九州大学 研究者情報
研究者情報 (研究者の方へ)入力に際してお困りですか?
基本情報 研究活動 教育活動 社会活動
津村 浩二(つむら こうじ) データ更新日:2021.05.20

准教授 /  理学研究院 物理学部門


主な研究テーマ
新物理模型
キーワード:新物理
2019.11~2020.03.
暗黒物質の物理
キーワード:ダークマター
2019.11~2020.03.
ニュートリノ物理
キーワード:ニュートリノ
2019.11~2020.03.
ヒッグス物理
キーワード:ヒッグスボソン
2019.11~2020.03.
研究業績
主要原著論文
主要総説, 論評, 解説, 書評, 報告書等
主要学会発表等
1. 津村浩二, ILCの物理へのインパクト, 日本物理学会 2018年 秋季大会 素粒子実験-素粒子論領域合同シンポジウム, 2018.09, [URL].
2. Koji Tsumura, Lepton Flavor Violation in the Lepton Sector, Lepton Flavor Violation in the Lepton Sector, 2017.06, [URL].
3. Koji Tsumura, Prospects of LHC Run II, Developments in String Theory and Quantum Field Theory, 2015.11, [URL].
4. Koji Tsumura, Physics at ILC : A Theory Perspective, ILD Meeting 2014, 2014.09, [URL].
5. 津村浩二, Higgs物理でHL-LHCに期待すること, 日本物理学会 2014年 秋季大会 素粒子実験-素粒子論領域合同シンポジウム, 2014.09, [URL].
6. Koji Tsumura, ILC Physics Overview, ILC Tokusui Workshop 2013, 2013.12, [URL].
学会活動
所属学会名
素粒子論グループ
日本物理学会
学協会役員等への就任
2020.04~2021.03, 素粒子論グループ 素粒子論委員会, 幹事.
2021.04~2022.03, 京都大学 基礎物理学研究所 共同利用委員会, 運営委員.
2020.10~2021.09, 素粒子論グループ 事務局, 連絡責任者.
2020.04~2021.03, 日本物理学会九州支部, 幹事.
学会大会・会議・シンポジウム等における役割
2021.03.25~2021.03.27, Higgs as a Probe of New Physics 2021, 開催組織委員.
2020.08.31~2020.09.04, 素粒子物理学の進展 2020, 世話人.
2020.03.04~2020.03.07, New Physics at Low Scale 2020, Organizing Committee.
学会誌・雑誌・著書の編集への参加状況
2013.06~2013.11, Physics Letters B, 国際, 編集助手.
受賞
第8回(2013年度)素粒子メダル奨励賞, 素粒子論グループ, 2014.03.
第11回(2016年度)素粒子メダル奨励賞, 素粒子論グループ, 2017.03.
研究資金
科学研究費補助金の採択状況(文部科学省、日本学術振興会)
2018年度~2022年度, 新学術領域研究(研究領域提案型), 分担, ニュートリノで拓く素粒子と宇宙.
2018年度~2022年度, 新学術領域研究(研究領域提案型), 代表, 標準理論を超えた新現象とニュートリノで探る新しい素粒子像.

九大関連コンテンツ

pure2017年10月2日から、「九州大学研究者情報」を補完するデータベースとして、Elsevier社の「Pure」による研究業績の公開を開始しました。
 
 
九州大学知的財産本部「九州大学Seeds集」