九州大学 研究者情報
研究者情報 (研究者の方へ)入力に際してお困りですか?
基本情報 研究活動 教育活動 社会活動
分山 達也(わけやま たつや) データ更新日:2019.06.24



社会貢献・国際連携
国内, 国際政策形成, 及び学術振興等への寄与活動
2018.04~2019.03, 浜松市風力発電ゾーニング検討協議会会長, 浜松市.

新聞・雑誌記事及びTV・ラジオ番組出演等
2018.11, 九州朝日放送, 九州における太陽光発電の出力抑制実施の背景について解説.

2018.09, 九州朝日放送, 北海道におけるブラックアウトと九州における停電のリスクについて解説.

2019.01, 朝日新聞, 九州電力エリアにおける太陽光発電の出力抑制の背景について解説.

2018.12, 新潟日報, 2030年の自然エネルギー主力電源化へ向けた電力系統の安定性・柔軟性の面での課題について解説.

2018.08, 北海道新聞, 北海道における再生可能エネルギーの導入か拡大と系統制約について解説.

一般市民、社会活動及び産業界等を対象とした活動
2018.05, 系統制約の緩和措置、再エネの大量導入に向けて, 日報ビジネス株式会社, 東京ビッグサイト.

2018.08, 自然エネルギーの導入拡大に向けた系統運用の転換, 北海道新エネルギー普及促進協会, 北海道クリスチャンセンター.

2019.02, 日本の系統運用における自然エネルギー大量導入の課題, 公益財団法人自然エネルギー財団, 笹川平和財団国際会議場.

2019.03, 風力発電の地域との共生について(浜松市風力発電ゾーニング結果報告会), 浜松市, TKP 浜松アクトタワーカンファレンスセンター.

2018.04, 世界的な自然エネルギーの拡大と電力システムの転換, サイエンス福岡クラブ自然エネルギーセミナー, 西南コミュニティセンター.


九大関連コンテンツ

pure2017年10月2日から、「九州大学研究者情報」を補完するデータベースとして、Elsevier社の「Pure」による研究業績の公開を開始しました。
 
 
九州大学知的財産本部「九州大学Seeds集」