九州大学 研究者情報
研究者情報 (研究者の方へ)入力に際してお困りですか?
基本情報 研究活動 教育活動 社会活動
小林 曉吾(こばやし きようご) データ更新日:2022.05.31

助教 /  理学研究院 生物科学部門 動態生物学講座


主な研究テーマ
マウスを用いた記憶・学習メカニズムの解明
キーワード:記憶・学習、マウス
2020.04~2024.03.
研究業績
主要原著論文
主要総説, 論評, 解説, 書評, 報告書等
主要学会発表等
学会活動
所属学会名
Molecular and Cellular Cognition Society
Society for Neuroscience
日本神経科学学会
受賞
名古屋大学 博士課程教育リーディングプログラム IGER「優秀研究者賞」 , 名古屋大学, 2014.01.
名古屋大学 大学院理学研究科 「研究科長顕彰」, 名古屋大学, 2011.03.
名古屋大学 大学院理学研究科 生命理学専攻 修士論文発表会「優秀発表者賞」, 名古屋大学, 2011.03.
名古屋大学 理学部 生命理学科 卒業論文発表会「優秀発表者賞」 , 名古屋大学, 2009.03.
研究資金
科学研究費補助金の採択状況(文部科学省、日本学術振興会)
2013年度~2017年度, 基盤研究(C), 記憶情報を担う細胞集団の時空間的変化の解析.
2020年度~2023年度, 若手研究, 代表, 記憶を”あいまい”にする神経基盤の解明:記憶エングラム細胞への抑制性入力.
2017年度~2020年度, 特別研究員奨励費, 代表, 記憶の特異性を制御する神経メカニズムの解明.
2011年度~2014年度, 特別研究員奨励費, 代表, 線虫の温度受容細胞AFDニューロンにおける記憶形成分子メカニズムの解明.
日本学術振興会への採択状況(科学研究費補助金以外)
2017年度~2019年度, 特別研究員, 代表, 記憶の特異性を制御する神経メカニズムの解明.
2011年度~2013年度, 特別研究員, 代表, 線虫の温度受容細胞AFDニューロンにおける記憶形成分子メカニズムの解明.

九大関連コンテンツ

pure2017年10月2日から、「九州大学研究者情報」を補完するデータベースとして、Elsevier社の「Pure」による研究業績の公開を開始しました。
 
 
九州大学知的財産本部「九州大学Seeds集」