九州大学 研究者情報
研究者情報 (研究者の方へ)入力に際してお困りですか?
基本情報 研究活動 教育活動 社会活動 病院臨床活動
北村 宜之(きたむら よしゆき) データ更新日:2021.07.19



主な研究テーマ
統計解析手法を用いた骨SPECT/CT定量評価
キーワード:SPECT、骨疾患、定量評価、統計解析手法
2019.04~2022.03.
18F-NaF PETによる前立腺癌骨転移の治療効果予測法の確立
キーワード:転移性骨腫瘍に対する18F-NaFの有用性
2017.02~2020.04.
研究業績
主要原著論文
1. Kitamura Yoshiyuki, Baba Shingo, Isoda Takuro, Maruoka Yasuhiro, Sasaki Masayuki, Kamitani Takeshi, Koga Yuhki, Kawakubo Naonori, Matsuura Toshiharu, Ishigami Kousei, I-123 metaiodobenzylguanidine (MIBG) uptake predicts early relapse of neuroblastoma using semi-quantitative SPECT/CT analysis, ANNALS OF NUCLEAR MEDICINE, 10.1007/s12149-021-01595-7, 35, 5, 549-556, 2021.05.
主要学会発表等
研究資金
科学研究費補助金の採択状況(文部科学省、日本学術振興会)
2017年度~2019年度, 基盤研究(C), 代表, 18F-NaF PETによる前立腺癌骨転移の治療効果予測法の確立.

九大関連コンテンツ

pure2017年10月2日から、「九州大学研究者情報」を補完するデータベースとして、Elsevier社の「Pure」による研究業績の公開を開始しました。
 
 
九州大学知的財産本部「九州大学Seeds集」