九州大学 研究者情報
研究者情報 (研究者の方へ)入力に際してお困りですか?
基本情報 研究活動 教育活動 社会活動
南部 恭広(なんぶ やすひろ) データ更新日:2020.07.17



主な研究テーマ
歴史的組積造建築物の耐震性能評価に関する研究
キーワード:歴史的組積造建築物,煉瓦造建築物,耐震性能評価
2017.04~2019.03.
伝統木造住宅における構造的特徴の地域性に関する研究
キーワード:伝統木造住宅,耐震性能評価,地域特性
2012.06~2019.03.
従事しているプロジェクト研究
熊本地震による阿蘇市の長周期地震動の成因解明と建物群の地震応答評価
2017.04~2020.03, 代表者:神野達夫, 九州大学.
伝統木造住宅のレジリエンス飛躍的向上に資する地震対策レシピ
2019.04~2024.03, 代表者:林康裕, 京都大学.
研究業績
主要原著論文
1. 南部 恭広, 守屋 友貴, 杉野 未奈, 渡辺 千明, 林 康裕, 三重県関町における伝統木造住宅の現地調査と耐震性能評価, 日本建築学会技術報告集, 10.3130/aijt.23.129, 23, 53, 129-134, 2017.02, [URL], This paper reports the results of evaluation on seismic performance of traditional wooden houses in Seki, where damage caused by future earthquakes is concerned, based on structural investigation. Our conclusions are as follows. a) There are many houses that have complex plan and structure. b) Yield base shear coefficients in ridge direction is small. Moreover, we find houses that falls below the value of 0.1 because the weights of house are heavy and there is no wall adequately in the first floor. c) We confirm termite damages at a rate of around 30 % of the target houses..
2. 南部恭広, 杉野未奈, 小林素直, 多幾山法子, 渡辺千明, 林 康裕, 奈良県五條新町における伝統木造住宅の現地調査と耐震性能評価, 日本建築学会構造工学論文集, 62B, 251-258, 2016.03.
3. 南部 恭広, 横部 達也, 多幾山 法子, 渡辺 千明, 林 康裕, 和歌山県湯浅町における伝統木造家屋の耐震性評価, 日本建築学会技術報告集, 10.3130/aijt.19.909, 19, 43, 909-912, 2013.10, [URL], The Yuasa-cho in Wakayama prefecture, which will be one of the most heavily damaged area in the next Nankai earthquake, is selected to consider how to reduce the earthquake damage of traditional wooden houses in the important district of groups of historic buildings. Seismic performance of 10 houses is evaluated based on microtremor measurements and structural characteristics investigation. As results, yield base shear coefficient of large houses with large hanging walls is about 0.2 and such houses may collapse at the maximum shear deformation angle of 1/25..
4. 南部 恭広, 焦 鍵, 多幾山 法子, 渡辺 千明, 林 康裕, 伝統木造住宅における構造的特徴の地域性, 構造工学論文集. B, 59, 585-592, 2013.03.
5. 南部 恭広, 多幾山 法子, 林 康裕, 歴史的煉瓦造建築物の耐震補強前後における煉瓦壁の面外方向振動特性変化, 日本建築学会技術報告集, 10.3130/aijt.19.165, 19, 41, 165-168, 2012.10, [URL], We report the changes in out-of-plane vibration characteristics due to the seismic retrofit of historic masonry buildings based on the result of microtremor measurement. Major findings from the research are as follows; (1) Natural frequencies increase nearly 1.1 to 1.9 times by reinforcement. And, the increasing rate of natural frequency becomes smaller as it becomes high order. (2) Using steel frame for reinforcement, out-of-plane deformation of masonry wall is restrained. And, using shear wall, it is restrained greatly. (3) 1st damping factor doesn't change remarkable by reinforcement..
主要学会発表等
学会活動
所属学会名
日本建築学会
学協会役員等への就任
2018.04~2020.04, 日本建築学会九州支部構造委員会, 幹事.
学会大会・会議・シンポジウム等における役割
2019.03.03~2019.03.03, 日本建築学会九州支部研究報告, 司会.
受賞
2018年度日本建築学会大会学術講演木質構造部門優秀発表賞, 日本建築学会, 2018.09.
工学研究科馬詰研究奨励賞, 京都大学, 2014.05.
研究資金
科学研究費補助金の採択状況(文部科学省、日本学術振興会)
2019年度~2023年度, 基盤研究(A), 分担, 伝統木造住宅のレジリエンス飛躍的向上に資する地震対策レシピ.
2017年度~2019年度, 基盤研究(B), 分担, 熊本地震による阿蘇市の長周期地震動の成因解明と建物群の地震応答評価.
2017年度~2018年度, 研究活動スタート支援, 代表, 常時微動計測に基づく伝統木造住宅における振動特性の長期的変化.
日本学術振興会への採択状況(科学研究費補助金以外)
2014年度~2017年度, 特別研究員, 代表, 伝統木造住宅の構法仕様の地域性を反映可能な力学モデルの構築に関する研究.

九大関連コンテンツ

pure2017年10月2日から、「九州大学研究者情報」を補完するデータベースとして、Elsevier社の「Pure」による研究業績の公開を開始しました。
 
 
九州大学知的財産本部「九州大学Seeds集」