九州大学 研究者情報
研究者情報 (研究者の方へ)入力に際してお困りですか?
基本情報 研究活動 教育活動 社会活動
菊竹 智恵(きくたけ ちえ) データ更新日:2021.06.28



社会貢献・国際連携
その他の優れた社会貢献活動
2019年度,  近年の医学生物学系の研究において、バイオインフォマティクス(生命情報科学:大規模生物データの解析技術のこと)は必要不可欠である。しかしながら、バイオインフォマティクスを習得した研究者の数は極めて少ないため、初心者が困ったときに気軽に相談したり議論したりできる環境が殆どない。そこで2019年4月より、九州内でバイオインフォマティクスに携わるあらゆる人材の交流を目的として「Kyushu Bioinformatics Community (KBC)」を立ち上げ、運営を行っている。具体的には、2ヶ月に1回のペースで実際に集まって勉強会を実施し、バイオインフォマティクスの勉強のきっかけを提供すると共に、皆の「分からない」を皆で解決することを目的としている。
本活動は2019年度に限定するものではなく、今後も継続して行っていく予定である。.


九大関連コンテンツ

pure2017年10月2日から、「九州大学研究者情報」を補完するデータベースとして、Elsevier社の「Pure」による研究業績の公開を開始しました。
 
 
九州大学知的財産本部「九州大学Seeds集」