九州大学 研究者情報
総説一覧
屋宜 禎央(やぎ さだひさ) データ更新日:2021.04.23

助教 /  農学研究院 資源生物科学部門


総説, 論評, 解説, 書評, 報告書等
1. 佐々木 公隆, 屋宜 禎央, 広渡 俊哉, 福岡市近郊で大発生したギンスジヒゲナガの生態に関する知見, やどりが, 10.18984/yadoriga.2017.254_2, Vol.2017, No.254, pp.2-10, 2017.10.
2. 屋宜禎央, 奄美大島におけるシロズモンシダマイコガの寄主記録, 蛾類通信, Vol.282, pp.193-194, 2017.09.
3. 屋宜禎央, 九州およびその周辺地域初記録の潜葉性小蛾類, Pulex, Vol.96, pp.727-730, 2017.12.
4. 屋宜禎央, 広渡俊哉, ウスズミホソガのマテバシイからの記録, Pulex, Vol.96, pp.726-727, 2017.12.
5. 屋宜禎央, 山口大輔, 外村俊輔, 広渡俊哉, 英彦山で近年採集された原始的な小蛾類, 九州・沖縄昆虫研究会会報, No.97, pp.749-754, 2018.12.
6. 船越進太郎, 各務一夫, 金子岳夫, 宮野昭彦, 那須義次, 佐藤宏明, 杉島一広, 高橋公彦, 屋宜禎央, 吉安裕, 岐阜県で開催した第73回レピドプテリストセミナー(レピゼミ)で採集された蛾, 誘蛾燈, Vol.231, pp.1-10, 2018.03.
7. 屋宜禎央, Khine Mon Mon Kyaw, 奥尉平, 北島裕紀, 外村俊輔, 坂巻祥孝, 広渡俊哉, 5 月上旬の大隅半島で採集された小蛾類, Pulex, Vol.97, pp.754-759, 2018.12.
8. 屋宜 禎央, 寺田 剛, 広渡 俊哉, 福岡県のニセマイコガ科, 蛾類通信 = The Japan heterocerists' journal, No.290, pp.382-387, 2019.07.
9. 富沢章, 船越進太郎, 間野隆裕, 宮野昭彦, 阪上洸多, 佐藤宏明, 外村俊輔, 屋宜禎央, 石川県で開催した第76回レピドプテリストセミナー(レピゼミ)で採集された蛾, 誘蛾燈, Vol.238, pp.107-117, 2019.11.
10. 小林茂樹, 屋宜禎央, Tonzidaeカイハネガ科(和名新称)(鱗翅目,スガ上科)の台湾からの2例目の採集記録, やどりが, Vol.260, p.22, 2019.04.
11. 平野 長男, 屋宜 禎央, Glaucolepis oishiella (Matsumura, 1931)オオイシモグリチビガ(モグリチビガ科)の再記載と新産地, 蛾類通信 = The Japan heterocerists' journal, No.291, pp.419-422, 2019.11.
12. 阪上洸多, 宮野昭彦, 後藤聖士郎, 岩下幸平, クルズスキー淳子, 間野隆裕, 松井悠樹, Khine Mon Mon Kyaw, 那須義次, 奥 尉平, 富沢 章, 外村俊輔, 屋宜禎央, 兵庫県で開催した第79 回レピドプテリストセミナー (レピゼミ)で採集された蛾, 誘蛾燈, No.240, pp.32-40, 2020.06.
13. 屋宜禎央, 野田亮, 広渡俊哉, 九州新記録のウリカエデモグリチビガStigmella monella PupulesisとミツオビキンモンホソガPhyllonorycter tritorrhecta (Meyrick)およびその越冬態, 蛾類通信, No.294, pp.477-479, 2020.06.
14. 屋宜禎央, 外村俊輔, 後藤聖士郎, ミズナラの菌えいから羽化したキバガ上科2種, 蛾類通信, No.295, pp.507-509, 2020.09.

九大関連コンテンツ

pure2017年10月2日から、「九州大学研究者情報」を補完するデータベースとして、Elsevier社の「Pure」による研究業績の公開を開始しました。
 
 
九州大学知的財産本部「九州大学Seeds集」