九州大学 研究者情報
発表一覧
大塚 知昇(おおつか とものり) データ更新日:2021.06.01

助教 /  言語文化研究院 言語環境学部門


学会発表等
1. 大塚知昇, Internal Pair-MergeとChain Headの決定, 北海道理論言語学研究会, 2021.02.
2. 大塚知昇, 項の対併合に関する考察:経験主項と優位性効果の観点から, 日本英語学会第38回大会, 2020.11, 項を対併合する可能性について、経験主項と優位性効果の観点から議論した。.
3. 大塚知昇, カートグラフィとフェイズ理論の和解?, 日本英文学会九州支部第73回大会, 2020.10, カートグラフィとフェイズ理論の間の互換性について考察し発表した。.
4. 大塚 知昇, Internal pair-Mergeに関する考察, 日本英文学会第92回大会, 2020.07, Internal pair-Mergeのメカニズムとその経験的帰結について考察し発表した。.
5. 大塚知昇, 左周辺部と外在化, 日本言語学会第159回大会, 2019.11, カートグラフィ構造を外在化の過程で導く可能性について議論した。.
6. 大塚知昇, Pair-Merged ArgumentsとSet-Merged Adjuncts, 福岡理論言語学研究会, 2019.08, Pair-MergeしたArgumentとSet-MergeしたAdjunctという従来の枠組みではあまり想定されていない操作の可能性を探り、経験的な議論を行った。.
7. Otsuka, Tomonori, A Reconsideration on Weak-Phases, 福岡言語学会, 2018.12.
8. 大塚知昇, 英語の二重目的語構文に関する統語的考察, 日本英文学会九州支部第64回大会, 2011.10.
9. Otsuka, Tomonori, On the Asymmetric Behavior of Movements in the Double Object Con-struction, ELSJ International 5th Spring Forum, 2012.04.
10. 大塚知昇, 弱フェーズに関する考察―素性継承の拡張―, 日本英文学会九州支部第65回大会, 2012.10.
11. Otsuka, Tomonori, On a Weak-Phases Paradox, ELSJ International 6th Spring Forum, 2013.04.
12. 大塚知昇, Transferとスコープ解釈に関する考察―弱フェイズの観点から, 日本英文学会九州支部第66回大会, 2013.10.
13. 大塚知昇, アイルランド方言の遊離数量詞と弱フェイズに関する考察, 日本英語学会第31回大会, 2013.11.
14. 大塚知昇, 補文標識一致と素性継承, 日本英語学会第32回大会, 2014.11.
15. 大塚知昇, External Pair-Mergeに関する考察, 日本言語学会第151回大会, 2015.11.
16. 大塚知昇, 弱フェイズの矛盾点に関する考察, 福岡言語学会, 2015.12.
17. Otsuka, Tomonori, On the Agreement-Movement Correlation: From a Perspective of Optional Pair-Merge, 関西言語学会第41会大会, 2016.06.
18. 大塚知昇, フェイズ理論とカートグラフィの融合, 日本英語学会第34回大会, 2016.11.
19. Otsuka, Tomonori, On Two Ways of External Pair-Merge, GLOW in Asia XI, 2017.02.
20. 大塚知昇, カートグラフィの再考察―POP+の観点から, 日本英文学会九州支部第70回大会, 2017.10.
21. 大塚知昇, A/A-bar区分とImproper Movementの再考察, 日本英語学会第35回大会, 2017.11.

九大関連コンテンツ

pure2017年10月2日から、「九州大学研究者情報」を補完するデータベースとして、Elsevier社の「Pure」による研究業績の公開を開始しました。
 
 
九州大学知的財産本部「九州大学Seeds集」