九州大学 研究者情報
研究者情報 (研究者の方へ)入力に際してお困りですか?
基本情報 研究活動 教育活動 社会活動
富安 亮子(とみやす りようこ) データ更新日:2020.03.10



従事しているプロジェクト研究
JST未来社会創造事業 探索加速型 「共通基盤」領域 探索研究課題 物質の構造解析に用いるフーリエ解析・大域的最適化の高度化
2018.11~2021.03.
研究業績
主要原著論文
作品・ソフトウェア・データベース等
1. 開発・配布元: J-PARC, KEK, リートベルト解析ソフトウェアZ-Rietveld, 2013.01, [URL].
2. 富安亮子, 誤差を含む格子パラメータのブラベー格子決定プログラム, 2013.01, [URL].
3. 富安亮子, (X,Y)データ用ピークサーチ , 2013.01, [URL].
4. 富安亮子, (株) VIC (開発・配布元: J-PARC, KEK), 粉末指数付けソフトウェア Conograph, 2013.01, [URL].
学会活動
学術論文等の審査
年度 外国語雑誌査読論文数 日本語雑誌査読論文数 国際会議録査読論文数 国内会議録査読論文数 合計
2018年度      
研究資金
科学研究費補助金の採択状況(文部科学省、日本学術振興会)
2010年度~2012年度, 若手研究(B), 代表, 大域的最適化手法を用いた新しい粉末未知構造解析アルゴリズムへのアプローチ.
2019年度~2023年度, 基盤研究(C), 代表, 格子・代数計算の応用を創出する離散点集合の研究.
競争的資金(受託研究を含む)の採択状況
2018年度~2020年度, 戦略的創造研究推進事業 (文部科学省), 代表, 物質の構造解析に用いるフーリエ解析・大域的最適化の高度化 探索研究(要素技術タイプ)課題.
2015年度~2017年度, 戦略的創造研究推進事業 (文部科学省), 代表, 結晶学的位相問題の解を列挙する理論とソフトウェアの開発.

九大関連コンテンツ

pure2017年10月2日から、「九州大学研究者情報」を補完するデータベースとして、Elsevier社の「Pure」による研究業績の公開を開始しました。
 
 
九州大学知的財産本部「九州大学Seeds集」