.

2016年度・後期, 情報知能工学演習第一.

2016年度・前期, 情報知能工学演習第二.

2016年度・後期, 情報知能工学講究第三.

2016年度・後期, 情報知能工学講究第一.

2016年度・通年, 情報知能工学特別研究.

ファカルティディベロップメントへの参加状況
2016.12, 全学, 参加, 平成28年度「英語による教授能力」向上のための研修(FD)プログラム.

2016.10, 部局, 参加, 工学研究院・システム情報科学研究院合同FD「九州大学における男女共同参画の取り組み」.

2016.08, 部局, 参加, 工学・システム情報 合同 ファカルティ・ディベロップメント(ELETE(カリフォルニア英語研修)成果報告).

他大学・他機関等の客員・兼任・非常勤講師等
2019年度, 上海交通大学(Shanghai Jiao Tong Universisty), 2018.01-2018.12, 客員教員, 国外.

2018年度, 上海交通大学(Shanghai Jiao Tong Universisty), 2018.01-2018.12, 客員教員, 国外.

2017年度, Shanghai Key Laboratory of Computer Software Evaluating & Testing (China), 2017.01-2017.12, 客員教員, 国外.

2017年度, 上海交通大学(Shanghai Jiao Tong Universisty), 2017.01-2017.12, 客員教員, 国外.

2016年度, 国立情報科学研究所, 2016.04-2017.03, 客員教員, 国内.

2016年度, Shanghai Key Laboratory of Computer Software Evaluating & Testing (China), 2016.01-2016.12, 客員教員, 国外.

2016年度, 上海交通大学(Shanghai Jiao Tong Universisty), 2016.07-2016.12, 客員教員, 国外.

2015年度, 国立情報科学研究所, 2015.04-2016.03, 客員教員, 国内.

2014年度, 国立情報科学研究所, 2014.04-2015.03, 客員教員, 国内.

2013年度, 国立情報科学研究所, 2013.04-2014.03, 客員教員, 国内.

2012年度, 国立情報科学研究所, 2012.04-2013.03, 客員教員, 国内.

その他の特筆すべき教育実績
2016.08, 学部ではプログラミング言語論と技術表現法、大学院ではPBL (Project-Based Learning) を担当している。.


九大関連コンテンツ

pure2017年10月2日から、「九州大学研究者情報」を補完するデータベースとして、Elsevier社の「Pure」による研究業績の公開を開始しました。
 
 
九州大学知的財産本部「九州大学Seeds集」