九州大学 研究者情報
研究者情報 (研究者の方へ)入力に際してお困りですか?
基本情報 研究活動 教育活動 社会活動
江口 久美(えぐち くみ) データ更新日:2021.08.27



主な研究テーマ
絣文化の評価に関する学際的研究
キーワード:絣、文化進化論、パターン解析、進化系統樹、心理実験、伝統工芸、評価基準
2017.04~2018.03.
古きパリ委員会(CVP)による歴史的環境保全に関する研究
キーワード:古きパリ委員会、フランス、歴史的建造物保全制度
2008.06.
フランスの住民団体による生活景の保全に関する研究
キーワード:フランス、住民団体、生活景
2013.04.
フランスの郊外計画史に関する研究
キーワード:フランス、郊外、ルイ・ボニエ
2011.09.
フランスの歴史的環境保全制度に関する研究
キーワード:フランス、歴史的環境、保全制度
2008.06.
ギリシャの歴史的環境保全制度と観光資源化に関する研究
キーワード:ギリシャ、歴史的環境、観光資源化
2013.12.
研究業績
主要著書
1. 石本東生、岡村祐、江口久美, 「サントリーニ島ー歴史的町並み保全制度の奏功と観光インフラ整備の推進」阿部大輔編著『ポスト・オーバーツーリズムー界隈を再生する観光戦略』, 学芸出版社, pp.135-150, 2020.12.
2. 江口 久美, 「アテネ【ギリシャ】ヨーロッパの原都市」「イア【ギリシャ】船乗りたちの白い街」布野修司編『世界都市史事典』, 昭和堂, 114-115, 116-117, 2019.11.
3. 江口久美, 「パリの景観保全―「ピトレスク」をめぐって―」木岡伸夫編『〈縁〉と〈出会い〉の空間へ 都市の風土学12講』, 萌書房, 107-120, 2019.10.
4. 江口 久美, 「文化伝播の経糸と緯糸─ 絣(かすり)織り文化の世界史における伝播経路」稲賀繁美編『映しと移ろい 文化伝播の器と蝕変の実相』, 花鳥社, 117-129, 2019.09.
5. 江口久美, 「アテネー光とかげの錯綜する都市」、松原康介編著、『地中海を旅する62章ー歴史と文化の都市探訪ー』 , 明石書店, 14-18, 2019.02.
6. 江口 久美, 「フランスにおける「任意の地区評議会」ー海賊党の液体民主主義と近年の民主主義のふたつの動向から」、稲賀繁美編、『海賊史観からみた世界史の再構築ー交易と情報流通の現在を問い直すー』, 思文閣出版, 505-529, 2017.02.
7. 江口 久美, パリの歴史的建造物保全, 中央公論美術出版, 2015.01.
8. Kumi Eguchi, Soizik Bechetoille, Sylvie Brosseau, Kazumasa Watanabe, “Les mouvements d’habitants(住民運動)”, “Le bien culturel(文化財)”, “Le patrimoine culturel(文化遺産)”, “L’urbanisme participatif(まちづくり)”, “L’alignement(まちなみ)”, BONNIN. P., INAGA. S., NISHIDA. M., 編, ‘Vocabulaire de la spatialité japonaise(日本の生活空間)’, CNRS Edition, 2014.01.
9. 江口 久美, 窪田亜矢, 永瀬節治, 黒瀨 武史, 「大槌町の復興」、クリスチーヌ・レヴィ/ティエリー・リボー監修、『震災とヒューマニズム』, 明石書店, 2013.05.
10. 江口 久美, 「建築博物館と歴史教育」「建築都市文化の普及網と地方定着」「都市情報と市民議論」、アーバンデザインセンター研究会編、『アーバンデザインセンター』, 理工図書, 2012.09.
主要原著論文
1. 江口 久美, パリ市13区ビュット=オ=カイユ地区におけるヴィラ・ダヴィエルの保全に関する研究―土地占用プラン(POS)から地域都市計画プラン(PLU)への移行についてー, 日本建築学会大会学術講演梗概集, F-1, 109-110, 2021.09.
2. 須藤 竜之介, 江口 久美, テキスタイルのグラフィックの文化差に対するネイティブの弁別力の検討 : インドにおける絣を対象とした事例, 決断科学, 37-52, 8, 2021.03.
3. 石本 東生, 岡村 祐, 江口 久美, サントリーニ島イア地区における伝統的集落特別保護令による観光地形成ー1993 年大統領令の規定内容と運用実態の分析ー, 日本都市計画学会都市計画論文集, 55巻, 2号, pp.137-146, 2020.10.
4. 江口 久美, パリ市の地域都市計画プラン(PLU)における住宅・ヴィラセクター(SLセクター)に関する研究 ―13区ビュット=オ=カイユ地区のヴィラ・ダヴィエルを対象としてー, 日本建築学会大会学術講演梗概集, 835-836, F-1, 2020.09.
5. Kumi Eguchi, Etude sur la naissance de la notion de pittoresque et la conservation urbaine dans le paysage urbain en France(フランスにおけるピトレスク概念の誕生と都市保全に関する研究), Journée Francophone de la Recherche(日本に住むフランス語を話す研究者の集い 2019), 51, 2019.10.
6. Kumi Eguchi, A Study on the Change of the Concept of Pittoresque in France, 日本建築学会大会学術講演梗概集, F-1, 829-830, 2019.09.
7. 江口 久美, 文化における女性と都市空間における女性, 決断科学, 第六号, 105-107, 2019.03.
8. 江口久美, 戦闘美少女化するアイドルたちー斎藤環の戦闘美少女論から見るアイドルの決断に関する一考察
, 波紋言論Q第壱號, 16-19, 2018.12.
9. 江口久美, イギリスにおける田園都市の系譜とピクチャレスクの概念, 日本建築学会大会学術講演梗概集. F-1, 519-520, 2018.09.
10. 江口 久美, 久保 裕貴, 須藤 竜之介, 布施 健吾, 岡本 真祐子, 絣紋様の単位分類に関する一考察, 天然の色—天然染料顔料会議報告, 2017, 95-104, 2018.08.
11. Kumi Eguchi, On the Fluid Democracy of the Pirate Party, The 50th International Research Symposium, A Pirate's View of World History : A Reversed Perception of the Order of Things from a Global Perspective, International Research Center for Japanese Studies, 133-133, 2017.08.
12. T. Ishimoto, Y.Okamura, K.Eguchi, Landscape Conservation Policy and Tourism Developments in the Traditional Settlement of Oia; Santorini Island; Greece, Proceedings of Changing Cities 3, 1835-1846, Proceedings of Changing Cities 3, 2017.06.
13. 江口 久美, フランスの地区評議会による住民参加型まちづくり, 決断科学, 第三号 特集 ガバナンス・地域社会・決断科学, 95-104, 2017.03.
14. 石本東生, 岡村祐, 江口 久美, ギリシャ・サントリーニ島における伝統的集落保存法「1993年大統領令」の特徴と観光地形成の研究, 日本観光研究学会学術論文集, 31, 137-140, 2016.12.
15. 江口 久美, グルノーブル市の地区連合に関する研究, 日本建築学会大会学術講演梗概集. F-1, 641-642, 2016.08.
16. 江口 久美, 小出純子, 河野康治, 京都市中心部における家庭用防空壕の分類について, 日本建築学会近畿支部研究報告集, 計画系(56), 641-644, 2016.06.
17. 石本東生, 江口 久美, 岡村祐, ギリシャ・キクラデス諸島における伝統的集落保存と観光資源化―「1978年法」と「1989年法」の比較考察―, 日本観光研究学会学術論文集, 30, 297-300, 2015.11.
18. 江口 久美, 小出純子, 河野康治, 京都市中心部における家庭用防空壕についてー戦時中の防空方針と近年の状況に関してー, 日本建築学会近畿支部研究報告集, 計画系(55), 669-672, 2015.06.
19. Kumi Eguchi, Koji Kawano, A Study on the Urban Conservation in the Urban Extension Project in Paris -Idea of Architect Louis Bonnier and Contemporary Grand Paris Project-
, Proceedings of Changing Cities 2, 1320-1329, 2015.06.
20. 江口 久美, 岡村祐, 石本東生, ギリシャにおける伝統的集落保護に関わる法及びGNTOによる観光活用事業に関する研究, 日本観光研究学会学術論文集, 29, 309-312, 2014.12.
21. Kumi Eguchi, Study on the Activities of Aneyakoji Area Association: Local Autonomy in Kyoto, Proceedings of the First Conference of International Alliance for Sustainable Urbanization and Regeneration, 157-165, 2014.11.
22. Kumi Eguchi, A Study on the Mandatory Area Councils in France: The Circumstances in 47 Communes, Proceedings of International Planning History Society, 248-262, 2014.07.
23. 江口 久美, フランスの近隣住区評議会の現状に関する研究—人口8万人以上の47コミューヌに関してー, 日本建築学会近畿支部研究報告集, 計画系(54), 261-264, 2014.06.
24. 江口 久美, 岡村祐, ギリシャ・スキアトス島の観光開発の変遷と現状に関する研究, 日本観光研究学会学術論文集, 28, 149-152, 2013.12.
25. 江口 久美, ルイ・ボニエによる用語「ピトレスク」の使用についての文献研究—1916年から1920年の古きパリ委員会議事録を対象としてー, 日本都市計画学会都市計画論文集, 47, 3, 231-236, 2013.10.
26. Kumi Eguchi, Témoignage: les souvenirs de M. Sôkejima(証言:笽島先生の記憶), Maison franco-japonaise Ebisu, 49 printemps-été, 37-40, 2013.07.
27. Kumi Eguchi, Study on the Urban Conservation in Paris by the Area Councils, Changing Cities, 1492-1501, 2013.06.
28. 江口 久美, ウジェーヌ・アジェの写真による19世紀末から20世紀初頭のパリにおけるピトレスクの概念に関する研究, 日本都市計画学会都市計画論文集, 47, 1, 88-93, 2013.04.
29. Kumi Eguchi, Aya Kubota, Setsuji Nagase, Takefumi Kurose, La reconstruction de la commune d’Otsuchi(大槌町の復興), Maison franco-japonaise Ebisu, 47, printemps-été, 175-187, 2012.07.
30. Kumi Eguchi, Machizukuri : urbanisme ou projet urbain participatif (まちづくり:参加型都市計画または都市プロジェクト), The 43th International Research Symposium, Pour un vocabulaire de la spatialité Japonaise(日本の空間性の語彙のために), International Research Center for Japanese Studies, 143-146, 2012.05.
31. 江口 久美, フランスにおけるグルネル2法下のZPPAUPからAVAPへの展開に関する研究—サン・ジャン・ド・リュズ市を対象として —, 日本都市計画学会都市計画論文集, 46, 3, 211-216, 2011.10.
32. 江口 久美, 古きパリ委員会による歴史的記念物に関する議論に関する研究—1898年から1934年を対象としてー, 日本建築学会計画系論文集, 第76巻, 第661号, 635-642, 2011.03.
33. 江口 久美, 20世紀初頭の古きパリ委員会による歴史的記念物保全への都市的視点の導入に関する研究—考古学的・芸術的目録を対象として —, 日本都市計画学会都市計画論文集, 45, 3, 355-360, 2010.10.
34. 田中暁子, 江口 久美, 楊惠亘, 古きパリ委員会による歴史的住環境保全手法に関する研究ー創造的空間保全手法・住民との合意形成手法・歴史的変遷ー, 住宅総合研究財団研究論文集, 36, 107-118, 2010.10.
35. 江口 久美, フランスの都市の保全的刷新手法における中間団体の活動に関する研究ーグルノーブルにおける合意形成・専門家的諮問機能に着目してー, 日本都市計画学会都市計画論文集, 44, 3, 169-174, 2009.10.
主要総説, 論評, 解説, 書評, 報告書等
1. 江口 久美, A Comparative Study on the Plan of Extension of Paris and of Osaka in the Debut of the 20th Century, Faculty of Design, Kyushu University/Environmental Design Golobal Hub Annual Report Vol.0 04.2016-03.2017, 2017.03.
2. 江口 久美, 小出純子, 河野康治, 京都市内の家庭用防空壕の今年度調査成果報告, 有隣社会福祉協議会/有隣自治連合会「あいらぶゆうりん」94号, 2016.03.
3. 江口 久美, 建築家坂 茂氏インタビュー, 日仏工業技術会フリーペーパーL'échange第4号, 2016.01.
4. 江口 久美, 陸軍とフランス、京都日仏交流会、写真家 甲斐扶佐義氏、伊地知雅シェフ, 日仏工業技術会フリーペーパーL'échange第3号, 2014.12.
5. 江口 久美, 江口健介, La spatialité japonaise仕掛けと概念を巡る国際研究集会 日仏の空間語彙、ラルデレロ地熱発電所、曙ブレーキ工業株式会社, 日仏工業技術会フリーペーパーL'échange第2号, 2013.04.
6. 江口 久美, パリセーヌ川左岸協議整備区域(ZAC)とセーヌ河岸回復プロジェクト, 日本都市計画学会、都市計画 61(6), 2012.12.
7. 江口 久美, 菅原慎悦, 飯濱玲香, La mésologie et le Japon風土学と日本 オーギュスタン・ベルク教授に聞く、世界最大の原子力機構AREVA-JAPANエルワン・イノー氏に聞く、カキを通じた日仏交流 France-Okaeshiプロジェクトを通じて, 日仏工業技術会フリーペーパーL'échange第1号, 2011.10.
主要学会発表等
1. Kumi EGUCHI, Etude sur les secteurs de maisons et villas de la ville de Paris(パリ市の住宅・ヴィラセクター(SLセクター)に関する研究), Journée Francophone de la Recherche(日本に住むフランス語を話す研究者の集い 2020), 2020.12.
2. 江口 久美, パリ市の地域都市計画プラン(PLU)における住宅・ヴィラセクター(SLセクター)に関する研究 ―13区ビュット=オ=カイユ地区のヴィラ・ダヴィエルを対象としてー, 日本建築学会大会, 2020.09.
3. 江口 久美, 都市/建築と蜘蛛の巣と身体, 国際日本文化研究センター共同研究会「蜘蛛の巣上の無明:電子情報網生態系下の身心知の将来」, 2020.07.
4. 江口久美、布施健吾、須藤竜之介、久保裕貴, 絣の紋様のデジタルアーカイブ化に向けた研究ーフランス・メキシコ・久留米での調査報告ー
, 天然染料顔料会議, 2019.11.
5. Kumi Eguchi, Etude sur la naissance de la notion de pittoresque et la conservation urbaine dans le paysage urbain en France(フランスにおけるピトレスク概念の誕生と都市保全に関する研究), Journée Francophone de la Recherche(日本に住むフランス語を話す研究者の集い 2019), 2019.10.
6. Kumi Eguchi, A Study on the Change of the Concept of Pittoresque in France, 日本建築学会大会、No. 7383, 2019.09.
7. Kumi Eguchi, Shota Tokunaga, Study on the Comparative Analysis on the Process of Consensus-Making in Area Councils in France, International Planning History Society 2018, 2018.07.
8. 江口久美, 絣文化の再評価に関する学際的研究, 国際日本文化研究センター共同研究会「多文化交渉における〈あいだ〉の研究」, 2018.06.
9. 江口 久美, 久保 裕貴, 須藤 竜之介, 布施 健吾, 岡本 真祐子, 絣紋様の単位分類に関する一考察, 天然染料顔料会議第14回大会, 2017.11.
10. Kumi Eguchi, Interdisciplinary Study on Evaluation of Kasuri Culture, 1st International Conference on Intercultural Dialogue through the Arts, 2017.09.
11. T. Ishimoto, Y.Okamura, K.Eguchi, Landscape Conservation Policy and Tourism Developments in the Traditional Settlement of Oia; Santorini Island; Greece, Changing Cities 3, 2017.06.
12. 石本東生, 岡村祐, 江口 久美, ギリシャ・サントリーニ島における伝統的集落保存法「1993年大統領令」の特徴と観光地形成の研究, 『日本観光研究学会全国大会』、千葉, 2016.12.
13. 江口 久美, グルノーブル市の地区連合に関する研究, 『日本建築学会大会』、No. 7284、福岡, 2016.08.
14. 江口 久美, 小出純子, 河野康治, 京都市中心部における家庭用防空壕の分類について, 平成28年度日本建築学会近畿支部研究発表会, 2016.06.
15. Kumi Eguchi, On the Fluid Democracy of the Pirate Partyフランスにおける任意の地区評議会に関する一考察—海賊党の液体民主主義の視点から—, 日文研国際研究集会Pirates’ View of World History toward Possible Re-orientations, 2016.04.
16. 江口 久美, 文化的景観を巡る一考察, JARC(日本アメニティ研究所)定例会, 2016.03.
17. 石本東生, 江口 久美, 岡村祐, ギリシャ・キクラデス諸島における伝統的集落保存と観光資源化―「1978年法」と「1989年法」の比較考察―, 『日本観光研究学会全国大会』、群馬, 2015.11.
18. Kumi Eguchi, Koji Kawano, A Study on the Urban Conservation in the Urban Extension Project in Paris -Idea of Architect Louis Bonnier and Contemporary Grand Paris Project-, Changing Cities 2, Porto Heli, Greece, 2015.06.
19. Kumi Eguchi, Challenge to autonomy by inhabitants in urban planning by area councils in France, The 2nd Kyoto-Bordeaux Symposium 2015, Kyoto, Japan, 2015.05.
20. 江口 久美, パリの歴史的建造物保全ー都市を見るまなざしの誕生 , 日文研共同研究会 21世紀10年代日本の軌道修正, 2015.04.
21. 江口 久美, 岡村祐, 石本東生, ギリシャにおける伝統的集落保護に関わる法及びGNTOによる観光活用事業に関する研究, 『日本観光研究学会全国大会』、大阪, 2014.12.
22. Kumi Eguchi, Study on the Activities of Aneyakoji Area Association: Local Autonomy in Kyoto, The First Conference of International Alliance for Sustainable Urbanization and Regeneration, Kashiwa, Japan, 2014.11.
23. Kumi Eguchi, A Study on the Mandatory Area Councils in France: The Circumstances in 47 Communes, International Planning History Society, Saint Augustin, The United States, 2014.07.
24. 江口 久美, フランスの近隣住区評議会の現状に関する研究
人口8万人以上の47コミューヌに関して, 平成26年度日本建築学会近畿支部研究発表会, 2014.06.
25. 江口 久美, 岡村祐, ギリシャ・スキアトス島の観光開発の変遷と現状に関する研究, 『日本観光研究学会全国大会』、神奈川, 2013.12.
26. 江口 久美, ルイ・ボニエによる用語「ピトレスク」の使用についての文献研究—1916年から1920年の古きパリ委員会議事録を対象としてー, 第48回日本都市計画学会学術研究論文発表会, 2013.11.
27. Kumi Eguchi, Une étude comparative sur la conservation urbaine dans les projets de l’extension de la ville de Paris et d'Ôsaka dans la première moitié du XXème siècle(20世紀前半のパリ・大阪市の拡張計画における都市保全に関する比較研究), Journée Francophone de la Recherche(日本に住むフランス語を話す研究者の集い 2013)”, Tokyo, Japan, 2013.11.
28. Kumi Eguchi, Study on the Urban Conservation in Paris by the Area Councils, Changing Cities, Skiathos, Greece, 2013.06.
29. 江口 久美, フランスにおけるグルネル2法下のZPPAUPからAVAPへの展開に関する研究—サン・ジャン・ド・リュズ市を対象として —, 第46回日本都市計画学会学術研究論文発表会, 2011.11.
30. Kumi Eguchi, Rémi Scoccimarro, Les Machizukuri, outils de production du lien social(まちづくり、社会関係構築のツール), Neuvième colloque de la Société Française des Etudes Japonaises(フランス日本研究協会第9回学会), Paris, France, 2010.12.
31. 江口 久美, 20世紀初頭の古きパリ委員会による歴史的記念物保全への都市的視点の導入に関する研究—考古学的・芸術的目録を対象としてー, 第45回日本都市計画学会学術研究論文発表会, 2010.11.
32. 江口 久美, フランスの都市の保全的刷新におけるボトムアップ型アソシアシオンの活動に関する研究—グルノーブルにおける合意形成・専門家的諮問機能に着目してー, 第44回日本都市計画学会学術研究論文発表会, 2009.11.
学会活動
所属学会名
日仏工業技術会
日本不動産学会
日本建築学会
日本観光研究学会
日本都市計画学会
都市住宅学会
学術論文等の審査
年度 外国語雑誌査読論文数 日本語雑誌査読論文数 国際会議録査読論文数 国内会議録査読論文数 合計
2021年度      
2017年度      
2015年度      
2013年度      
受賞
フランス建築アカデミー書籍賞(共同受賞), フランス建築アカデミー, 2014.11.
日本都市計画学会論文奨励賞, 日本都市計画学会, 2012.05.
日本不動産学会賞湯浅賞(研究奨励賞/博士論文部門), 日本不動産学会, 2011.05.
東京大学大学院工学系研究科都市工学専攻優秀博士論文賞, 東京大学大学院工学系研究科都市工学専攻, 2011.03.
財団法人フランス語教育振興協会 APEF賞, 財団法人フランス語教育振興協会 , 2011.03.
財団法人アジア太平洋観光交流センター/一席(共同受賞), 財団法人アジア太平洋観光交流センター, 2007.04.
研究資金
科学研究費補助金の採択状況(文部科学省、日本学術振興会)
2018年度~2020年度, 基盤研究(C), 代表, フランスの都市景観におけるピトレスク概念の誕生と都市保全に関する研究.
2015年度~2017年度, 基盤研究(C), 分担, ギリシャにおける伝統的集落の保存・再生事業と「強い」観光地形成の政策研究.
2014年度~2016年度, 挑戦的萌芽研究, 代表, 20世紀初頭のパリ・大阪郊外における拡張計画に関する比較研究.
2014年度~2014年度, 研究成果公開促進費, 代表, パリの歴史的建造物保全.
2013年度~2015年度, 特別研究員奨励費, 代表, フランスの住民団体による生活景の保全に関する研究.
2009年度~2010年度, 特別研究員奨励費, 代表, フランスの都市の保全的刷新手法における中間団体の活動に関する研究.
日本学術振興会への採択状況(科学研究費補助金以外)
2013年度~2015年度, 特別研究員, 代表, フランスの住民団体による生活景の保全に関する研究.
2009年度~2010年度, 特別研究員, 代表, フランスの都市の保全的刷新手法における中間団体の活動に関する研究.
競争的資金(受託研究を含む)の採択状況
2008年度~2008年度, 研究助成(住宅総合研究財団), 分担, 古きパリ委員会によるパリ市における歴史的住環境保全手法に関する研究一創造的空間保全手法・住民との合意形成手法・歴史的変遷一.
学内資金・基金等への採択状況
2017年度~2017年度, QRプログラムわかばチャレンジ, 代表, 絣文化の評価に関する学際的研究.
2008年度~2008年度, 東京大学博士課程研究遂行協力制度, 代表, フランスの都市の保全的刷新手法における中間団体の活動に関する研究.

九大関連コンテンツ

pure2017年10月2日から、「九州大学研究者情報」を補完するデータベースとして、Elsevier社の「Pure」による研究業績の公開を開始しました。
 
 
九州大学知的財産本部「九州大学Seeds集」