九州大学 研究者情報
総説一覧
池永 直樹(いけなが なおき) データ更新日:2022.05.02

助教 /  九州大学病院 胆道・膵臓・膵臓移植・腎臓移植外科


総説, 論評, 解説, 書評, 報告書等
1. 梁井公輔, 壬生隆一, 池永直樹, 植木隆, 八尾隆史, 田中雅夫, 経肛門的切除術により排便障害が改善した隆起型直腸粘膜脱症候群の1例, 日本臨床外科学会雑誌, 65(12):3236-3240, 2004.04, 症例は16歳男性.幼少時より認めていた下痢,下血,排便時間延長の増悪のため近医を受診した.大腸内視鏡,注腸造影で下部直腸に腫瘍性病変を認め,当科紹介入院となった.当院での大腸内視鏡,注腸造影では,下部直腸に結節状,棍棒状の小隆起の集簇を全周性に認めた.生検では直腸粘膜脱症候群(MPS)の診断であった.排便造影では直腸重積と会陰下降度の増加,直腸肛門内圧検査では最大耐容量の低下を認めた.隆起型のMPSによる残便感から排便時間延長をきたしたものと考え,経肛門的腫瘤切除術を行った.術後,残便感は消失し排便障害も改善した.隆起型のMPSで,病変の存在自体が残便感の原因となっている場合は,経肛門的切除術が有効な治療法の一つと考えられた..
2. 池永直樹, 西原一善, 勝本富士夫, 松永浩明, 那須俊史, 大城由美, 中守真理, 豊島里志, 小野稔, 光山昌珠, 腺管構造と間質の高度の腺維化を有した小型非機能性膵内分泌腫瘍の1例, 日本消化器外科学会雑誌, 38(6):673-678, 2005.04, 症例は50歳の女性で,全身倦怠感を主訴に近医を受診した.腹部超音波検査で膵体部に径1cmの腫瘍を認め,当院紹介となった.腹部CTでは膵体部に造影効果のある径1cmの腫瘍を認め膵内分泌腫瘍が疑われたが,腹部MRIではT1,T2強調像ともに低信号であり,膵内分泌腫瘍としては非典型的な所見であった.血清CA19-9が1,459.2U/mlと高値であり,膵管癌の可能性も否定できず,外科的切除を施行した.病理組織検査で腫瘍細胞は膵島類似の索状配列をなし,一部に腫瘍細胞と連続して腺管構造を伴っていた.また,間質が高度に線維化しており,これがMRI T2強調像で腫瘍が低信号を示した原因と考えられた.免疫染色では内分泌細胞の部分がグルカゴンに陽性,腺管構造の部分がCA19-9染色に陽性を示し,非機能性膵内分泌腫瘍と診断した.膵内分泌腫瘍の起源に関しては諸説有るが,内分泌腫瘍細胞と腺管組織が連続性を持つことより膵内分泌腫瘍の起源として多分化能を持つ膵管上皮が考えられた(著者抄録).
3. 池永直樹, 阿部祐治, 田辺嘉高, 松永浩明, 井原隆昭, 本岡慎, 胃癌術後6年目に4型大腸癌様の発育を呈した転移性直腸癌の1例, 外科, 67(8):986-990, 2005.04, 67(8):986-990.
4. 池永直樹, 阿部祐治, 西原一善, 松永浩明, 中守真理, 山本一郎, 光山昌珠, 混合型肝癌4例の検討, 日本臨床外科学会雑誌, 67(1):144-151, 2006.04.
5. 池永直樹, 大谷和広, 内山周一郎, 大内田次郎, 千々岩一男, 先天性肝線維症による脾機能亢進症に対し脾摘を施行し、術後に門脈血栓症を併発した1例, 消化器外科, 31(7):1177-1182, 2008.04, Abstract:22歳女。中学生の頃より汎血球減少を認めた。腹部CT検査で肝腫大、脾腫大、門脈系血管の怒張を認め、上部消化管内視鏡検査で食道静脈瘤を認めた。経皮的肝生検で門脈域の線維性拡大と細胆管の増生を認め、先天性肝線維症と診断した。脾機能亢進症に対する治療目的で紹介入院した。先天性肝線維症に伴う脾機能亢進症と診断し、汎血球減少の改善と食道胃静脈瘤の再発を防ぐ目的で用手補助下腹腔鏡下脾摘出術を施行した。術後1週間目の腹部CT検査で肝内門脈、肝外門脈、脾静脈に血栓を認め、血栓溶解療法、抗凝固療法を開始した。術後3週間目の腹部CT検査で、門脈内血栓の縮小を認め、症状もないため退院した。また、汎血球減少は改善し、食道静脈瘤の再発はなく、胃静脈瘤も消失した。術後2ヵ月半の現在、門脈内の血栓はさらに縮小し、腹部症状もなく良好に経過した。
.
6. 池永直樹, 千々岩一男, 甲斐真弘, 佐野浩一郎, 大谷和広, 内山周一郎, Caroli病診断の30年後に肝内胆管細胞癌を発症した1例, 臨床外科, 63(7):991-997, 2008.04, Abstract:70歳男。30年前にCaroli病と診断され、胆嚢摘出術および総胆管損傷によるTチューブ留置を施行し、年1回の腹部CT検査と半年に1回の腹部超音波検査、3ヵ月に1回の腫瘍マーカーチェックで経過観察していた。年1、2回の胆管炎に対して保存的加療で軽快していたが、2007年2月にCA19-9の上昇を認めた。γ-GTPが軽度上昇していたが、肝機能はchild分類Aであった。腹部超音波により、肝S2に54×41×39mm大の境界不明瞭なhypoechoic massを認めた。腹部CTにより、肝内胆管の嚢胞状拡張および両側多発腎嚢胞を認め、肝S2に辺縁に造影効果を伴う乏血性の腫瘍を認めた。以上の所見から、肝内胆管癌と考えた。門脈亢進症の所見は認めなかった。ERCPにより、肝両葉の末梢肝内胆管の分節状、嚢状拡張と腫瘍によるB2途絶を認めた。以上から、Caroli病に合併した肝内胆管細胞癌と診断し、肝左葉切除術を予定した。開腹にて、肝臓は肝線維症所見で硬く腫大し、腫瘍は一部肝外側に突出し、小網内に播種結節を認めたため、根治切除不能と判断し、閉腹した。病理所見より腫瘍細胞が間質の著明な線維化を伴いながら腺管構造を形成・増殖しており、低分化型腺癌と診断した。術後のTS-1/GEM併用療法で腫瘍マーカーは一時的に低下したが再度増加し、術後7ヵ月現在は腫瘍の増大とドレーン抜去部の播種性結節を認め、外来化学療法中である。

.
7. 簑原沙和, 池永直樹, 許斐裕之, 大城戸政行, 一宮仁, 穿孔部が自然閉鎖した鶏骨による小腸穿孔の1例, 日本臨床外科学会雑誌, 78(5):1004-1007, 2017.04, Abstract:消化管異物の多くは自然排泄されるが,時に穿孔をきたし外科的治療が必要となる.今回われわれは,腹腔鏡手術が有用だった鶏骨による小腸穿孔,汎発性腹膜炎の1例を経験した.症例は50歳の女性.前日に手羽先を食べ,腹痛が出現した.CTで小腸を貫く線状高吸収物を認め,鶏骨による穿孔性腹膜炎と診断し緊急手術を行った.腹腔鏡で観察すると腹腔内は広範に腸液で汚染されており,汎発性腹膜炎の所見であった.回腸に膿苔の付着と回腸同士の癒着を認め鶏骨による穿孔部と思われたが,穿孔部は既に自然閉鎖していた.4cmの小開腹をおき回腸を体外に挙上し鶏骨を探索すると,穿孔部より肛門側50cmの位置に鶏骨を認めた.同部から鶏骨を用手的に直接摘出し,摘出孔をZ縫合で閉鎖した.骨片による小腸穿孔,腹膜炎は腸切除せずに治癒しうる症例もあり,腹腔鏡手術は低侵襲で効果的な治療法である..
8. 池永直樹, 前山良, 許斐裕之, 一宮仁, “対側アプローチ”によるTAPP法を施行した再発鼠径ヘルニアの1例, 日本内視鏡外科学会, 10.11477/mf.4426200586, 23(4):551-555, 2018.04, Abstract:<文献概要>腹膜前修復法後の再発鼠径ヘルニアを,反対側鼠径部よりアプローチするTAPP法で修復した.患者は47歳,男性.2年前に左内鼠径ヘルニアをDirect Kugel法で修復されていた.今回,左鼠径ヘルニア再発と右鼠径ヘルニア初発に対しTAPP法を行った.左鼠径部に前回の人工補強材が透見され,その恥骨頭側に2cmのヘルニア門を認めた.右鼠径部にはII-2型ヘルニアを認め,通常のTAPP法に準じて右鼠径部の腹膜を切開し右ヘルニア門を露出した.そのまま膀胱上腔を越えて腹膜前腔の剥離を左方へと進め,左のヘルニア門を露出した.両ヘルニア門をメッシュで一括に被覆し修復した.癒着のない反対側から行う"対側アプローチ"は,再発側のヘルニア門露出が容易で再発側の腹膜閉鎖も要らず,有効な術式となりうる..
9. 林昌孝, 池永直樹, 仲田興平, 森泰寿, 中村雅史, 膵頭十二指腸切除を行った腹腔動脈起始部狭窄を伴う門脈輪状膵の1例, 日本臨床外科学会雑誌, DOI無し, 82(11):2068-2073, 2021.04, Abstract:症例は53歳の男性で,膵頭部に膵管内乳頭粘液性腫瘍があり,膵液細胞診でclassIVを認め切除となった.CTで腹腔動脈起始部狭窄と門脈輪状膵を認めた.手術では正中弓状靱帯を切離し,胃十二指腸動脈と背側膵動脈のクランプテストで肝血流の維持を確認した.膵は門脈輪状膵の形態であり,主膵管が門脈背側を走向していたため,再建を考慮し,まず上腸間膜動脈レベルで膵の切離を行った.続いて,門脈腹側で自動縫合器を用いて膵を切離し観音開きとし,門脈左縁・背側を取り囲む膵を剥離した.最後に,門脈右縁に流入する静脈と膵頭神経叢を切離し,膵頭十二指腸切除を完了した.診断は膵管内乳頭粘液性腺癌であり,術後膵液漏を認めたが保存的に軽快した.膵頭十二指腸切除の際には腹腔動脈起始部狭窄や門脈輪状膵を含めた様々な解剖学的変異を術前から注意して評価し,術後の臓器虚血や膵液漏の予防,再建を考慮した膵切除術を行うことが肝要である.(著者抄録).
10. 小山虹輝, 森泰寿, 大塚隆生, 渡邉雄介, 池永直樹, 仲田興平, 荻野治栄, 小田義直, 中村雅史, 十二指腸内憩室に対して外科的切除を行った1 例, 日本消化器外科学会雑誌, 10.5833/jjgs.2020.0043, 54(3):184-192, 2021.04.
11. Ikenaga N, Yamaguchi K, Konomi H, Fujii K, Sugitani A, Tanaka M, A minute nonfunctioning islet cell tumor demonstrating malignant features.
, J Hepatobiliary Pancreat Surg, 12(1):84-87, 2005.04, We report a patient with a minute nonfunctioning islet cell tumor, 8 mm in diameter, which demonstrated malignant features by histology. The patient was a 43-year-old Japanese woman, who had an elevated carbohydrate antigen (CA) 19-9 level, of 59 U/ml (normal range, <37 U/ml) identified on a health check to rule out malignancies. Ultrasonography and computed tomography demonstrated a well-defined pancreatic tumor, 8 mm in diameter, in the body of the pancreas. Serum levels of pancreatic hormones were within normal limits, and thus a tentative diagnosis was nonfunctioning islet cell tumor. The size of the tumor remained unchanged for 1(1)/(2) years, but, at this time, the serum level of CA19-9 was elevated to 253 U/ml. Segmental pancreatectomy was performed because malignancy could not be ruled out. The resected specimen showed an endocrine tumor invading both the pancreatic parenchyma and the perineural spaces outside the tumor. In general, minute nonfunctioning islet cell tumors have been considered to be completely benign, but the present tumor showed clear malignant features. We might have to take surgical resection into consideration even if the size of such an endocrine tumor is minute..
12. Otani K, Chijiiwa K, Kondo K, Tsuchimochi M, Takahashi N, Ikenaga N, Ohuchida J, Tanaka H, Kataoka H , Enlarged solitary necrotic nodule of the liver misinterpreted as a metastatic liver cancer, Clin J Gastroenterol, 10.1007/s12328-009-0103-y, 2(5):355-360, 2009.04.
13. Uchiyama S, Imamura N, Hidaka H, Maehara N, Nagaike K, Ikenaga N, Hotokezaka M, An unusual variant of a left paraduodenal hernia diagnosed and treated by laparoscopic surgery: report of a case, Surg Today, 39(6):533-535, 2009.04, An 80-year-old woman who had undergone both a cholecystectomy and an appendectomy presented with intermittent abdominal pain. Computed tomography (CT) revealed an encapsulated circumscribed cluster of jejunal loops in the left upper quadrant. The hernia orifice was adjacent to the left side of the superior mesenteric artery and vein. An upper gastrointestinal series also revealed a cluster of jejunal loops, suggesting the possibility of an internal hernia. Laparoscopic surgery was performed. The hernia orifice was found to be caused by abnormal adhesion between the transverse mesocolon and the jejunum mesentery. An adhesiotomy reduced the jejunum entrapped in the hernia. The hernia space was a large mesocolic fossa composed of transverse mesocolon and mesentery, continuing to the splenic flexure. The hernia was classified as a variant of paraduodenal hernia..
14. Ikenaga N, Chijiiwa K, Otani K, Ohuchida J, Uchiyama S, A case of peribiliary cyst presenting with obstructive jaundice, J Gastrointest Surg, 13(1):174-176, 2009.04, A 77-year-old woman with a complaint of itching was shown to have an elevated serum bilirubin level. She had no history of liver disease. Computed tomography and magnetic resonance cholangiopancreatography revealed a 17-mm-diameter cystic lesion obstructing the main hepatic duct at the hepatic hilum. Drip infusion cholangiographic computed tomography and endoscopic retrograde cholangiography showed that the cyst did not communicate with the biliary tree; thus, a peribiliary cyst was diagnosed. Cystectomy was performed, and the jaundice resolved. Peribiliary cysts are generally asymptomatic and rarely cause obstructive jaundice. They are usually multiple and caused by an underlying liver disorder with a poor prognosis. Our case suggests that peribiliary cysts can arise in healthy liver and cause symptoms. Cystectomy is the treatment of choice if the cyst is solitary..
15. Hisano K, Ueki T, Kono H, Ikenaga N, Maeyama R, Konomi H, Okido M, Yamashita N, Motoshita J, Ichimiya H, Laparoscopic high anterior resection for triple colorectal cancers with persistent ascending and descending mesocolons: A case report, Asian J Endosc Surg, 10.1111/ases.12637 , 12(3):329-333, 2019.04, Abstract
Persistent mesocolon is an embryological anomaly of the colon resulting from failure of the primitive dorsal mesocolon to fuse with the parietal peritoneum. We herein present a case of laparoscopic high anterior resection for triple colorectal cancers with persistent ascending and descending mesocolons and a right-bound inferior mesenteric artery. Preoperative 3-D CT demonstrated that the sigmoid colon had shifted to the right abdomen and was located under the ascending colon. Moreover, the inferior mesenteric artery and vein traveled toward the right abdomen accompanied by the mesentery of the descending colon. Adhesiolysis between the ascending and sigmoid colon was initially performed, and the sigmoid colon was placed in its normal position. The inferior mesenteric artery was then divided with lymph node dissection using a medial approach, and high anterior resection was completed. An understanding of the anatomical characteristics of persistent mesocolon is important to ensure safe laparoscopic surgery.
.
16. 池永直樹, 水元一博, 田中雅夫, 【膵腫瘍:診断と治療の進歩】 トピックス 膵癌 疫学・危険因子・症候, 日本内科学会雑誌, 101(1):4-6, 2012.04.
17. 池永直樹, 大内田研宙, 小薗真吾, 水元一博, 田中雅夫, 膵癌の間質と星細胞, 肝胆膵, 65(2):351-357, 2012.04.
18. 池永直樹, 大塚隆生, 渡邉雄介, 森泰寿, 仲田興平, 中村雅史, 【膵炎大全II~膵炎・Up to date~】膵炎各論 術後膵炎, 胆と膵, 40:1233-1236, 2019.04, Abstract:手術に起因して起こる術後膵炎は医原性であり、その発症原因や対処法をよく理解する必要がある。術後膵炎には膵の血流障害による虚血型と膵液の流出障害による閉塞型があり、閉塞型には膵管の直接閉塞によるものと、消化管の通過障害から二次的に膵管内圧が上昇し膵炎を発症する間接型がある。閉塞型膵炎の治療には膵管や消化管の減圧が有効であるが、膵再建に伴う術後膵炎では膵管へのアクセスが容易でなく内視鏡的インターベンションを駆使する必要がある。膵切除の急性期に虚血型の術後膵炎を発症することが認知されつつあり、膵液瘻発生と関連が深いことからそのメカニズム解明と予防策の開発が望まれる。(著者抄録.
19. 仲田興平, 大塚隆生, 森泰寿, 渡邉雄介, 池永直樹, 宮坂義浩, 中村雅史, 【腹腔鏡下肝胆膵手術の新時代-ラパロからロボティクスへ-】膵臓 腹腔鏡下膵切除の導入とラーニングカーブ, 肝胆膵, 79(1):105-111, 2019.04.
20. 大塚隆生, 渡邉雄介, 森泰寿, 池永直樹, 仲田興平, 寅田信博, 中村雅史, 【腹腔鏡下肝胆膵手術の新時代-ラパロからロボティクスへ-】日本における腹腔鏡下膵切除術の現況, 肝胆膵, 79(1):29-33, 2019.04.
21. 松本奏吉, 仲田興平, 渡邉雄介, 森泰寿, 池永直樹, 宮坂義浩, 大塚隆生, 中村雅史, 【すぐに使える周術期管理マニュアル】術後合併症とその管理 重点術後合併症の管理ポイント  膵瘻, 臨床外科, 10.11477/mf.1407212703, 74(11):235-238, 2019.04, Abstract:<文献概要>術後膵瘻(postoperative pancreatic fistula;POPF)は膵頭十二指腸切除術(PD)および膵体尾部切除術(DP)をはじめとした膵切除術における最も重大な合併症の1つで,ハイボリュームセンターにおいても3~45%に生じるとされており,その確実な予防法は未だ確立されていない.本項では,最新の知見を混じえ,POPFへの対応について概説する..
22. 井手野昇, 仲田興平, 池永直樹, 森泰寿, 小田義直, 中村雅史, 【膵頭十二指腸切除の完全ガイド-定型術式から困難症例への対処法まで】困難症例に対する手技・対処法 主膵管型IPMNの術中断端陽性例に対する追加切除, 臨床外科, 10.11477/mf.1407213211, 75(13):1437-1442, 2020.04.
23. 宮坂義浩, 大塚隆生, 渡邉雄介, 森泰寿, 池永直樹, 仲田興平, 渡部雅人, 中村雅史, 膵癌診療ガイドライン改訂を外科医はこう読み解く ディベート&ディスカッション 十二指腸狭窄に対する治療法:十二指腸ステント留置vs胃空腸吻合, 臨床外科, 75(6):727-730, 2020.04.
24. 森泰寿, 渡邉雄介, 池永直樹, 仲田興平, 大塚隆生, 中村雅史, 【膵・胆管合流異常と先天性胆道拡張症】10 手術, 臨牀消化器内科, 35(4):407-412, 2020.04, Abstract:<文献概要>先天性胆道拡張症は,胆汁と膵液の流出障害や相互逆流を引き起こし,胆道癌の危険因子であるため,外科的切除の適応となる.術式は発癌の可能性がある拡張胆管の切除と胆嚢摘出,および膵液と胆汁の分流のための胆道再建である.疾患頻度は高くはないが,若年者や女性に多い良性疾患であるため,整容面からも腹腔鏡下手術の良い適応である.本邦では2016年4月より腹腔鏡下先天性胆道拡張症手術が保険収載された.本稿では先天性胆道拡張症の手術手技と今後の課題について述べる..
25. 渡邉雄介, 森泰寿, 池永直樹, 仲田興平, 大塚隆生, 中村雅史, 嚢胞性膵腫瘍と関連する膵癌, 臨牀と研究, 97(5):575-579, 2020.04.
26. 森泰寿, 井手野昇, 池永直樹, 仲田興平, 岡部安博, 中村雅史, 【早わかり縫合・吻合のすべて】(4章)術式別の縫合・吻合法 胆道 胆管-空腸吻合 腹腔鏡下, 臨床外科, 10.11477/mf.1407213156, 75(11):255-259, 2020.04, Abstract:<文献概要>1980年代より始まった消化器外科領域の腹腔鏡下手術は,本邦でも胃癌や大腸癌を中心に広く普及してきており,手技の定型化や安全性の確保が固まりつつある.胆膵領域においても,2016年に腹腔鏡下膵頭十二指腸切除術(LPD)や腹腔鏡下先天性胆道拡張症手術(LCBD)が保険収載され,切除のみならず再建を腹腔鏡下で安全確実に行うことが重要になってきた.腹腔鏡下胆管-空腸吻合術はLPD,LCBD,胆管狭窄に対するバイパス術などで行われる手技である.一方,腹腔鏡下胆道再建は解剖学的な観点から鉗子の自由度が制限されるため難易度は高い.このため視野展開や吻合法の標準化が望まれる.本稿では腹腔鏡下胆管-空腸吻合の手技のポイントについて解説する..
27. 渡邉雄介, 大塚隆生, 森泰寿, 池永直樹, 仲田興平, 中村雅史, 肝胆膵外科 膵頭十二指腸切除における幽門の処理 幽門輪温存膵頭十二指腸切除(PpPD)の立場から, 手術, 10.18888/op.0000001659, 74(4):686-692, 2020.04.
28. 森泰寿, 仲田興平, 井手野昇, 池永直樹, 岡部安博, 政次俊宏, 佐田正之, 中村雅史, 【肝胆膵における結石診療のベストプラクティス】胆嚢結石に対する外科的治療 -胆嚢摘出の意義と治療の変遷-, 肝胆膵, 81(2):342-347, 2020.04.
29. 井手野昇, 仲田興平, 池永直樹, 森泰寿, 中村雅史, IPMNの分子生物学 IPMNの遺伝子異常と発生モデル, 胆と膵, DOI無し, 41(臨時増刊特大号):1239-1244, 2020.04.
30. 池永直樹, 仲田興平, 森泰寿, 井手野昇, 中村雅史, 良悪性境界病変(IPMNなど)に対するロボット支援下膵頭十二指腸切除術, 胆と膵, 42(3):199-201, 2021.04, bstract:ロボット支援下膵切除術が2020年に保険収載され、ロボット支援下膵頭十二指腸切除術も低悪性度腫瘍を対象に今後導入が進むと思われる。手振れ防止機能付き多関節鉗子で操作が行えるロボット支援下手術は、精緻な手術を可能とする一方多くの新しい機器を協調的に管理せねばならず、術者はその取り扱いに精通しておく必要がある。解剖学的な術前シミュレーションは当然のこと、安全かつスムーズな手術進行のためには、機器の配置や手術手順などを定型化し麻酔科医や看護師、コメディカルとその認識を共有する必要がある。ロボット支援下膵切除術に対する手術チーム全体の理解が深まることで、手術成績は向上すると思われる。.
31. 井手野昇, 仲田興平, 池永直樹, 森泰寿, 山本猛雄, 古賀裕, 小田義直, 中村雅史, 【慢性膵炎診療の最前線】慢性膵炎と発癌との関連, 胆と膵, DOI無し, 42(2):133-137, 2021.04.
32. 森泰寿, 池永直樹, 井手野昇, 仲田興平, 岡部安博, 中村雅史, 各疾患におけるリスクファクター 胆道癌, 臨牀と研究, 98(8):935-938, 2021.04.
33. 池永直樹, 仲田興平, 森泰寿, 井手野昇, 中村雅史, 外科手術手技の実際 コツと工夫 膵がんに対するロボット手術, 胆膵Oncology Forum, 10.34449/J0118.02.01_0025-0029, 2(1):25-29, 2021.04, Abstract:<文献概要>ロボット支援下手術は,2012年に前立腺悪性腫瘍に対して初めて保険収載され,近年になってさまざまな術式で行われるようになってきた。腹腔鏡下膵切除術は低悪性度腫瘍に対する膵体尾部切除術から始まり段階的に適応が拡大されてきたが,2020年になって膵がんに対するロボット支援下膵切除術も厳しい施設条件をクリアすれば保険診療で可能となった(表1)。本稿では内視鏡手術支援ロボットda Vinci Xi Surgical System(Intuitive Surgical社:以下,da Vinci)を用いたロボット支援下膵頭十二指腸切除術について,その手技の実際について述べる。.
34. 河野易子, 池永直樹, 仲田興平, 一法師久美子, 中村雅史, 【ロボット膵切除の導入ガイド-先行施設にノウハウを学ぶ】ロボット支援下膵切除術の導入 手術室看護師の準備, 臨床外科, 10.11477/mf.1407213287, 76(3):282-285, 2021.04, <文献概要>ポイント ◆ロボット支援下膵切除術の導入・円滑な手術を実施するには,多職種による事前検討やシミュレーションが重要である.◆癒着や出血に備え,ロボット支援下から腹腔鏡手術,開腹術へ迅速移行できるように,器材・物品を事前に準備しておく必要がある.◆ロボット支援下膵切除術に対応する看護師は,腹腔鏡手術や開腹術に迅速に対応でき,専門的知識や技術が必要である..

九大関連コンテンツ

pure2017年10月2日から、「九州大学研究者情報」を補完するデータベースとして、Elsevier社の「Pure」による研究業績の公開を開始しました。
 
 
九州大学知的財産本部「九州大学Seeds集」