九州大学 研究者情報
研究者情報 (研究者の方へ)入力に際してお困りですか?
基本情報 研究活動 教育活動
KYAW THU(チョ― トゥ) データ更新日:2020.07.27



教育活動概要
1. Fundamentals of Heat Transfer, M4052
2. Mass Transfer, M4556
3. Advanced Engineering Thermodynamics, M4557
4. Energy Conversion System Engineering, M4054
5. Energy Engineering Experiment (B3)
6. Fundamentals of Energy and Environmental Engineering
担当授業科目
2019年度・前期, Fundamentals of Energy and Environmental Engineering I.

2019年度・前期, Advanced Engineering Thermodynamics.

2019年度・前期, 先端熱工学.

2019年度・前期, 伝熱工学基礎.

2019年度・前期, Energy Conversion System Engineering.

2019年度・前期, Energy Engineering Experiment (ENG-ENS3542J).

2018年度・前期, 先端熱工学.

2018年度・前期, 伝熱工学基礎.

2018年度・前期, Advanced Engineering Thermodynamics.

2018年度・前期, Fund. of Energy and Environmental Engineering I.

2018年度・前期, Advanced Engineering Thermodynamics.

2018年度・前期, Advanced Engineering Thermodynamics.

2018年度・前期, 先端熱工学.

2018年度・後期, 多成分混相伝熱学.

2018年度・後期, 多成分混相伝熱学.

2018年度・前期, Energy Conversion System Engineering.

2017年度・後期, 多成分混相伝熱学.

2017年度・前期, Advanced Engineering Thermodynamics.

2017年度・後期, 多成分混相伝熱学.

2017年度・前期, 先端熱工学.

2017年度・前期, Advanced Engineering Thermodynamics.

2017年度・通年, Advanced Engineering Thermodynamics.

ファカルティディベロップメントへの参加状況
2017.11, 全学, 参加, Innovative Teaching Workshop for Younger Faculty.

その他の特筆すべき教育実績
2016.10, A.Pal、B.B.Saha、H.-Sが執筆した「WPTへのエタノールの吸着とマングローブ由来のACs」と題された論文で、エネルギーシステムにおけるプロセスのための革新的材料に関する国際シンポジウム(IMPRES2016)における最優秀論文賞を受賞しました。 Kil、J.Miyawaki、S.-H. Yoon、S.Mitra、K.Thu、T.Miyazaki、S.Koyama。.

2015.11, 「2015年11月26日コンプレッサーを使用しない全天候型エアコンディショニングのための革新的ハイブリッド膜除湿機(MD) - 直接蒸発冷却(IEC)システム」と題した「ASEAN Outstanding Engineering Achievement Award 2015」.

2015.06, 2015年6月25日、コンプレッサーなしの全天候型エアコンディショニングのための革新的ハイブリッド膜除湿器(MD) - 直接蒸発冷却(IEC)システム "と題するプロジェクトで、「シンガポール(IES)大気工学賞」2015を発表しました。.

2013.04, Azhar Bin Ismail、Kyaw Thu、Kandadai Srinivasan、Kim Choon Ngによって書かれた「エネルギーシステムにおけるプロセスのための革新的材料に関する国際シンポジウム」(IMPRES2013)論文「エネルギー的に異種の活性炭上のプロパンの吸着動態」.

2009.09, 「砂漠化と冷却のための吸着技術」と題した「エンジニアリングシンガポール(IES)大気工学賞2009」のプロジェクト。.

2018.02, Thuらによって開発された理論モデル 「低炭素建築物のための暖房、冷却および換気システム4.46 MITの建築2016年春」によって採択された.


九大関連コンテンツ

pure2017年10月2日から、「九州大学研究者情報」を補完するデータベースとして、Elsevier社の「Pure」による研究業績の公開を開始しました。
 
 
九州大学知的財産本部「九州大学Seeds集」