九州大学 研究者情報
研究者情報 (研究者の方へ)入力に際してお困りですか?
基本情報 研究活動 教育活動 社会活動
齋藤 大介(さいとうだいすけ) データ更新日:2024.06.03



教育活動概要
細胞生物学(基幹教育)講義においては、学生が細胞レベルでの遺伝情報の発現と伝達、および細胞による情報処理について基本的理解を得ることを目的とする。
発生生物学および分子発生学(専攻教育)講義においては生き物のパターン形成、形態形成、器官形成の考え方とその分子的背景、本学問が歩んできた歴史的経緯、最新の知見を紹介し、学生が発生生物学の総合的理解を得ることを目的とする。
担当授業科目
2024年度・後期, 発生生物学.

2024年度・前期, 細胞生物学.

2024年度・春学期, 生物科学Ⅰ.

2024年度・春学期, Basic BiologyⅠ.

2024年度・前期, 生物科学特別講義Ⅳ.

2024年度・前期, Special Lecture of BiologyⅣ.

2019年度・前期, 分子生命科学特論I.

2019年度・前期, 分子生命科学I.

2019年度・前期, 細胞生物学.

2019年度・後期, 分子発生学.

2020年度・前期, 分子生命科学基礎Ⅰ.

2020年度・前期, 細胞生物学.

2020年度・前期, 分子発生学.

2021年度・夏学期, 生物科学特論Ⅰ(※生命理学特論Ⅲ).

2021年度・前期, Integrative Biology, Advanced CourseⅠ.

2021年度・前期, 統合生物科学特論Ⅰ.

2021年度・夏学期, Biology, Advanced CouresⅠ.

2021年度・夏学期, 生物科学特論Ⅰ.

2021年度・春学期, Basic BiologyⅠ.

2021年度・春学期, 生物科学Ⅰ.

2021年度・前期, 細胞生物学.

2021年度・後期, 分子発生学.

2021年度・後期, 発生生物学.

2022年度・後期, 発生生物学.

2022年度・後期, 分子発生学.

2022年度・前期, 細胞生物学.

2022年度・春学期, 生物科学Ⅰ.

2022年度・春学期, Basic BiologyⅠ.

2023年度・後期, 発生生物学.

2023年度・後期, 分子発生学.

2023年度・前期, 細胞生物学.

2023年度・前期, 統合生物科学特論Ⅰ.

2023年度・前期, Integrative Biology, Advanced CourseⅠ.

ファカルティディベロップメントへの参加状況
2019.10, 学科, 参加, (生物学科FD)科研費改革後の学術研究動向について.

2023.03, 学科, 参加, 【生物学科】大学発明の出願・権利化に関するFD.

2022.03, 全学, 参加, 全学FD:メンタルヘルス講演会.

2023.03, 学科, 参加, 【生物学科】大学発明の出願・権利化に関するFD.

2022.03, 全学, 参加, 全学FD:メンタルヘルス講演会.

2020.12, 部局, 企画, 新型コロナウィルス感染拡大状況での学生のメンタルヘルス.

2019.10, 学科, 参加, (生物学科FD)科研費改革後の学術研究動向について.

その他の特筆すべき教育実績
2018.01, 2019年1月、専攻教育科目講義である分子発生学(中條信成先生ご担当)、および発生生物学(小早川義尚先生ご担当)をそれぞれ1コマずつを担当した。.


九大関連コンテンツ

pure2017年10月2日から、「九州大学研究者情報」を補完するデータベースとして、Elsevier社の「Pure」による研究業績の公開を開始しました。