九州大学 研究者情報
発表一覧
望月 崇(もちづき たかし) データ更新日:2022.01.15

准教授 /  理学研究院 地球惑星科学部門


学会発表等
1. 原啓喜, 川野哲也, 川村隆一, 望月崇, 水蒸気場変化に対する台風雷活動の応答, 日本気象学会2021年度秋季大会, 2021.12.
2. 鈴木雄斗, 川村隆一, 川野哲也, 望月崇, 2021年1月の大雪事例でみられた長白山系のカスケード効果, 日本気象学会2021年度秋季大会, 2021.12.
3. 安清莉奈, 川野哲也, 川村隆一, 望月崇, JPCZおよびそれに関連した豪雪イベントの将来変化, 日本気象学会2021年度秋季大会, 2021.12.
4. 土田耕, 望月崇, 川村隆一, 川野哲也, CMIP6 piControl実験における摂動フィードバックパラメータ(PFP)の変動とその要因分析, 日本気象学会2021年度秋季大会, 2021.12.
5. 片岡崇人, 建部洋晶, 小山博司, 望月崇, 大越智幸司, 直江寛明, 今田由紀子, 塩竈秀夫, 木本昌秀, 渡部雅浩, MIROC6 を用いた季節から数年規模気候予測, 日本気象学会2021年度秋季大会, 2021.12.
6. Mochizuki, T., Decadal modulation of the Pacific climate extremes and variability, 2020 Northeast Asian Symposium, 2021.11.
7. 土田耕、望月崇、川村隆一、川野哲也, CMIP6 piControl 実験における PFP の中⻑期変動とその要因分析, 第7回MJO研究会, 2021.10.
8. Kataoka, T., H. Tatebe, H. Koyama, T. Mochizuki, K. Ogochi, H. Naoe, Y. Imada, H. Shiogama, M. Kimoto, M. Watanabe, Seasonal to decadal predictions with MIROC6, WCRP Workshop on ExCPEns, 2021.10.
9. Kataoka, T., H. Tatebe, H. Koyama, T. Mochizuki, K. Ogochi, H. Naoe, Y. Imada, H. Shiogama, M. Kimoto, M. Watanabe, Climate predictions with MIROC6, Multi-annual to decadal climate predictability in the North Atlantic-Arctic Sector, 2021.09.
10. Mochizuki, T., Y. Imada, Y. Kosaka, T. Miyakawa, M. Mori, Decadal modulation of the Pacific climate extremes and variability, International workshop for mid-latitude air-sea interaction, 2021.06.
11. Mochizuki, T., Y. Kosaka, M. Mori, Y. Imada, T. Miyakawa, Towards understanding climate extremes, variability and predictability under changing climate over East Asia, JpGU Meeting 2021, 2021.06.
12. Tsuchida, K., T. Mochizuki, R. Kawamura, T. Kawano, Interdecadal Variation of Perturbational Feedback Parameter in MIROC6 piControl Simulation, JpGU Meeting 2021, 2021.06.
13. Tsuchida, K., T. Mochizuki, R. Kawamura, T. Kawano, Interdecadal Variation of Perturbation Feedback Parameter in MIROC6 piControl Simulation, International workshop for mid-latitude air-sea interaction, 2021.06.
14. 土田耕, 望月崇, 川村隆一, 川野哲也, MIROC6 piControl実験における摂動フィードバックパラメータの変動とそのメカニズム解明, 日本気象学会2021年度春季大会, 2021.05.
15. 望月崇, 近未来の気候変動や異常気象の理解と予測に向けた取り組み, 第42回日本気象学会九州支部発表会, 2021.03.
16. 吉田尚起, 川村隆一, 川野哲也, 望月崇, 飯塚聡, 台風ボーガスを用いた7月気候場シミュレーションによる台風の遠隔影響, 第42回日本気象学会九州支部発表会, 2021.03.
17. 鈴木 雄斗, 川村 隆一, 川野 哲也, 望月 崇, 2021年1月における大雪時の爆弾低気圧とJPCZ -長白山系の影響評価-, 第42回日本気象学会九州支部発表会, 2021.03.
18. 簑添 良輔, 川野 哲也, 川村 隆一, 望月 崇, 2018年7月豪雨期間中の中国地方の大雨形成に対するメソ渦の寄与, 第42回日本気象学会九州支部発表会, 2021.03.
19. 岩下 将也, 川野 哲也, 川村 隆一, 望月 崇, 下層水蒸気量増加に対する梅雨前線帯低気圧の応答, 第42回日本気象学会九州支部発表会, 2021.03.
20. Chikamoto, Y., Z. F. Johnson, S.-Y. Wang, M. J. McPhaden, T. Mochizuki, El Nino-Southern Oscillation evolution modulated by Atlantic Forcing, WCRP-CLIVAR workshop on climate interactions among the tropical basins, 2021.02.
21. Johnson, Z. F., Y. Chikamoto, S.-Y. Wang, M. J. McPhaden, T. Mochizuki, Pacific decadal oscillation remotely forced by the equatorial Pacific and Atlantic Oceans, WCRP-CLIVAR workshop on climate interactions among the tropical basins, 2021.02.
22. Mochizuki, T., M. Watanabe, M. Kimoto, Atlantic impacts on subdecadal warming over the tropical Pacific in the 2000s, AGU Fall Meeting 2020, 2020.12.
23. 望月 崇, 小坂 優, 森 正人, 今田 由紀子, 宮川 知己, 中緯度気候現象の中長期変調や変化の理解に向けた取組み, 日本海洋学会2020年度秋季大会, 2020.10.
24. 片岡 崇人, 建部 洋晶, 小山 博司, 望月 崇, 大越智 幸司, 直江 寛明, 今田 由紀子, 塩竈 秀夫, 木本 昌秀, 渡部 雅浩, 大気海洋結合モデルMIROC6を用いた季節から数年規模気候変動予測, 日本海洋学会2020年度秋季大会, 2020.10.
25. 土田 耕, 望月 崇, 川村 隆一, 川野 哲也, MIROC6 piControl実験における摂動フィードバックパラメータと環境場の関係, 日本気象学会2020年度秋季大会, 2020.10.
26. 鈴木 雄斗, 川村 隆一, 川野 哲也, 望月 崇, 対馬海峡付近で発生・発達したポーラーロウの解析, 日本気象学会2020年度秋季大会, 2020.10.
27. Mochizuki, T., M. Watanabe, M. Kimoto, The Atlantic SST influences on the Pacific subdecadal variability, JpGU-AGU Joint Meeting 2020, 2020.07.
28. Kataoka, T., H. Tatebe, H. Koyama, T. Mochizuki, K. Ogochi, H. Naoe, Y. Imada, H. Shiogoma, M. Kimoto, M. Watanabe, An overview of seasonal to decadal predictions with MIROC6, JpGU-AGU Joint Meeting 2020, 2020.07.
29. 土田 耕, 望月 崇, 川村 隆一, 川野 哲也, MIROC6 歴史実験における摂動フィードバックパラメータと環境場の関係, 日本気象学会2020年度春季大会, 2020.05.
30. 原 啓喜, 川野 哲也, 川村 隆一, 望月 崇, 増田 有俊, 台風の発雷域の大気環境場, 日本気象学会2020年度春季大会, 2020.05.
31. 鈴木 雄斗, 川村 隆一, 川野 哲也, 望月 崇, 朝鮮半島南東部で発生・発達したポーラーロウの解析, 日本気象学会2020年度春季大会, 2020.05.
32. 望月 崇, 近未来予測にまつわるグローバル気候変動メカニズム研究, 第41回日本気象学会九州支部発表会, 2020.03.
33. 米持 哲志, 川野 哲也, 川村 隆一, 望月 崇, 北太平洋上空におけるPDO指数と対応した乱気流発生頻度の変化, 第41回日本気象学会九州支部発表会, 2020.03.
34. 原 啓喜, 川野 哲也, 川村 隆一, 望月 崇, 台風の発雷域の大気環境場, 第41回日本気象学会九州支部発表会, 2020.03.
35. Mochizuki, T., M. Watanabe, M. Kimoto, Atlantic impacts on the tropical Pacific climate in the 2000s, American Geoscience Union Fall Meeting 2019, 2019.12.
36. Johnson, Z., Y. Chikamoto, J.-J. Luo, T. Mochizuki, Ocean impacts on Australian interannual to decadal precipitation variability, American Geoscience Union Fall Meeting 2019, 2019.12.
37. 望月崇, 気候変動の予測可能性に関わる大洋間結合, 第6回MJO研究会, 2019.09.
38. Mochizuki, T., M. Watanabe, Observed and hindcasted subdecadal variability of the tropical Pacific climate, Japan Geoscience Union Meeting 2019, 2019.05.
39. Mochizuki, T., M. Watanabe, M. Kimoto, Atlantic impacts on the tropical Pacific climate in the 2000s, Japan Geoscience Union Meeting 2019, 2019.05.
40. Kataoka, T., H. Tatebe, H. Koyama, T. Mochizuki, Seasonal to multi-year climate predictability in a climate model MIROC6, Japan Geoscience Union Meeting 2019, 2019.05.
41. Murakami, H., M. Nakano, V. Ramaswamy, T. Delworth, S. Kapnick, R. Gudgel, T. Mochizuki, T. Doi, Y. Morioka, Seasonal predictions of tropical cyclones in 2018 using GFDL and NICAM high-resolution global models, Japan Geoscience Union Meeting 2019, 2019.05.
42. Murakami, H., M. Nakano, V. Ramaswamy, T. Delworth, S. Kapnick, R. Gudgel, T. Mochizuki, Y. Morioka, T. Doi, Seasonal predictions of tropical cyclones in 2018 using GFDL and NICAM high-resolution global models, Europican Geoscience Union Meeting 2019, 2019.05.

九大関連コンテンツ

pure2017年10月2日から、「九州大学研究者情報」を補完するデータベースとして、Elsevier社の「Pure」による研究業績の公開を開始しました。
 
 
九州大学知的財産本部「九州大学Seeds集」