九州大学 研究者情報
発表一覧
井手 喜彦(いで よしひこ) データ更新日:2022.06.30

助教 /  工学研究院 附属アジア防災研究センター 沿岸海洋工学


学会発表等
1. 田中穂純,井手喜彦,山城賢,橋本典明, 高潮防災の意識向上に資するリアルな3D動画の制作, 土木学会西部支部研究発表会, 2022.03.
2. 清水功基,井手喜彦,橋本典明, 海上工事可否判断のための波浪予測システムの精度向上に関する研究, 土木学会西部支部研究発表会, 2022.03.
3. 村木秀國,山城賢,井手喜彦,児玉充由, 大規模な波の打上げにより生じる越波飛沫の現地観測, 土木学会西部支部研究発表会, 2022.03.
4. 広城芳樹,井手喜彦,山城賢,橋本典明, 出水時の有明海における各種浮遊物の漂流特性に関する検討, 土木学会西部支部研究発表会, 2022.03.
5. 新見将輝,井手喜彦,山城賢,橋本典明, 洞海湾における高潮増幅機構の解明に関する研究, 土木学会西部支部研究発表会, 2022.03.
6. 尾崎伸一郎,児玉充由,井手喜彦,橋本典明, 任意地点での波高推定を可能とするデータ同化と機械学習を用いた波浪予測システムの開発, 土木学会西部支部研究発表会, 2022.03.
7. 一木彩絵,山城賢,井手喜彦,橋本典明, 機械学習を用いた上陸による台風強度変化量の推定, 土木学会西部支部研究発表会, 2022.03.
8. 西村愛理沙,井手喜彦,山城賢,橋本典明,児玉充由, ベイズ最適化を用いた最悪台風経路探索手法の発展に関する研究, 土木学会西部支部研究発表会, 2022.03.
9. 高良匠,井手喜彦,山城賢,橋本典明, ニューラルネットワークを用いた台風モデルの風場の補正手法に関する研究, 土木学会西部支部研究発表会, 2022.03.
10. 枩永卓也,井手喜彦,山城賢,橋本典明,児玉充由, 出水時の有明海を対象とした土砂動態特性の把握, 海岸工学講演会, 2021.11.
11. 鈴木聖悟,井手喜彦,山城賢,橋本典明,児玉充由, 風からの抗力を考慮した非構造格子流木漂流シミュレーションモデルの開発, 海岸工学講演会, 2021.11.
12. 井手喜彦,山城賢,橋本典明,児玉充由, 台風の最悪経路探索に関するベイズ最適化を用いた新たな手法の提案, 海岸工学講演会, 2021.11.
13. 吉野日和吏,橋本典明,井手喜彦,川口浩二,三井正雄, バイスペクトルとニューラルネットワークを用いた水圧波から表面波への換算法の開発, 海岸工学講演会, 2021.11.
14. 井手喜彦,大橋果歩,琴浦毅,山城賢,橋本典明,児玉充由, 海上工事における施工可否判断の高精度化を目的とした機械学習の適用, 海洋開発シンポジウム, 2021.06.
15. 吉野日和吏,橋本典明,井手喜彦, 水圧波から表面波への換算における精度向上に関する研究, 土木学会西部支部研究発表会, 2021.03.
16. 竹田聖二,井手喜彦,橋本典明, 台風予測の不確実性を考慮したリアルタイム高潮予測システムの開発, 土木学会西部支部研究発表会, 2021.03.
17. 大橋果歩,児玉充由,井手喜彦,橋本典明, アンサンブル気象予報データを用いた機械学習とベイズ推定による波浪予測システムの構築, 土木学会西部支部研究発表会, 2021.03.
18. 枩永卓也,山城賢,井手喜彦,橋本典明, 有明海における非構造格子を用いた土砂輸送シミュレーションモデルの構築, 土木学会西部支部研究発表会, 2021.03.
19. 鈴木聖悟,山城賢,井手喜彦,橋本典明, 風から流木への抗力を考慮した高精度な非構造格子漂流予測モデルの開発, 土木学会西部支部研究発表会, 2021.03.
20. 升永史織,山城賢,井手喜彦, 波浪と流動の相互作用を考慮した非構造格子カップリングモデルの開発, 土木学会西部支部研究発表会, 2021.03.
21. 清水功基,橋本典明,井手喜彦,児玉充由, 高潮予測のためのディープニューラルネットワーク構築に関する検討と自己組織化マップを用いた評価, 土木学会西部支部研究発表会, 2021.03.
22. 柴田大輝,児玉充由,井手喜彦,橋本典明,山城賢, 自己組織化マップを用いた台風来襲時における降水量の将来変化に関する検討, 海岸工学講演会, 2020.11.
23. 井手喜彦,橋本典明,山城賢, Proposal of New Indexes for Development Characteristics of Storm Surge Considering Topographical Features and Tides, 海岸工学講演会, 2020.11.
24. 山縣史朗,川添僚太,井手喜彦,山城賢,升永史織, 非構造格子系を用いた流れから波浪1-wayカップリングモデルの開発に関する研究, 海岸工学講演会, 2020.11.
25. 新見将輝,中川康之,井手喜彦,山城賢,橋本典明, 博多湾で生じる副振動とそれによる浸水被害の可能性に関する研究, 海岸工学講演会, 2020.11.
26. 井手喜彦,高良匠,児玉充由,山城賢,橋本典明, 大規模アンサンブル気候予測データを用いた周防灘における高潮特性の長期予測, 海洋開発シンポジウム, 2020.07.
27. 柴田大輝,児玉充由,井手喜彦,橋本典明,山城賢, 自己組織化マップを用いた有明海に接近する台風の経路と高潮の将来変化に関する検討, 海洋開発シンポジウム, 2020.07.
28. 川添僚太,井手喜彦,山城賢, 波と流れの相互作用を考慮した非構造格子シミュレーションモデルの開発, 土木学会西部支部研究発表会, 2020.03.
29. 新見将輝,中川康之,井手喜彦,山城賢,橋本典明, 2019 年3 月の博多港における副振動の発生要因に関する研究, 土木学会西部支部研究発表会, 2020.03.
30. 髙良 匠,井手喜彦,山城賢,橋本典明, 大規模アンサンブル気候予測データベースを用いた周防灘海域における高潮の将来変化に関する研究, 土木学会西部支部研究発表会, 2020.03.
31. 園田彩乃,井手喜彦,山城賢,橋本典明,鈴山勝之, 周防灘における将来の高潮に関する研究, 海岸工学講演会, 2019.10.
32. 升永史織,井手喜彦,山城賢,橋本典明, 非構造格子モデルによる波浪と流れの双方向結合シミュレーションに関する基礎的研究, 日本流体力学会年会, 2019.09.
33. 井手喜彦,竹田聖二,児玉充由,山城賢,橋本典明, 大規模アンサブル気候予測データ(d4PDF)に基づく有明海周辺での台風特性の将来変化に関する検討, 海洋開発シンポジウム, 2019.07.
34. Yoshihiko Ide,Noriaki Hashimoto,Masaru Yamashiro,Mitsuyoshi Kodama, Case Study on Designing Adaptation Measures against Storm Surge Disasters along Innermost Coast of Ariake Sea, JAPAN, The 29th International Ocean and Polar Engineering Conference, 2019.06.
35. Abdul Al Mohit,Masaru Yamashiro,Yoshihiko Ide,Mitsuyoshi Kodama,Noriaki Hashimoto, Investigation of tropical depression characteristics and its associted surge along the coast of Bangladesh, Civil Engineering Conference in the Asian Region CECAR 8, 2019.04.
36. 升永史織,井手喜彦,山城賢,橋本典明, 非構造格子モデルによる波浪と流れの双方向結合シミュレーションに関する基礎的検討, 土木学会西部支部研究発表会, 2019.03.
37. 大里拓也,井手喜彦,山城賢,橋本典明, 台風パラメータを用いた補正法による台風モデルにより推算された風場の高精度化, 土木学会西部支部研究発表会, 2019.03.
38. 園田彩乃,井手喜彦,山城賢,橋本典明, 非構造格子モデルによる周防灘海域の高潮シミュレーション, 土木学会西部支部研究発表会, 2019.03.
39. Abdul Al Mohit,Noriaki Hashimoto,Masaru Yamashiro,Yoshihiko Ide,Mitsuyoshi Kodama, Contribution Of Large River System On Water Level Due To A Storm, International Conference on Coastal Engineering, 2018.07.
40. Ayano Snoda,Yoshihiko Ide,Masaru Yamashiro,Noriaki Hashimoto, Numerical simulations on storm surge in Suo Nada, Japan, Japan-Korea-Taiwan 2018 Joint Conference on Civil Engineering, 2018.08.
41. Yoshihiko Ide,Noriaki Hashimoto,Masaru Yamashiro,Mitsuyoshi Kodama, Case Study on Designing Adaptation Measures for Storm Surge Disasters along Innermost Coast of Ariake Sea, Japan, International Conference on Coastal Engineering, 2018.07.
42. 井手喜彦,鶴田友莉,山城賢,橋本典明, 佐賀平野における各種高潮対策施設の効果に関する研究, 海岸工学講演会, 2018.11.
43. 横田雅紀,橋本典明,山城賢,井手喜彦,児玉充由, 有明海湾奥部における高潮発生時の波浪推算に関する検討, 海洋開発シンポジウム, 2018.07.
44. 井手喜彦,中尾直幸,児玉充由,橋本典明,山城賢, 海面水温の将来変化パターンによる近未来の台風特性の相違に関する研究, 海洋開発シンポジウム, 2018.07.
45. Abdul Al Mohit,Masaru Yamashiro,Yoshihiko Ide,Mitsuyoshi Kodama,Noriaki Hashimoto, Tropical Cyclone Activity Analysis Using MRI-AGCM and d4PDF Data, The 28th International Ocean and Polar Engineering Conference, 2018.06.
46. Dennis Davour,Yoshihiko Ide,Masaru Yamashiro,Noriaki Hashimoto, The Change in Climate and Extreme Weather in Sweden Based on the d4PDF, 土木学会西部支部研究発表会, 2018.03.
47. 柴田大輝,児玉充由,井手喜彦,橋本典明, 大規模アンサンブル気候予測データベースを用いた近未来気候下における降水量変化特性の検討, 土木学会西部支部研究発表会, 2018.03.
48. 中尾直幸,児玉充由,井手喜彦,橋本典明, 大規模アンサンブル気候予測データベースに基づく近未来気候下における台風特性の評価, 土木学会西部支部研究発表会, 2018.03.
49. 鶴田友莉,井手喜彦,山城賢,橋本典明, FVCOMを用いた佐賀平野における高潮浸水特性の検討, 土木学会西部支部研究発表会, 2018.03.
50. Abdul Al Mohit,Yoshihiko Ide,Masaru Yamashiro,Noriaki Hashimoto, A Comparative Study of Two Different Numerical Methods on Storm Surge, 9th Int. Conf. on Asia and Pacific Coasts, 2017.10.
51. 井手喜彦,一色勇志,児玉充由,橋本典明,山城賢, 将来気候データにおける台風中心気圧のバイアス補正手法に関する検討, 海岸工学講演会, 2017.10.
52. 井手 喜彦,山上澪,山城賢,橋本典明, 経験的台風モデルにより推算された風場の補正法の構築, 第42回海洋海洋開発シンポジウム, 2017.06.
53. Yu Fengze,井手喜彦,山城賢,橋本典明, Numerical Simulation of Storm Surge Inundation in Yatsushiro Sea due to Typhoon No.18 in 1999, 平成28年度土木学会西部支部研究発表会, 2017.03.
54. 本多直人,井手喜彦,児玉充由,橋本典明, 将来気候データで予測された九州地方の降水量変化について, 平成28年度土木学会西部支部研究発表会, 2017.03.
55. 佐藤将太,児玉充由,井手喜彦,橋本典明, 気候変動予測値における風速のバイアス補正に関する研究, 平成28年度土木学会西部支部研究発表会, 2017.03.
56. 山上澪,井手喜彦,山城賢,橋本典明, 台風モデルにより推算された風場の補正法の構築, 平成28年度土木学会西部支部研究発表会, 2017.03.
57. 一色勇志,児玉充由,井手喜彦,橋本典明, 将来気候データの台風強度に関するバイアス補正手法についての検討, 平成28年度土木学会西部支部研究発表会, 2017.03.

九大関連コンテンツ

pure2017年10月2日から、「九州大学研究者情報」を補完するデータベースとして、Elsevier社の「Pure」による研究業績の公開を開始しました。
 
 
九州大学知的財産本部「九州大学Seeds集」