九州大学 研究者情報
研究者情報 (研究者の方へ)入力に際してお困りですか?
基本情報 研究活動 教育活動 社会活動
佐藤 直市(さとうなおいち) データ更新日:2024.06.03



主な研究テーマ
DNAメチル化に着眼したエピゲノム記憶の分子機序解明と臨床応用
キーワード:エピゲノム記憶、DNAメチル化、先制医療
2018.04~2022.04.
従事しているプロジェクト研究
エピゲノム記憶遺伝子の病態生理学的意義の検討
2021.05~2023.06
出生前後の母体環境要因はエピゲノム変化として胎児のゲノム上に記憶され、成人後の疾患発症に関連するとされている。本研究では人為的にエピゲノム記憶遺伝子の特定の領域においてDNAメチル化の改変を行い、表現型に及ぼす影響について
解析する。.
研究業績
主要原著論文
主要総説, 論評, 解説, 書評, 報告書等
主要学会発表等
学会活動
所属学会名
日本内科学会、日本糖尿病学会、日本糖尿病協会、日本内分泌学会、日本肥満学会、日本腎臓学会
学協会役員等への就任
2013.05~2023.06, 日本糖尿病学会, 評議員.
学会大会・会議・シンポジウム等における役割
2019.10.25~2019.10.26, 第57回 日本糖尿病学会九州地方会, 座長 セッション 「NASH」.
2018.10.12~2018.10.13, 第56回 日本糖尿病学会九州地方会, 座長 セッション「SGLT2阻害剤」.
2017.10.13~2017.10.14, 第55回 日本糖尿病学会九州地方会, 座長 セッション「2型糖尿病」.
2016.10.14~2016.10.15, 第54回 日本糖尿病学会九州地方会, 座長 セッション「インクレチン②」.
受賞
第49回日本成人病学会 学会会長賞, 日本成人病学会, 2015.01.
研究資金
競争的資金(受託研究を含む)の採択状況
2019年度~2024年度, 喫煙科学研究財団 特定研究, 分担, 喫煙と免疫代謝-生活習慣病における意義の解明と制御-.

九大関連コンテンツ

pure2017年10月2日から、「九州大学研究者情報」を補完するデータベースとして、Elsevier社の「Pure」による研究業績の公開を開始しました。