九州大学 研究者情報
研究者情報 (研究者の方へ)入力に際してお困りですか?
基本情報 研究活動 教育活動
赤松 寛文(あかまつ ひろふみ) データ更新日:2020.06.30

准教授 /  工学研究院 応用化学部門 応用無機化学研究室


教育活動概要
基幹教育として、原子の構造や電子の状態を取り扱う無機物質化学に関する講義を行う。
学部教育として、結晶構造、結晶中の欠陥、状態図などを範囲とした無機固体化学に関する講義を行う。
国際コースで英語による無機化学の講義を行う。
また大学院教育としてセラミックス工学に関する講義を行う。
また、無機電子材料、具体的には酸化物強誘電体・磁性体・電子伝導材料等に関する実験・理論的研究活動、学会・学術誌での研究成果報告などを通じて、学部・大学院生の教育を行う。
担当授業科目
2020年度・前期, Experiment in Applied Chemistry II.

2020年度・前期, セラミック工学.

2020年度・夏学期, 物理化学第三.

2020年度・前期, Inorganic Chemistry I.

2020年度・前期, 無機物質化学.

2019年度・後期, 学術英語3.

2019年度・後期, 物質科学工学実験第一.

2019年度・後期, 物質科学工学実験第三.

2019年度・秋学期, 無機化学第三.

2019年度・前期, Inorganic Chemistry A.

2019年度・前期, 無機物質化学.

2019年度・夏学期, 物理化学第三.

2018年度・前期, Inorganic Chemistry A.

2018年度・前期, 無機物質化学.

2018年度・前期, セラミック工学.

2018年度・前期, セラミック材料物性学.

2018年度・前期, 無機化学第三.

2018年度・前期, 物理化学第三.

2018年度・後期, セラミック材料物性学.

2018年度・後期, Materials Properties of Ceramics.

2018年度・後期, セラミック材料物性学.

2017年度・前期, 無機化学第三.

2017年度・前期, Inorganic Chemistry A.

2017年度・後期, 課題協学.

2017年度・前期, 物理化学第三.

ファカルティディベロップメントへの参加状況
2020.04, 参加, Moodleを利用したe-Learning実例報告(九州大学電気情報において).

2017.04, 参加, 平成29年度第1回全学FD(新任教員の研修).

2017.04, 参加, 課題協学科目担当教員FD.

2018.01, 参加, M2B(みつば)学習支援システム講習会および研究分析ツール「SciVal」及び研究者プロファイリングツール「Pure」に関する説明会(応用編).

他大学・他機関等の客員・兼任・非常勤講師等
2020年度, 東京工業大学, 客員教員, 国内.

2019年度, 東京工業大学, 客員教員, 国内.

2018年度, 東京工業大学, 客員教員, 国内.

2017年度, 東京工業大学, 客員教員, 国内.


九大関連コンテンツ

pure2017年10月2日から、「九州大学研究者情報」を補完するデータベースとして、Elsevier社の「Pure」による研究業績の公開を開始しました。
 
 
九州大学知的財産本部「九州大学Seeds集」