九州大学 研究者情報
研究者情報 (研究者の方へ)入力に際してお困りですか?
基本情報 研究活動 教育活動 社会活動 病院臨床活動
緒方 謙一(おがた けんいち) データ更新日:2022.05.19



主な研究テーマ
iPS細胞のエクソソームを用いたT細胞制御による自己免疫疾患の新規治療法開発
キーワード:iPS、T細胞、エクソソーム
2022.04~2025.03.
マイクロRNAを介したシェーグレン症候群の新規治療開発に向けた基盤研究
キーワード:エクソソーム、マイクロRNA
2020.04~2022.03.
コレステロール代謝と骨新生について
キーワード:プライマリーシリア
2018.09~2019.09.
歯科領域における再生医療研究
キーワード:幹細胞、エクソソーム、マイクロRNA
2020.04~2020.04.
従事しているプロジェクト研究
マイクロRNAを介したシェーグレン症候群の新規治療開発に向けた基盤研究
2020.04~2022.03, 代表者:緒方謙一.
研究業績
主要著書
主要原著論文
主要総説, 論評, 解説, 書評, 報告書等
主要学会発表等
学会活動
所属学会名
日本障害者歯科学会
日本口腔内科学会
日本口腔インプラント学会
日本炎症・再生医学会
日本再生医療学会
日本口腔科学会
日本口腔外科学会
その他の研究活動
海外渡航状況, 海外での教育研究歴
The University of Texas Health Science Center at Houston, UnitedStatesofAmerica, 2018.09~2019.09.
受賞
第30回 日本口腔内科学会 大会長賞 受賞, 日本口腔内科学会, 2020.11.
第19回学術奨励賞, 日本口腔外科学会, 2019.10.
若⼿ポスター賞, 日本口腔科学会, 2019.04.
優秀⼝演発表賞, 日本口腔外科学会, 2014.10.
Excellence Poster Award, The 54 Congress of the Korean Association of Oral and Maxillofacial Surgeons, 2013.04.
優秀演題賞, 日本炎症・再生医学会, 2014.07.
優秀ポスター発表賞, ⽇本⼝腔外科学会, 2013.10.
研究資金
科学研究費補助金の採択状況(文部科学省、日本学術振興会)
2022年度~2024年度, 基盤研究(C), iPS細胞のエクソソームを用いたT細胞制御による自己免疫疾患の新規治療法開発.
2017年度~2018年度, 若手研究(A,B), 乳歯歯髄幹細胞培養上清を用いた放射線性唾液腺障害治療への応用.
2020年度~2021年度, 若手研究, マイクロRNAを介したシェーグレン症候群の新規治療開発に向けた基盤研究.
科学研究費補助金の採択状況(文部科学省、日本学術振興会以外)
2017年度~2018年度, 上原記念生命科学財団 海外留学助成金リサーチフェローシップ, 代表, 幹細胞培養上清によるシェーグレン症候群の治療の検討.
寄附金の受入状況
2022年度, 公益財団法人 上原記念生命科学財団 研究奨励金/iPS細胞のエクソソームを用いた自己免疫疾患への応用.
2021年度, 池田理化, 第7回池田理化賞 奨励賞/幹細胞由来エクソソームおよびそのマイクロRNAを用いたシェーグレン症候群に対する新規治療開発.
2016年度, 臨床研究奨励基金, ヒト脱落歯髄幹細胞が分泌する液性因子群を用いた放射線性唾液腺障害への基盤研究.
学内資金・基金等への採択状況
2020年度~2021年度, QRプログラム:つばさプロジェクト, 代表, 幹細胞エクソソームを用いたシェーグレン症候群に対する新規治療法の開発.

九大関連コンテンツ

pure2017年10月2日から、「九州大学研究者情報」を補完するデータベースとして、Elsevier社の「Pure」による研究業績の公開を開始しました。
 
 
九州大学知的財産本部「九州大学Seeds集」