九州大学 研究者情報
研究者情報 (研究者の方へ)入力に際してお困りですか?
基本情報 研究活動 教育活動 社会活動
加地 範匡(かじ のりただ) データ更新日:2020.06.15



主な研究テーマ
Life-on-a-Chipによる新世代分析化学の創製
キーワード:分析化学、マイクロ・ナノバイオ計測化学、ライフオンアチップ、マイクロ流体、ラボオンアチップ、ナノバイオテクノロジー、環境分析
2018.01~2022.12.
研究業績
主要著書
主要原著論文
主要総説, 論評, 解説, 書評, 報告書等
主要学会発表等
学会活動
所属学会名
日本薬学会
クロマトグラフィー科学会
化学とマイクロ・ナノシステム学会
アメリカ化学会
日本化学会
日本分析化学会
学協会役員等への就任
2019.04~2020.03, 日本分析化学会九州支部, 副支部長.
学会大会・会議・シンポジウム等における役割
2019.05.18~2019.05.19, 第79回分析化学討論会, 実行委員会委員.
学会誌・雑誌・著書の編集への参加状況
2018.04~2019.03, Separation Science Plus, 国際, International Advisory Board.
学術論文等の審査
年度 外国語雑誌査読論文数 日本語雑誌査読論文数 国際会議録査読論文数 国内会議録査読論文数 合計
2019年度 25    25 
2018年度 18  92    111 
研究資金
科学研究費補助金の採択状況(文部科学省、日本学術振興会)
2019年度~2022年度, 国際共同研究強化(B), 代表, 国際連携によるハイブリッドエクソソーム創製に向けたコンバージェンス研究の展開.
2020年度~2021年度, 新学術領域研究, 代表, 酵素活性に着目した分子夾雑系定量法の開発.
2018年度~2019年度, 新学術領域研究, 代表, 酵素活性に着目した分子夾雑系定量法の開発.
科学研究費補助金の採択状況(文部科学省、日本学術振興会以外)
2018年度~2018年度, 革新的研究開発推進プログラムImPACT(内閣府), 分担, 大気中からの物質捕捉・濃縮デバイスの実証評価と最適化研究.
2016年度~2019年度, さきがけ(国立研究開発法人科学技術振興機構), 代表, 1細胞パルペーションデバイスの創製.
寄附金の受入状況
2019年度, 東芝デバイス&ストレージ(株)学術奨励制度.

九大関連コンテンツ

pure2017年10月2日から、「九州大学研究者情報」を補完するデータベースとして、Elsevier社の「Pure」による研究業績の公開を開始しました。
 
 
九州大学知的財産本部「九州大学Seeds集」