九州大学 研究者情報
研究者情報 (研究者の方へ)入力に際してお困りですか?
基本情報 研究活動 教育活動 社会活動 病院臨床活動
牛島 智基(うしじま ともき) データ更新日:2021.08.13

助教 /  九州大学病院 心臓血管外科 医学研究院 循環器外科学


主な研究テーマ
成人心疾患、補助人工心臓、心臓移植
キーワード:成人心疾患、補助人工心臓、心臓移植
2016.04~2017.03.
研究業績
主要著書
1. 牛島智基、塩瀬明, ECMO・PCPSを習得したすべての人へ ECMO・PCPSバイブル 10.2 ECMO/PCPSからのウィーニング(循環) 11 カニューレ抜去の具体的手法, メディカ出版, 2021.02.
2. 牛島智基、塩瀬明, 心臓血管外科のまずはここから IV.4 経皮的補助循環装置(ECMO・IABP)の導入, MEDICAL VIEW, 2019.02.
3. 牛島智基、塩瀬明, 心不全(第2版)中 -最新の企保・臨床研究の進歩ー XIII. 補助循環・外科療法 心臓移植(成人)の実際, 日本臨牀, 77巻、増刊号1、p463-468, 2019.02.
4. 牛島智基、塩瀬明, 補助人工心臓関連合併症の現状と展望:19.ポンプ血栓症は疑うことから始まる
「医学のあゆみ 補助人工心臓の進歩と課題」、企画:小野稔、医歯薬出版(東京)
, 医歯薬出版(東京), pp.113-117、2017, 2017.01.
主要原著論文
1. Ushijima T, Kimura S, Shiose A, Implantability of the MITRIS RESILIA mitral valve: a first-in-human case report, The Annals of Thoracic Surgery, 2021.06.
2. Ushijima T, Tanoue Y, Oishi Y, Kimura S, Sonoda H, Shiose A, Chronologic Changes in Residual False Lumen Under Continuous-Flow Circulation, The Annals of Thoracic Surgery, 2020.11.
3. Ushijima T, Sonoda H, Tanoue Y, Shiose A, A therapeutic concept to resolve a possible coronary desaturation under Ecpella support and maximize the potential for myocardial recovery: combination of veno-arteriovenous extracorporeal membrane oxygenation and Impella (VAVEcpella), Perfusion, 2020.09.
4. Ushijima T, Fujita S, Shingu N, Nakata Y, Matsuyama S, Kimura S, Sonoda H, Oishi Y, Tanoue Y, Shiose A, Aortic root morphology can cause early bioprosthetic valve failure of externally mounted pericardial bioprosthesis, General thoracic and cardiovascular surgery, 2020.06.
5. Ushijima T, Tanoue Y, Mitsuo H, Shiose A, Successful off-pump surgical release for extrinsic compression of outflow graft obstruction of a left ventricular assist device, European Journal of Cardio-Thoracic Surgery, 2020.02.
6. Ushijima T, Tanoue Y, Hirayama K, Shiose A, Pneumopericardium suggesting left ventricular assist device‑related
gastrointestinal complication, Journal of Artificial Organs, 2020.01.
7. Ushijima T, Tanoue Y, Shiose A, HeartMate II Implantation Via Single Incisional Ministernotomy in a Small Young Woman, Innovations, 2019.02.
8. 牛島智基、塩瀬明, 植込み型補助人工心臓時代における体外設置型補助人工心臓の役割, 胸部外科, 2018.07.
9. Ushijima T, Fujimoto N, Matsuyama S, Kan-O M, Kiyonari H, Shioi G, Kage Y, Yamasaki S, Takeya z, Sumimoto H., The actin-organizing formin protein Fhod3 is required for postnatal development and functional maintenance of the adult heart in mice., J Biol Chem, 293(1):148-162, 2018, 2018.01.
10. Ushijima T, Tanoue Y, Ide T, Okano S, Oda Y, Tominaga R, Disuse atrophy of the aortic valve after left ventricular assist device implantation, The Annals of thoracic surgery, 2016.01.
11. Ushijima T, Nishida T, Kan-o M, Tominaga R, Left ventricular pacing can be a complementary solution for systolic anterior motion after mitral valve plasty, European Journal of Cardio-Thoracic Surgery, 2015.04.
12. Ushijima T, Tanoue Y, Onitsuka H, Nakashima A, Tominaga R, Operative modification for the prevention of device-related infection during NIPRO extracorporeal left ventricular assist device implantation, J Artifi Organs, 17(3):220-227, 2014, 2014.08.
13. Ushijima T, Tanoue Y, Uchida T, Matsuyama S, Matsumoto T, Tominaga R., Cardiac energetics analysis after aortic valve replacement with 16-mm ATS mechanical valve, J Artifi Organs, 17(3):250-257, 2014, 2014.08.
14. Ushijima T, Izumo A, Matsumoto T, Taniguchi K, Uchida T, Pancreaticoduodenal artery pseudoaneurysm caused by segmental arterial mediolysis: a case report of surgical treatment, Annals of vascular diseases, 2013.04.
15. Ushijima T, Tanoue Y, Hirayama K, Nakashima A, Tominaga R, A case of conversion of a NIPRO ventricular assist system to an EVAHEART left ventricular assist system, Journal of Artificial Organs, 2012.12.
主要総説, 論評, 解説, 書評, 報告書等
主要学会発表等
1. 牛島智基、園田拓道、田ノ上禎久、藤田智、小田晋一郎、神尾明君、木村聡、大石恭久、塩瀬明 , 安定したHVADの長期管理を実現するためのinflow挿入角度, 第51回日本心臓血管外科学会学術総会, 2021.02.
2. 牛島智基,田ノ上禎久,園田拓道,藤田智,神尾明君,小田晋一郎,木村聡,大石恭久,塩瀬明, 重度の出血傾向から周術期を乗り切るための手術戦略, 第49回人工心臓と補助循環懇話会学術集会, 2021.02.
3. 立岡修治、園田拓道、藤野剛雄、橋本亨、肥後太基、田ノ上禎久、塩瀬明, Impellaに関連する潜在性/顕在性血栓症, 第58回人工臓器学会大会, 2020.11.
4. 田ノ上禎久、立岡修治、園田拓道、藤野剛雄、橋本亨、肥後太基、八木田美穂、筒井裕之、塩瀬明, VAD関連感染症治療における患者管理の標準化と外科的介入戦略, 第58回人工臓器学会大会, 2020.11.
5. 牛島智基、田ノ上禎久、園田拓道、藤田智、神尾明君、小田晋一郎、木村聡、大石恭久、塩瀬明, 定常流循環が術後遠隔期の腎機能に与える影響, 日本定常流ポンプ研究会学術集会2020, 2020.11.
6. 牛島智基、田ノ上禎久、園田拓道、立岡修治、松山翔、藤田智、神尾明君、小田晋一郎、木村聡、大石恭久、塩瀬明, 植込型補助人工心臓は術前の腎機能障害を改善させ遠隔期まで維持することができる, 第73回日本胸部外科学会定期学術集会, 2020.10.
7. 牛島智基、藤野剛雄、橋本亨、肥後太基、園田拓道、田ノ上禎久、八木田美穂、筒井裕之、塩瀬明, CODID-19パンデミック下での心臓移植を取り巻く状況, 第39回日本心臓移植研究会学術集会, 2020.10.
8. 牛島智基、園田拓道、藤田智、神尾明君、小田晋一郎、木村聡、大石恭久、田ノ上禎久、細川和也、阿部弘太郎、塩瀬明, 肺動脈血栓内膜摘除術の初期連続10例の手術成績, 第5回肺高血圧・肺循環学会学術集会, 2020.09.
9. 牛島智基、園田拓道、木村聡、松山翔、藤田智、大石恭久、帯刀英樹、田ノ上禎久、塩瀬明, Perceval弁とSOLO SMART弁の周術期血小板減少の比較, 第50回日本心臓血管外科学会学術集会, 2020.08.
10. 牛島智基、園田拓道、木村聡、松山翔、藤田智、大石恭久、帯刀英樹、田ノ上禎久、塩瀬明, 完全胸腔鏡下僧帽弁形成術においても正中アプローチと同等の手術手技が可能である, 第120回日本外科学会定期学術集会, 2020.08.
11. 牛島智基、園田拓道、木村聡、松山翔、藤田智、大石恭久、帯刀英樹、田ノ上禎久、塩瀬明, 完全鏡視下僧帽弁形成術の初期連続14例の早期成績, 第72回日本胸部外科学会総会, 2019.11.
12. 牛島智基・田ノ上禎久・橋本亨・肥後太基・筒井裕之・塩瀬明, 補助人工心臓治療におけるCentral ECMOの位置づけ, 第25回日本臨床補助人工心臓研究会学術集会, 2019.11.
13. 牛島智基、田ノ上禎久、園田拓道、帯刀英樹、松山翔、藤田智、木村聡、大石恭久、橋本亨、大谷規彰、肥後太基、筒井裕之、塩瀬明, 重度呼吸不全を合併した心原性ショックに対するVeno-ArterioVenous ECMO, 第57回日本人工臓器学会総会, 2019.11.
14. Ushijima T, Sonoda H, Tanoue Y, Hashimoto T, Higo T, Tsutsui H, Shiose A, Combination of veno-arteriovenous extracorporeal membrane oxygenation (V-AV ECMO) and Impella 5.0 for cardiogenic shock with severe lung edema
, ISMCS 2019, 2019.10.
15. Ushijima T, Sonoda H, Kimura S, Matsuyama S, Fujita S, Oishi Y, Tatewaki H, Tanoue Y, Shiose A, Early results of initial 14 consecutive Totally Endoscopic Mitral Valvuloplasty cases, 第4回日本低侵襲心臓手術学会, 2019.07.
16. Ushijima T, Hirayama K, Tanoue Y. Hashimoto T, Higo T, Tsutsui H, Shiose A, Plasma leakage-induced outflow graft obstruction in a Jarvik 2000 patient, ISHLT2019, 2019.04.
17. 牛島智基、八木田美穂、田ノ上禎久、橋本亨、肥後太基、筒井裕之、塩瀬明, 事前指示書になりVAD関連合併症が生じた場合に、どこまで治療介入を行うか?, 第9回Destination Therapy研究会, 2019.03.
18. 牛島智基、園田拓道、藤田智、木村聡、大石恭久、帯刀英樹、田ノ上禎久、塩瀬明, IMPELLAによる循環補助を最大限に享受するための治療戦略, 第47回人工心臓と補助循環懇話会, 2019.02.
19. Ushijima T, Hirayama K, Tanoue Y, Fujino T, Higo T, Tsutsui H, Shiose A, Pneumopericardium can be a sign of the occurrence of a serious infection, ISMCS 2018, 2018.11.
20. 牛島智基、平山和人、田ノ上禎久、橋本亨、肥後太基、筒井裕之、塩瀬明, 植込型補助人工心臓時代における体外設置型補助人工心臓の役割, 第24回日本臨床補助人工心臓研究会, 2018.11.
21. 牛島智基,園田拓道,木村聡,藤田智,大石恭久,帯刀英樹,田ノ上禎久,塩瀬明, 小サイズSOLO SMART弁は術後の血小板減少をきたしやすい, 第71回日本胸部外科学会総会, 2018.10.
22. Ushijima T, Hirayama K, Tanoue Y, Fujino T, Higo T, Tsutsui H, Shiose A, HeartMate II Implantation Through Mini-Sternotomy in a Low BSA Patient, ISHLT2018, 2018.04.
23. 牛島智基、山下慶之、平山和人、園田拓道、大石恭久、檜山和弘、帯刀英樹、田ノ上禎久、塩瀬明, いまだ課題を残す弁輪部膿瘍を合併した活動期感染性心内膜炎に対する外科治療, 第48回日本心臓血管外科学会, 2018.02.
24. 牛島智基、田ノ上禎久、平山和人、大石恭久、園田拓道、檜山和弘、帯刀英樹、藤野剛雄、肥後太基、筒井裕之、塩瀬明, 画像解析から見る小体格症例におけるHeartMateIIのポンプ位置, 第55回日本人工臓器学会, 2017.09.
25. 牛島智基、田ノ上禎久、藤野剛雄、肥後太基、園田拓道、大石恭久、檜山和弘、帯刀英樹、筒井裕之、塩瀬明, 冠動脈中枢側に石灰化病変を有するドナー心への術中冠動脈評価, 第53回日本移植学会, 2017.09.
26. 牛島智基、園田拓道、田ノ上禎久、塩瀬明, Bentall手術後の大動脈弁輪部膿瘍・人工血管感染・縦隔洞炎に対してホモグラフトによる再大動脈基部置換術を施行し救命し得た1例, 第16回日本組織移植学会, 2017.08.
27. 牛島智基、松田健作、山下慶之、大石恭久、園田拓道、田ノ上禎久、塩瀬明, 脳塞栓症を合併した活動期感染性心内膜炎に対する手術経験, 第4回日本心血管脳卒中学会, 2017.06.
28. 牛島智基、田ノ上禎久、藤本智子、大石恭久、園田拓道、帯刀英樹、塩川祐一、藤野剛雄、肥後太基、井手友美、筒井裕之、塩瀬明, 植込型補助人工心臓装着前に機械的循環補助を要した症例の検討, 第54回日本人工臓器学会大会, 2016.11.
学会活動
所属学会名
日本組織移植学会
日本移植学会
日本胸部外科学会
日本心臓血管外科学会
日本外科学会
日本人工臓器学会
日本循環器学会
日本小児循環器学会
学協会役員等への就任
2019.05, 日本人工臓器学会, 評議員.
その他の研究活動
海外渡航状況, 海外での教育研究歴
ISMCS 2019, Italy, 2019.10~2019.10.
Hannover Medical School, Leipzig Heart Center, Germany, 2019.06~2019.06.
ISHLT 2019, UnitedStatesofAmerica, 2019.04~2019.04.
ISHLT 2018, France, 2018.04~2018.04.
Asan Medical Center, Korea, 2018.02~2018.02.
ISMCS 2017, UnitedStatesofAmerica, 2017.10~2017.10.
ISHLT 2017, UnitedStatesofAmerica, 2017.04~2017.04.
Sharp Memorial Hospital, UnitedStatesofAmerica, 2016.12~2016.12.
受賞
第121回日本循環器学会九州地方会 Young Investigator Award最優秀賞, 第121回日本循環器学会九州地方会, 2016.12.
第49回日本胸部外科学会九州地方会総会 Student Award最優秀賞(指導医), 日本胸部外科学会九州地方会, 2016.08.
第49回日本胸部外科学会九州地方会総会 Case Report Award最優秀賞, 日本胸部外科学会九州地方会, 2016.08.
第46回日本胸部外科学会九州地方会総会 Student Award最優秀賞(指導医), 日本胸部外科学会九州地方会, 2013.07.
研究資金
科学研究費補助金の採択状況(文部科学省、日本学術振興会)
2019年度~2021年度, 若手研究, 代表, 細胞骨格関連蛋白質Fhod3から見た補助人工心臓治療後の左室リモデリング効果.
2018年度~2020年度, 基盤研究(C), 分担, 大動脈弁ダイナミクスに着眼した僧帽弁輪縫縮用リングが組織可動性に与える影響の解析.
2014年度~2016年度, 基盤研究(C), 分担, 体外循環時下の酸化ストレスと血管内皮機能障害の関係解明:末梢循環不全予防のために.
2015年度~2017年度, 基盤研究(C), 分担, 左心補助下の右心バイパス手術は機械的右心補助の代替手段となり得るか.
2015年度~2018年度, 基盤研究(C), 分担, 大動脈ステント内挿術後の左心機能を心臓エナジェティクス的解析により評価する試み.
2015年度~2018年度, 基盤研究(C), 分担, 幹細胞移植による心筋再生療法─アクチン重合制御因子Fhod3を用いた新たな試み.

九大関連コンテンツ

pure2017年10月2日から、「九州大学研究者情報」を補完するデータベースとして、Elsevier社の「Pure」による研究業績の公開を開始しました。
 
 
九州大学知的財産本部「九州大学Seeds集」