九州大学 研究者情報
発表一覧
髙井 信吾(たかい しんご) データ更新日:2021.06.29

助教 /  歯学研究院 歯学部門 口腔常態制御学講座 口腔機能解析学分野


学会発表等
1. Shingo Takai, Yu Watanabe, Robert F. Margolskee, Peihua Jiang, Yuzo Ninomiya, Noriatsu Shigemura, #175 Insulin-mTOR signaling may regulate mouse taste cell generation, 18th International Symposium on Olfaction and Taste (ISOT2020), 2020.08.
2. 髙井 信吾、渡邊 雄、Robert F. Margolskee、Peihua Jiang、二ノ宮 裕三、重村 憲徳, MS1-2 オルガノイド培養系を用いた味細胞分化メカニズム解明への新たなアプローチ, 第62回 歯科基礎医学会学術大会 メインシンポジウム3 「発生から再生への挑戦」, 2020.10.
3. 髙井 信吾,Robert F. Margolskee,Peihua Jiang,二ノ宮裕三,重村 憲徳 , MS2-2 味細胞オルガノイドを用いた味細胞分化/増殖に影響を及ぼす因子の探索, 第61回歯科基礎医学会学術大会 メインシンポジウム2 「味覚の新たな方向性」, 2019.10.
4. Shingo Takai, Robert F. Margolskee, Peihua Jiang, Yuzo Ninomiya, Noriatsu Shigemura, ISP13 Insulin - mTOR signaling regulate taste bud organoid growth, The 18th International Symposium on Molecular and Neural Mechanisms of Taste and Olfactory Perception, 2019.11.
5. 髙井 信吾、Robert F. Margolskee、Peihua Jiang、二ノ宮 裕三、重村 憲徳 , P-21 マウス味細胞におけるmechanistic target of rapamycin (mTOR)の働き, 日本味と匂学会第53回大会 , 2019.09.
6. Shingo Takai, Peihua Jiang, Robert F Margolskee, Yuzo Ninomiya, Noriatsu Shigemura, The effects of insulin signaling on mouse taste bud organoid, the 9th Federation of the Asian and Oceanian Physiological Societies Congress, 2019.03.
7. Shingo Takai, Robert F. Margolskee, Peihua Jiang, Yuzo Ninomiya, Noriatsu Shigemura, The potential effects of insulin signaling on mouse taste bud organoid, The 17th International Symposium on Molecular and Neural Mechanisms of Taste and Olfactory Perception, 2018.11.
8. 髙井 信吾、Robert F. Margolskee、Peihua Jiang、二ノ宮 裕三、重村 憲徳, マウス味細胞の分化・増殖におけるインスリンの効果, 日本味と匂学会第 52回大会, 2018.10.
9. 髙井 信吾、Margolskee RF、Jiang P、二ノ宮 裕三、重村 憲徳, インスリンシグナルは味細胞の分化・増殖に関与する, 第60回歯科基礎医学会学術大会 アップデートシンポジウム4 「若手の口腔生理学研究最前線」, 2018.09.
10. Shingo Takai, Noriatsu Shigemura, Robert F. Margolskee, Yuzo Ninomiya, The insulin signaling could promote taste cell proliferation, The 16th International Symposium on Molecular and Neural Mechanisms of Taste and Olfactory Perception, 2017.11.
11. 髙井信吾、二ノ宮裕三、重村憲徳, 味細胞オルガノイドの増殖・分化に対するインスリンの効果, 日本味と匂学会 第51回大会, 2017.09.
12. 髙井信吾、二ノ宮裕三、重村憲徳, マウス味覚器に発現するインスリンレセプターは味細胞の増殖・分化に関与する, 第59回歯科基礎医学会学術大会, 2017.07.
13. Shingo Takai, Yuzo Ninomiya, Noriatsu Shigemura, 2P-071 The expression of glucose-dependent insulinotropic polypeptide receptor (GIPR) and insulin receptor (IR) in mouse taste cells, 第94回日本生理学会大会, 2017.03.
14. 1. 髙井 信吾、二ノ宮 裕三、重村 憲徳、Margolskee RF, The function of insulin and insulinotropic peptides in taste tissue, The 3rd Symposium program for Advancing Strategic International Networks to Accelerate the Circulation of Talented Researchers, 2017.02.
15. 髙井 信吾, 二ノ宮 裕三, 重村 憲徳, マウス味細胞におけるglucose-dependent insulinotropic polypeptide receptor (GIPR)の発現, 第58回歯科基礎医学会学術大会, 2016.08, 近年、 味受容体は舌上だけでなく、膵臓や腸管といった様々な臓器に発現し、腸管
吸収上皮における糖輸送体の発現量の調節や、インスリン、インクレチンといった消
化管ホルモンの分泌調節に関わっていることが示唆されている。逆に、消化管で発見
されたホルモンやレセプターが末梢味覚器にも発現しているという報告が相次いで為
されているが、詳細な分布や機能に関しては未だ多くが解明されていない。昨年、我
々は、下部腸管から分泌されるインクレチンホルモンの一つであるglucagon like pe
ptide-1 (GLP-1)が末梢味覚器において、甘味情報の伝達に関わっていることを示し
た。本研究では、同じくインクレチンホルモンの一種であり、上部腸管から分泌され
ることが知られているglucose-dependent insulinotropic polypeptide receptor (G
IP)とそのレセプター(GIPR)のマウス味蕾における発現を検証した。今回行ったRT-
PCR実験では、GIPのmRNAはマウス味覚器から検出されなかった。また、免疫組織化学
的手法の結果、舌前方部茸状乳頭味蕾、後方部有郭乳頭味蕾ともに、GIPR発現味細胞
の約7割は甘味受容体サブセットT1R3を共発現していた。一方酸味受容に関わる味細
胞のマーカーGAD67発現味細胞にはGIPRはほとんど見られなかった。以上のことから
、血中に存在するGIPは、甘味受容に何らかの影響を与えている可能性が示唆される.
16. 髙井 信吾, 重村 憲徳, 井上 真由子, 岩田 周介, 吉田 竜介, 二ノ宮 裕三, Robert F. Margolskee, Glucagon like peptide-1, sweet taste and metabolic modulation of peripheral taste information, 17th International Symposium on Olfaction and Taste (ISOT2016), 2016.07.
17. Takai S, Yasumatsu K, Iwata S, Inoue M, Yoshida R, Shigemura N, Ninomiya Y, GLP-1 may be involved in sweet specific taste transmission from taste cells to gustatory nerve fibers, The 11th International Symposium on Molecular and Neural Mechanisms of Taste and Olfactory Perception, 2013.11.
18. 髙井 信吾、安松 啓子、井上 真由子、岩田 周介、吉田 竜介、重村 憲徳、二ノ宮 裕三, 味蕾から分泌されるGLP-1は甘味特異的な情報伝達に関与する, 第4回福岡薬理・生理系研究会, 2013.12.
19. Takai S, Yasumatsu K, Iwata S, Inoue M, Yoshida R, Shigemura N, Margolskee RF, Drucker DJ, Ninomiya Y, GLP-1 may be involved in sweet specific taste transmission from taste cells to gustatory nerve fibers, 第91回生理学会大会 公募シンポジウム 「Regional variation and functional overlapping of taste sensor molecules expressed in the oral cavity, gut and brain」, 2014.03.
20. 髙井 信吾, 味蕾から分泌されるGLP-1は甘味特異的な情報伝達に関与する, 第56回歯科基礎医学会学術大会・総会 サテライトシンポジウム 「若手の口腔生理学研究最前線」, 2014.09.
21. Takai Shingo, Keiko Nakano (Yasumatsu), Shusuke Iwata, Mayuko Inoue, Ryusuke Yoshida, Noriatsu Shigemura, Yuzo Ninomiya, Glucagon like peptide-1 (GLP-1) underlies sweet taste transmission, 日本味と匂学会 第48回大会 若手の会シンポジウム「Regulation of feeding and metabolism by intentional function」, 2014.10.
22. 髙井 信吾、安松 啓子、吉田 竜介、重村 憲徳、二ノ宮 裕三, P1-56 マウス味蕾における甘味特異的なGLP-1の分泌, 第55回歯科基礎医学会学術大会・総会, 2013.09.
23. Takai S, Niki M, Kusuhara Y, Yoshida R, Ninomiya Y, P-030 An electrophysiological analysis of responses to apical and basolateral application of glutamate in mouse taste cells, 日本味と匂学会 第46回大会, 2012.10.
24. Takai S, Yasumatsu K, Niki M, Iwata S, Yoshida R, Shigemura N, Ninomiya Y , P-023 The secretion of GLP-1 from mice taste bud in response to sweet taste stimuli, 日本味と匂学会 第47回大会, 2013.09.
25. 髙井 信吾、仁木 麻由、吉田 竜介、重村 憲徳、二ノ宮 裕三, P2-128 マウス味蕾におけるインスリン分泌ホルモンの発現
, 第54回歯科基礎医学会学術大会・総会, 2012.09.

九大関連コンテンツ

pure2017年10月2日から、「九州大学研究者情報」を補完するデータベースとして、Elsevier社の「Pure」による研究業績の公開を開始しました。
 
 
九州大学知的財産本部「九州大学Seeds集」