九州大学 研究者情報
研究者情報 (研究者の方へ)入力に際してお困りですか?
基本情報 研究活動 教育活動
喜多 由拓(きた ゆうたく) データ更新日:2021.06.10

助教 /  工学研究院 機械工学部門 熱工学


主な研究テーマ
滴状凝縮伝熱に関する研究
キーワード:凝縮,伝熱,液滴
2018.11.
濡れ性パターン面上の液滴挙動
キーワード:液滴,濡れ,表面張力,界面物理,流体力学,ソフトマター物理
2017.06.
熱毛管(熱的マランゴニ)効果による液滴内部対流の発生と制御
キーワード:液滴,蒸発,マランゴニ対流,不安定対流,表面張力,伝熱,流体力学
2016.04.
多成分系における液滴蒸発と不安定対流
キーワード:液滴,蒸発,不安定対流,表面張力,物質移動,多成分系,伝熱,流体力学
2014.04.
研究業績
主要原著論文
主要学会発表等
学会活動
所属学会名
日本機械学会
日本伝熱学会
アメリカ物理学会
アメリカ化学会
学会大会・会議・シンポジウム等における役割
2019.12.02~2019.12.04, Progress 100 Symposium and the Second ThermaSMART Annual Workshop on New Advances and Key Questions in Phase-Change Cooling, Chair.
2019.09.09~2019.09.10, 16th UK Heat Transfer Conference, Session Chair.
学術論文等の審査
年度 外国語雑誌査読論文数 日本語雑誌査読論文数 国際会議録査読論文数 国内会議録査読論文数 合計
2020年度      
2019年度      
2018年度      
その他の研究活動
海外渡航状況, 海外での教育研究歴
KAIST, Korea, 2020.01~2020.01.
PRTEC2019, UnitedStatesofAmerica, 2019.12~2019.12.
University of Edinburgh, UnitedKingdom, 2019.09~2019.09.
UKHTC2019 (University of Nottingham), Droplets2019 (Durham University), UnitedKingdom, 2019.09~2019.09.
National Central University, Taiwan, 2019.08~2019.08.
IUTAM Symposium 2019 / ThermaSMART Mid-term Meeting, University College Dublin, Ireland, 2019.06~2019.06.
Second SWEP Workshop, Van der Valk Hotel Mons Congres, Belgium, 2019.06~2019.06.
The University of Maryland, College Park, UnitedStatesofAmerica, 2019.03~2019.03.
Gordon Research Conference on Micro and Nanoscale Phase Change Heat Transfer, Renaissance Tuscany Il Ciocco, Italy, 2019.02~2019.02.
First Annual ThermaSMART Workshop & International Symposium on Data Centre Cooling, Tianjin University of Commerce, Tianjin University, China, 2018.12~2018.12.
APSDFD2018, Georgia World Congress Center, UnitedStatesofAmerica, 2018.11~2018.11.
IHTC-16, China National Convention Center, China, 2018.08~2018.08.
UKHTC2017, Brunel University London, UnitedKingdom, 2017.09~2017.09.
The University of Edinburgh, UnitedKingdom, 2017.06~2017.11.
Gordon Research Conference on Micro & Nanoscale Phase Change Heat Transfer, Hotel Galvez, UnitedStatesofAmerica, 2017.01~2017.01.
The University of Maryland, College Park, UnitedStatesofAmerica, 2016.09~2017.03.
EUROTHERM2016, AGH University of Science and Technology, Poland, 2016.06~2016.06.
PRTEC2016, Waikoloa Beach Marriott Resort & Spa, UnitedStatesofAmerica, 2016.03~2016.03.
IWHT2015, National Chiao Tung University, National Central University, Taiwan, 2015.10~2015.10.
受賞
第58期日本伝熱学会賞 奨励賞, 日本伝熱学会, 2020.06.
第55回伝熱シンポジウム 優秀プレゼンテーション賞, 日本伝熱学会, 2018.05.
Best Poster Presentation Award, The 10th International Conference on Boiling and Condensation Heat Transfer (ICBCHT2018), 2018.03.
若手研究者支援プログラム銅賞(博士課程学生の部), 九州大学エネルギー研究教育機構, 2018.01.
三浦賞, 日本機械学会, 2016.03.
ISEM Outstanding Poster Award, The 8th International Symposium on Advanced Science and Technology in Experimental Mechanics (8th ISEM), 2013.11.
研究資金
科学研究費補助金の採択状況(文部科学省、日本学術振興会)
2020年度~2021年度, 若手研究, 代表, 3D熱流動計測を通した液滴内部対流のアクティブ制御技術の基盤構築.
2019年度~2020年度, 研究活動スタート支援, 代表, デジタル流体制御技術に向けた液滴内部のマイクロ熱流体物理.
2017年度~2018年度, 特別研究員奨励費, 代表, IRサーモグラフィ/PIVを駆使した液滴内の熱的不安定性対流の物理解明.
競争的資金(受託研究を含む)の採択状況
2021年度~2021年度, 機械振興補助事業, 代表, 高時空間分解熱イメージングによる滴状凝縮の動的熱伝達特性の解明.
2018年度~2020年度, 産業技術研究助成事業 (経済産業省), 分担, エクセルギー損失削減のための熱交換・熱制御技術.
共同研究、受託研究(競争的資金を除く)の受入状況
2019.06~2020.03, 分担, 鋼材の水冷却における水温がスプレー冷却特性に及ぼす影響調査.
2018.04~2019.06, 分担, 安定した滴状凝縮を可能にする親水・撥水混合伝熱面の設計手法に関する研究.
寄附金の受入状況
2021年度, 東芝デバイス&ストレージ株式会社, マイクロ液滴衝突における非定常熱伝達の高解像計測 — HOT-SPOT冷却に向けて.
2020年度, 東芝デバイス&ストレージ株式会社, インクジェット技術を応用したHOT-SPOT冷却.
学内資金・基金等への採択状況
2019年度~2019年度, 若手研究者・博士課程学生支援プログラム(若手研究者枠), 代表, サイクリック滴状凝縮熱伝達の高時空分解イメージング.
2019年度~2019年度, QRプログラム(わかばチャレンジ), 代表, 高速・高解像度サーマルイメージングによる高温面と微小液滴の界面熱流動現象の解明.
2017年度~2017年度, 若手研究者・博士課程学生支援プログラム(博士課程学生枠), 代表, 濡れ性を利用した液滴輸送と熱輸送を革新するテクスチャ伝熱面の検討.

九大関連コンテンツ

pure2017年10月2日から、「九州大学研究者情報」を補完するデータベースとして、Elsevier社の「Pure」による研究業績の公開を開始しました。
 
 
九州大学知的財産本部「九州大学Seeds集」