九州大学 研究者情報
著書一覧
渡部 岳陽(わたなべ たかあき) データ更新日:2021.06.24

准教授 /  農学研究院 農業資源経済学部門


著書
1. 安藤光義, 集落営農の持続的な発展を目指して-集落営農立ち上げ後-, 全国農業会議所, 総ページ数:229, 担当ページ数:53-64、75-87, 2006.10.
2. 荒井聡, 今井健, 小池恒男, 竹谷裕之, 集落営農の再編と水田農業の担い手, 筑波書房, 総ページ数:254, 担当ページ数:113-130, 2011.03.
3. 安藤光義, 農業構造変動の地域分析, 農山漁村文化協会, 総ページ数:310, 担当ページ数:121-151, 2012.12.
4. 戦後日本の食料, 農業, 農村編集委員会, 大規模営農の形成史(戦後日本の食料・農業・農村 第13巻), 農林統計協会, 総ページ数:548, 担当ページ数:179-184, 2015.09.
5. 鵜川洋樹, 佐藤加寿子, 佐藤了, 転換期の水田農業-稲単作地帯における挑戦-, 農林統計協会, 総ページ数:266, 担当ページ数:105-122, 2017.09.
6. 戦後日本の食料, 農業, 農村編集委員会, 食料・農業・農村の六次産業化(戦後日本の食料・農業・農村 第8巻), 農林統計協会, 総ページ数:541, 担当ページ数:339-354, 2018.02.
7. 工藤昭彦, 角田毅, 農地政策と地域農業創生:参加型改革の原点を探る, 東北大学出版会, 総ページ数:324, 担当ページ数:85-102、142-155, 2021.02.
8. 安藤 光義, 橋詰 登, 渡部 岳陽, 中村 勝則, 西川 邦夫, 平林 光幸, 小柴 有理江, 吉田 俊幸, 伊庭 治彦, 品川 優, 『縮小再編過程の日本農業―2015年農業センサスと実態分析―』、日本の農業―あすへの歩み―、250・251, 一般社団法人 農政調査委員会, 総ページ数:262, 担当ページ数:43-67, 2018.03.

九大関連コンテンツ

pure2017年10月2日から、「九州大学研究者情報」を補完するデータベースとして、Elsevier社の「Pure」による研究業績の公開を開始しました。
 
 
九州大学知的財産本部「九州大学Seeds集」