九州大学 研究者情報
発表一覧
太田 耕平(おおた こうへい) データ更新日:2021.06.24

准教授 /  農学研究院 資源生物科学部門


学会発表等
1. 伊藤晃輔, 大賀浩史, 松森皇士郎, 木村龍人, 太田耕平, 松山倫也, マサバの生殖内分泌軸におけるレプチンの機能, 日本水産学会九州支部大会, 2021.01.
2. 立山和樹,三留夏野子, Chakraborty Tapas, 松山倫也, 長濱嘉孝, 太田耕平 , 性転換魚ホシササノハベラの生殖腺における 2 種の幹細胞 , 日本水産学会九州支部大会, 2021.01.
3. 宇野 真, Chakraborty Tapas, 北野 載, 太田耕平,松山倫也, カタクチイワシの生殖腺刺激ホルモンに関する 基盤情報整備, 日本水産学会九州支部大会, 2021.01.
4. 八尋逸清,Chakraborty Tapas, 太田耕平, 松山倫也, カタクチイワシを用いた不妊化技術の開発, 日本水産学会九州支部大会, 2021.01.
5. 甲斐公士.坂口圭史.太田耕平.松山倫也, 新奇モデル生物カタクチイワシを利用した海産養殖魚不妊化技術の開発, 日本水産増殖学会第18回大会, 2019.11.
6. Sipra Mohapatra, Tapas Chakraborty, Kohei Ohta., Sex and sex steroids are eminent regulators of fish autophagy, 10th International conference on Fisheries & Aquaculture, 2019.09.
7. Tapas Chakraborty, Sipra Mohapatra, Sonoko Shimizu, Takahiro Matsubara, Kiyoshi Naruse, Kohei Ohta., Comparative transcriptomics and Edwardsiellosis detection in fish: a study using medaka and Red Sea bream, 10th International conference on Fisheries & Aquaculture, 2019.09.
8. Satoshi Kai, Keishi Sakaguchi, Kohei Ohta, Michiya Matsuyama, Luteinizing hormone β-subunit gene knockout in Japanese anchovy (Engraulis japonicas ) by TALEN-based genome editing., Marine Biotechnology Conference 2019, 2019.09.
9. 伊藤晃輔, 大賀浩史, 松森皇士郎, 太田耕平, 松山倫也, マサバレプチンの生体投与が生殖内分泌軸に与える影響, 令和元年度 日本水産学会秋季大会, 2019.09.
10. 太田耕平, 性転換魚ホシササノハベラをモデルに解析する性的可塑性のメカニズム, 第41回日本分子生物学会年会, 2018.11, 第41回日本分子生物学会(2018年11月28-30日)において招待講演を行い、魚類の性転換と生殖腺の性的可塑性のメカニズムについて、エピジェネティクス機構を含めた最新の研究成果を紹介した。.
11. 三留夏野子・藤田順・Chakraborty Tapas・Sipra Mohapatra・松山倫也・長濱嘉孝・ 太田耕平, 性転換魚ホシササノハベラにおける生殖幹細胞の探索, 平成30年度日本水産学会秋季大会 , 2018.09.
12. Kohei Ohta, Kanoko Mitome, Jun Fujita, Tapas Chakraborty, Sipra Mohapatra, Michiya Matsuyama, Yoshitaka Nagahama, Germline stem cells in the sex changing fish, Pseudolabrus sieboldi, Yanagimachi 90th Birthday Symposium, 2018.08.
13. Tapas Chakraborty, Sipra Mohapatra, T. Matsubara, K. Ohta, Y. Nagahama, Sexual spectrum of germline stem cells in fish, International Symposium on Reproductive Physiology of Fish (ISRPF), 2018.06.
14. Sipra Mohapatra, Tapas Chakraborty, D. Pandey, T. Matsubara, K. Ohta, Exploring the potentiality of autophagy in fish fertility, International Symposium on Reproductive Physiology of Fish (ISRPF), 2018.06.
15. Tapas Chakraborty, Sipra Mohapatra, S. Shimizu, K. Ohta, Y. Nagahama, Hatching enzymes and aberrant gonadal degeneration in fish, International Symposium on Recent Advances in Comparative Endocrinology (ISRACE 2017), 2017.11.
16. Sipra Mohapatra, Tapas Chakraborty, S. Shimizu, T. Matsubara, K. Ohta, Gender biasedness in autophagy: From a fish perspective, International Symposium on Recent Advances in Comparative Endocrinology (ISRACE 2017), 2017.11.
17. 太田耕平, 魚類の性転換と生殖腺における性的可塑性, 日本動物学会・九州沖縄植物学会・日本生態学会 合同福岡例会, 2017.12.
18. 岡本渉・服部純也・齋藤類・太田耕平・松原孝博・武岡英隆・清水園子, 赤潮発生予測を目指した有害赤潮プランクトンの挙動解析, 日本水産増殖学会大会第16回大会, 2017.11.
19. Mohammad Ali Noman Reza, Tapas Chakraborty, Sipra Mohapatra, Shogo Harakawa, Hidemasa Kawakami, Takahiro Matsubara, Kohei Ohta, Sonoko Shimizu, Characterization of complement system association in stress responsiveimmunity modulation in red sea bream, Pagrus major, 日本水産増殖学会大会第16回大会, 2017.11.
20. 服部純也・岡本渉・齋藤類・太田耕平・松原孝博・武岡英隆・清水園子, 魚病早期検出のための海水中病原体の挙動解析, 日本水産増殖学会大会第16回大会, 2017.11.
21. 松本真依・Sipra Mohapatra・Tapas Chakraborty・川上秀昌・原川翔悟・Reza Mohammad Ali Noman・太田耕平・松原孝博・清水園子, マダイのエドワジエラ症感染早期検出技術の開発, 日本水産増殖学会大会第16回大会, 2017.11.
22. 澤山英太郎・北村真一・仲山慶・ 太田耕平・岡本裕之・尾崎照遵・ 高木基裕, マーカー補助選抜法による養殖マダイのマダイイリドウイルス耐性系 統の開発と実用化, 日本水産増殖学会大会第16回大会, 2017.11.
23. 原川翔悟・川上秀昌・清水園子・太田耕平, Edwardsiella tarda の早期検出法および海水中の動態, 平成29 年度日本魚病学会秋季大会, 2017.09.
24. 太田 耕平, 魚類の性転換から養殖現場ニーズに関する研究まで, 2017年度海洋若手研究集会, 2017.09.
25. Eitaro Sawayama, Shiho Tanizawa, Shin-Ichi Kitamura, Kei Nakayama, Kohei Ohta, Akiyuki Ozaki, Hiroyuki Okamoto and Motohiro Takagi, A robust male broodstock individual of red sea bream (Pagrus major ) resistant to RSIVD: genetic dissection and application for marker-assisted breeding, International Symposium “Fisheries Science for the Future Generations” , 2017.09.
26. Hirofumi Ohga, Fumiko Akase, Akihiko Yamaguchi, Kohei Ohta and Michiya Matsuyama, Molecular characterization and agonistic activities of KISS1 core peptides in scombroidfish family, International Symposium “Fisheries Science for the Future Generations” , 2017.09.
27. Koki Shibata, Hirofumi Ohga, Naoki Nagano, Keishi Sakaguchi, Hajime Kitano, Kohei Ohta, Satoru Kuhara, Kousuke Tashiro, Sangwan Kim, Tetushi Sakuma, Takashi Yamamoto, Koichiro Gen, Atsushi Fujiwara, Yukinori Kazeto, Takanori Kobayashi and Michiya Matsuyama, Development of genome editing technology in chub mackerel, Scomber japonicus and knockout of aVTR-V1a2 by TALEN, International Symposium “Fisheries Science for the Future Generations”, 2017.09.
28. Jun Fujita J, Tapas C, Sipra M, Kurita K, Ryu YW, Matsubara T, Nagahama Y, Ohta K., Sex specific expressions of oct4 (pou5f1) gene in gonadal germ cells of the hermaphrodite wrasse Pseudolabrus sieboldi and the Japanese anchovy Engraulis japonicus (gonochorism), International Symposium “Fisheries Science for the Future Generations”, 2017.09.
29. Tapas Chakraborty, Sipra Mohapatra, K. Ohta, Y. Nagahama, Sexual plasticity and germ line stem cells in adult teleosts, 18th International Congress of Comparative Endocrinology (ICCE), 2017.06.
30. Sipra Mohapatra, T. Chakraborty, S. Shimizu, K. Ohta, Estrogen receptors: Major players in sex-biased regulation of autophagy in fish, 18th International Congress of Comparative Endocrinology (ICCE), 2017.06.
31. 澤山英太郎・北村真一・仲山 慶・太田耕平・尾崎照遵・高木基裕, マダイのRSIVD耐性遺伝子座の探索, 平成29年度日本水産学会春季大会, 2017.03.
32. 太田 耕平, K. mikimotoi の早期検出および防除技術, 瀬戸内海研究フォーラムin愛媛, 2016.09.
33. Tapas Chakraborty, Sipra Mohapatra, K. Ohta, Y. Nagahama, Germ line stem cells and sexual plasticity in medaka, Oryzias latipes, 8th International Symposium on Fish Endocrinology (ISFE), 2016.07.
34. 松元美里・太田耕平・佐藤克久・上村智子・染谷孝・上野大介, におい嗅ぎGC(GC-O)およびにおい成分データベースを用いた海産魚の異臭原因物質の特定 第2報, 第26回環境化学討論会, 2016.06.
35. 大久保信幸, 外丸裕司, 山口晴生, 太田 耕平, 松原孝博, 持田和彦, 魚類鰓の培養細胞を用いた赤潮藻の毒性評価法の開発, 平成28年度日本水産学会春季大会, 2016.03.
36. 伊藤克敏, 羽野健志, 伊藤真奈, 太田 耕平, 河野久美子, 大久保信幸, 持田和彦, 汚染耐性生物を用いた底質浄化に関する研究-有機汚濁耐性生物は化学物質に耐性を持つのか?, 平成28年度日本水産学会春季大会, 2016.03.
37. 清水園子, 安藤顕人, 岡本拓也, 太田 耕平, 黒田久泰, 樋上喜信, 遠藤慶一, 入野和朗, 吉田則彦, 浦崎慎太郎, 松原孝博, 小林真也, 双方向通信を利用した赤潮のための『水産コミュニケーションシステム』開発に関する研究, 平成28年度日本水産学会春季大会, 2016.03.
38. 早川嵩人, 河田遼子, Dipak Pandey, 斎藤大樹, 後藤理恵, 柳 蓉沄, 太田 耕平, 山内晧平, 長濱嘉孝, 松原孝博, 南予地域の養殖環境下におけるスマの成長と成熟, 平成28年度日本水産学会春季大会, 2016.03.
39. Mohapatra, S, Chakraborty, T, Shimizu, S, Matsubara, T, Nagahama, Y, Ohta, K, BENEFITS OF STARVATION IN DISEASE MANAGEMENT IN RED SEA BREAM Pagrus major AQUACULTURE, Aquaculture 2016 - World Aquaculture Society Meetings, 2016.02.
40. Mohapatra, S, Chakraborty, T, Shimizu, S, Matsubara, T, Nagahama, Y, Ohta, K, AUTOPHAGY AND STARVATION: A MANAGERIAL MINE FOR SUSTAINABLE AQUACULTURE, Aquaculture 2016 - World Aquaculture Society Meetings, 2016.02.
41. 藤田 順, Tapas Chakraborty, Sipra Mohapatra, 栗田加代子, 柳 蓉沄, 松原孝博, 長濱嘉孝, 太田 耕平, カタクチイワシの生殖細胞におけるoct4 遺伝子の性特異的発現, 平成27年度日本水産学会秋季大会, 2015.09.
42. 清水園子, 田中俊也, 浦崎慎太郎, 佃淳平, 松枝直人, 松原孝博, 太田 耕平, 赤潮・魚病対策としての“愛南モデル”養殖環境情報システム, 平成26年度日本水産学会秋季大会, 2014.09.
43. 北川雄也, 向井幸樹, 田中俊也, 清水園子, 浦崎慎太郎, 久米洋, 永江彬, 松山幸彦, 松原孝博, 太田 耕平, 赤潮毒性評価および魚類斃死機構解明のための実験モデルの構築, 平成26年度日本水産学会秋季大会, 2014.09.
44. 向井幸樹, 鎌田翔太, 清水園子, 中田知公, 浦崎慎太郎, 宮村和良, 小泉喜嗣, 松原孝博, 本城凡夫, 太田 耕平, 漁場底質における有害プランクトン遺伝子の定量とCochlodinium polykrikoides遺伝子の挙動, 平成26年度日本水産学会秋季大会, 2014.09.
45. Mohapatra S, Chakraborty T, Shimizu S, Urasaki S, Ohta K, Matsubara T, Nagahama Y, Starvation: An Eco-Prophylactic measure against bacterial infection in Red seabream, Pagrus major(養殖マダイの生体防御に関わる絶食効果), 平成26年度日本水産学会秋季大会, 2014.09.
46. 田中俊也, 浦﨑慎太郎, 山下亜純, 松原孝博, 太田耕平, 清水園子, 養殖漁場における魚病ハザードマップの構築, 平成26年度日本水産学会秋季大会, 2014.09.
47. 鎌田幸介, Sipra Mohapatra, 清水園子, 浦崎慎太郎, 松原孝博, 太田耕平, 養殖魚の赤潮・魚病に対する絶食効果, 平成26年度日本水産学会秋季大会, 2014.09.
48. 伊藤克敏, 太田耕平, 大久保信幸, 羽野健志, 伊藤真奈, 隠塚俊満, 三浦猛, 持田和彦, 健全底質の移設による底質浄化法の現場適応に向けた検討, 平成26年度日本水産学会秋季大会, 2014.09.
49. 後藤理恵, 松原孝博, 柳蓉沄, 太田耕平, 大野祥司郎, 山内晧平, 長濱嘉孝, スマ完全養殖技術開発のための成長、産卵特性の把握, 平成26年度日本水産学会秋季大会, 2014.09.
50. 高部由季, 中尾浩則, 西岡将, 横川太一, 浜崎恒二, 太田耕平, 鈴木聡, 宇和海における酸素非発生型好気性光合成細菌の生態3: マダイ養殖場での現存量と多様性変化, 2014年度日本海洋学会春季大会, 2013.09.
51. 伊藤克敏, 羽野健志, 伊藤真奈, 隠塚俊満, 大久保信幸, 持田和彦, 藤井一則, 太田耕平, 三浦猛, 次世代シーケンサーを用いた海産ミミズが有する汚染底質浄化メカニズムの解析, 第19回日本環境毒性学会, 2013.09.
52. 清水園子, 浦崎慎太郎, 松原孝博, 太田耕平, 養殖海域における有害プランクトン4種の高感度モニタリング, 平成25年度日本水産学会春季大会, 2013.04.
53. 柳蓉沄, 田中真誠, 石田大二, 後藤理恵, 太田耕平, 松原孝博, カツオ一本釣用カタクチイワシ(Engraulis japonica)養殖基盤のための成長と変態特性の解明, 平成25年度日本水産学会春季大会, 2013.03.
54. 伊藤克敏, 伊藤真奈, 隠塚俊満, 太田耕平, 三浦猛, 羽野健志, 持田和彦, 藤井一則, 4種の環形動物を用いた汚染底質浄化試, 平成24年度日本水産学会春季大会, 2012.03.
55. 太田耕平, 浦崎慎太郎, 清水園子, 井戸篤史, 三浦智恵美, 松原孝博, 三浦猛, 愛媛県愛南町海域における有害プランクトン早期検知システム, 平成23年度日本水産学会秋季大会, 2011.10.
56. 太田耕平, 山本みゆき, Yanling Lin, Nathanael Hogg, 秋山治彦, Richard R. Behringer, 山崎由起子, マウス胎仔期セルトリ細胞は時期特異的に始原生殖細胞(PGCs)を雄性化する, 日本動物学会第82回旭川大会, 2011.09.
57. 太田耕平, 松山倫也, 長濱嘉孝, ホシササノハベラ生殖腺の性転換に伴うステロイド代謝酵素および性分化関連因子の遺伝子発現変動, 平成23年度日本水産学会秋季大会, 2011.09.
58. Yamazaki Y, Yamamoto M, Lin Y, Hogg N, Akiyama H, Behringer, R.R, Ohta, K, Male differentiation of primordial germ cells (PGCs) induced by stage-specific pre-Sertoli cells in mice., Society for Developmental Biology 2011 West Coast Regional Meeting, 2011.04.
59. 伊藤克敏, 伊藤真奈, 持田和彦, 隠塚俊満, 太田耕平, 三浦猛, 藤井一則, 多毛類の海洋底質汚染物質浄化に係わる物質代謝機構の解明, 平成22年度日本生態学会大会, 2011.03.
60. 三浦智恵美, 伊藤克敏, 上田祐輔, 太田加代子, 岩井俊治, 浦崎慎太郎, 山本正文, 太田耕平, 三浦猛, オニヒトデのマダイの成長および免疫機能に対する効果, 平成22年度日本水産学会秋季大会, 2010.09.
61. Ohta, K, Yamamoto M, Lin Y, Hogg N, Akiyama H, Behringer, R.R, Yamazaki Y, Masculinization of primordial germ cells (PGCs) induced by stage-specific pre-Sertoli cells in mice., 43th Annual Meeting of the Society for the Study of Reproduction, 2010.08.
62. 太田耕平, 魚類の性転換研究のためのモデル種構築とその生理・分子機構, 平成21年度日本水産学会春季大会, 2009.03.
63. Ohta, K, Sakai, F., Kitano,T, Yamaguchi, A, Nakamura, M, Matsuyama, M, Nagahama, Y, In vivo and in vitro studies of bidirectional sex change in the gonads of the hermaphrodite wrasse., International Symposium on Sex Determination and gametogenesis in Fish, 2008.06.
64. 太田耕平, 酒井章衣, 中村 將, 松山倫也, 長濱嘉孝, ホシササノハベラ生殖腺の器官培養および初代細胞培養と双方向性転換に関わるステロイド代謝酵素遺伝子の発現解析, 平成18年度日本水産学会大会, 2006.04.
65. Ohta, K, Sakai, F, Yamaguchi,A, Matsuyama, M, Nagahama, Y, In vitro gonadal sex change controlled by the sex steroid hormones in the hermaphrodite fish, Psedolabrus sieboldi., 4th International Symposium on the Biology of Vertebrate Sex Determination, 2006.04.
66. 太田耕平, J. K. Sundaray, 北野健, 柴田安司, 松田勝, 小林亭, 山口 明彦, 松山倫也, 長濱嘉孝, 性ステロイドホルモンによるホシササノハベラの双方向性転換と17β-HSD遺伝子の雌雄特異的な発現, 平成17年度日本水産学会大会, 2005.04.
67. 太田耕平, 生殖生理. シンポジウム「ブリ:その資源・生産・消費」, 平成17年度日本水産学会大会, 2005.04.
68. Ohta, K, Sundaray, J.K., Kitano, T, Shibata, Y, Matsuda, M, Yamaguchi, A, Matsuyama, M, Nagahama, Y, Involvement of 17β-hydroxysteroid dehydrogenase in the sex change of a protogynous wrasse, Pseudolabrus sieboldi., 15th International Congress of Comparative Endocrinology, 2005.04.
69. 太田耕平, 坂井雅巳, J. K. Sundaray, 山口 明彦, 松山倫也, 長濱嘉孝, ステロイドホルモン投与によるホシササノハベラの双方向性転換の誘導, 平成16年度日本魚類学会年会, 2004.09.
70. Ohta, K, Sakai, M, Sundaray, J.K, Yamaguchi, A, Matsuyama. M, Bi-directional sex change induced by the implantation of steroid hormones in the protogynous wrasse (Pseudolabrus sieboldi)., 5th International Symposium on Fish Endocrinology, 2004.09.
71. Ohta, K, Yoshino, Y, Tanioka, S, Hirai, T, Yamaguchi, A, Matsuyama, M, Sexually dimorphic expression of pituitary glycoprotein hormone subunit genes in the protogynous wrasse (Pseudolabrus sieboldi)., 5th International Symposium on Fish Endocrinology, 2004.09.
72. Ohta, K, Sakai, M, Sundaray, J.K, Yamaguchi, A, Matsuyama., M, Induction of bi-directional sex change by steroid hormones in the protogynous wrasse Pseudolabrus sieboldi., Satellite Meeting of ICRS2004 “Sex allocation and sexual conflict in coral reef organisms”, 2004.07.
73. Ohta, K, Yamaguchi, A, Matsuyama, M, Sexually dimorphic expression of FSH-β and LH-β subunit genes during the daily spawning cycle in the protpgynous wrasse, Pseudolabrus sieboldi., 5th Congress of AOSCE in Conjunction with the Annual meeting of JSCE, 2004.04.
74. 太田耕平, 沖田智樹, 坂井雅巳, 山口 明彦, 竹田達右, 松山倫也, ホシササノハベラのTP雄からIP雌への逆方向性転換, 平成15年度日本魚類学会年会, 2003.10.
75. Ohta, K, Sundaray, J.K, Okida, T, Sakai, M, Kitano, T, Yamaguchi, A, Matsuyama, M, Bi-directional sex change and its steroidogenesis in the wrasse, Pseudolabrus sieboldi., 7th International Symposium on Reproductive Physiology of Fish, 2003.05.
76. 太田耕平, J. K. Sundaray, 坂井雅巳, 山口 明彦, 北野健, 鈴木桂子, 松山倫也, ホシササノハベラ雌雄生殖腺のステロイド合成経路および性転換における17β-HSDの機能, 平成15年度日本水産学会大会, 2003.04.
77. 太田耕平, J. K. Sundaray, 三根崇幸, 山口 明彦, 竹田達右, 松山倫也, ホシササノハベラの性転換の季節性および体色変化の定量化, 平成15年度日本水産学会大会, 2003.04.
78. 太田耕平, J. K. Sundaray, 三根崇幸, 山口 明彦, 松山倫也, 雌性先熟魚ホシササノハベラの雌雄における配偶子形成リズムとそれに関わるステロイドホルモンの分泌リズム, 平成14年度日本比較内分泌学会大会, 2002.11.
79. 太田耕平, 平野真弓, 三根崇幸, 水谷宏, 山口 明彦, 松山倫也, ホシササノハベラ(Pseudolabrus sieboldi)の性転換にともなう体色変化と性ステロイドホルモン, 平成14年度日本魚類学会年会, 2002.10.
80. 太田耕平, 山口園子, 山口 明彦, 奥沢公一, 玄浩一郎, 香川浩彦, 松山倫也, マダイの卵濾胞における性ステロイドホルモンの合成経路, 平成14年度日本水産学会大会, 2002.04.
81. Ohta, K, Rahman, M.A., Chuda, H, Yoshikuni, M, Nagahama, Y, Matsuyama, M, Maturation-inducing hormone and its membrane receptor in gonads of Japanese yellowtail, Seriola quinqueradiata., International Commemorative Symposium, 70th Anniversary of JSFS, 2001.10.
82. 太田耕平, M.A.Rahman, 中田久, 吉国通庸, 長濱嘉孝, 松山倫也, ブリ卵巣における卵成熟誘起ホルモン受容体の形成とその生理学的特性, 平成12年度日本水産学会秋季大会, 2000.09.
83. 太田耕平, 松山倫也, ホシササノハベラの卵成熟誘起ホルモン(MIH)合成経路, 平成11年度日本水産学会秋季大会, 1999.09.
84. 太田耕平, 森田純人, 佐々木彩音, 松山倫也, ササノハベラの卵成熟誘起ホルモン(MIH), 平成8年度日本水産学会秋季大会, 1996.10.

九大関連コンテンツ

pure2017年10月2日から、「九州大学研究者情報」を補完するデータベースとして、Elsevier社の「Pure」による研究業績の公開を開始しました。
 
 
九州大学知的財産本部「九州大学Seeds集」