九州大学 研究者情報
研究者情報 (研究者の方へ)入力に際してお困りですか?
基本情報 研究活動 教育活動 社会活動
髙井 信吾(たかい しんご) データ更新日:2021.06.29

助教 /  歯学研究院 歯学部門 口腔常態制御学講座 口腔機能解析学分野


主な研究テーマ
末梢味覚器に発言する消化管ホルモンとその関連分子の機能探索
キーワード:味覚 消化管ホルモン
2017.04~2019.03.
味覚情報の伝達とその調整メカニズムの解明
キーワード:味覚 生理学
2016.04~2016.04.
従事しているプロジェクト研究
頭脳循環を加速する戦略的国際研究ネットワーク推進プログラム「口腔から健康長寿を支えるプロジェクト推進に向けた研究拠点構築プログラム」
2015.05~2016.04.
研究業績
主要著書
1. Takai Shingo, Ryusuke Yoshida, Noriatsu Shigemura, Yuzo Ninomiya, CHEMOSENSORY TRANSDUCTION: DETECTION OF ODOR, TASTE AND OTHER CHEMOSTIMULI, Elsevier, Chapter 17: Peptide signaling in taste transduction
edited by Frank Zufall and Steven D. Munger, 2016.03.
主要原著論文
1. Shingo Takai, Yu Watanabe, Keisuke Sanematsu, Ryusuke Yoshida, Robert F. Margolskee, Peihua Jiang, Ikiru Atsuta, Kiyoshi Koyano, Yuzo Ninomiya, Noriatsu Shigemura, Effects of insulin signaling on mouse taste cell proliferation, PloS one, 10.1371/journal.pone.0225190, 14, 11, 2019.11, [URL], Expression of insulin and its receptor (IR) in rodent taste cells has been proposed, but exactly which types of taste cells express IR and the function of insulin signaling in taste organ have yet to be determined. In this study, we analyzed expression of IR mRNA and protein in mouse taste bud cells in vivo and explored its function ex vivo in organoids, using RT-PCR, immunohistochemistry, and quantitative PCR. In mouse taste tissue, IR was expressed broadly in taste buds, including in type II and III taste cells. With using 3-D taste bud organoids, we found insulin in the culture medium significantly decreased the number of taste cell and mRNA expression levels of many taste cell genes, including nucleoside triphosphate diphosphohydrolase-2 (NTPDase2), Tas1R3 (T1R3), gustducin, carbonic anhydrase 4 (CA4), glucose transporter-8 (GLUT8), and sodium-glucose cotransporter-1 (SGLT1) in a concentration-dependent manner. Rapamycin, an inhibitor of mechanistic target of rapamycin (mTOR) signaling, diminished insulin’s effects and increase taste cell generation. Altogether, circulating insulin might be an important regulator of taste cell growth and/or proliferation via activation of the mTOR pathway..
主要総説, 論評, 解説, 書評, 報告書等
主要学会発表等
1. 髙井 信吾, 重村 憲徳, 井上 真由子, 岩田 周介, 吉田 竜介, 二ノ宮 裕三, Robert F. Margolskee, Glucagon like peptide-1, sweet taste and metabolic modulation of peripheral taste information, 17th International Symposium on Olfaction and Taste (ISOT2016), 2016.07.
学会活動
所属学会名
歯科基礎医学会
日本生理学会
日本味と匂学会
学会大会・会議・シンポジウム等における役割
2014.02.28~2014.03.01, Kyudai Oral Bioscience (KOB) 2014 Session 2: PhD Student Session Chairperson (with Xinwen Zhang), 座長(Chairmanship).
その他の研究活動
海外渡航状況, 海外での教育研究歴
Monell Chemical Senses Center, UnitedStatesofAmerica, 2015.05~2016.04.
受賞
令和2年度がん研究助成金 入賞, 公益財団法人 ふくおか公衆衛生推進機構 , 2021.02.
第49回日本味と匂学会論文賞, 日本味と匂学会, 2015.10.
第55回歯科基礎医学会学術大会優秀ポスター発表賞受賞 , 歯科基礎医学会, 2013.09.
研究資金
科学研究費補助金の採択状況(文部科学省、日本学術振興会)
2020年度~2021年度, 若手研究, 代表, 味蕾オルガノイドを用いた味細胞極性獲得メカニズムの解明.
2017年度~2019年度, 若手研究(B), 代表, 末梢味覚器におけるインスリンシグナルの機能の解明.
2012年度~2014年度, 特別研究員奨励費, 代表, インスリン分泌ホルモンによる甘味特異的な情報伝達メカニズムの解明.
2015年度~2016年度, 研究活動スタート支援, 代表, 味細胞と腸管内分泌細胞に共通する甘味受容メカニズムに関する研究.
競争的資金(受託研究を含む)の採択状況
2021年度~2022年度, 公益財団法人 ふくおか公衆衛生推進機構、令和2年度がん研究助成金, 代表, 「ヒアルロン酸シグナリングに着目したがん治療に伴う味覚障害治療法の創出」.
2021年度~2023年度, 公益財団法人 内藤記念科学振興財団、2020年度 内藤財団次世代育成支援研究助成金, 代表, 「新規味蕾オルガノイドを用いた味覚器の機能的・解剖学的極性獲得機構の解明」.
学内資金・基金等への採択状況
2020年度~2020年度, 令和2年度 研究活動基礎支援制度「国際学会派遣支援」(第1回), 代表, ISOT2020参加・発表(コロナウイルス感染症の影響で学会が中止になったため辞退).

九大関連コンテンツ

pure2017年10月2日から、「九州大学研究者情報」を補完するデータベースとして、Elsevier社の「Pure」による研究業績の公開を開始しました。
 
 
九州大学知的財産本部「九州大学Seeds集」