九州大学 研究者情報
総説一覧
麻生 亮太郎(あそうりょうたろう) データ更新日:2024.06.03

准教授 /  工学研究院 エネルギー量子工学部門


総説, 論評, 解説, 書評, 報告書等
1. 麻生亮太郎、村上恭和、谷垣俊明, 高感度電子線ホログラフィーによる触媒ナノ粒子の電荷量の計測, Materia Japan(まてりあ), 2024.02.
2. 麻生亮太郎、村上恭和、谷垣俊明, チタン酸化物上の白金ナノ粒子の電荷状態を粒子ごとに同定する, Science Japanese Scientists in Science 2022, 2023.03.
3. 麻生亮太郎、村上恭和、谷垣俊明, 電子1個の精度で触媒ナノ粒子の電荷量を計測, セラミックス, 2023.01.
4. 麻生亮太郎, 電子1個の精度で触媒ナノ粒子の電荷量を計測, Chemi-Station, 2022.11, [URL].
5. 麻生亮太郎, 原子分解能STEMによる酸化物ヘテロ界面における酸素変位の直接観察, 2019.04.

九大関連コンテンツ

pure2017年10月2日から、「九州大学研究者情報」を補完するデータベースとして、Elsevier社の「Pure」による研究業績の公開を開始しました。