九州大学 研究者情報
発表一覧
内林 俊洋(うちばやし としひろ) データ更新日:2021.07.15

助教 /  情報基盤研究開発センター 応用データ科学研究部門


学会発表等
1. Chinasa Sueyoshi, Hideya Takagi, Toshihiro Uchibayashi, Kentaro Inenaga, An Employee Management Support Application for Regional Public Transportation Service, The 24th International Conference on Network-Based Information Systems (NBiS-2021), 2021.09.
2. 内林 俊洋, 高木 秀也, 末吉 智奈佐, 稲永 健太郎, 地域公共交通向け従業員管理支援アプリケーションの試作, 第20回情報科学技術フォーラム(FIT2021), 2021.08.
3. 稲永 健太郎, 内林 俊洋, 末吉 智奈佐, 高木 秀也, 地域公共交通運行管理支援システムにおけるリアルタイム情報提供機能の開発および公共交通オープンデータの整備支援, 第十六回日本モビリティ・マネジメント会議(JCOMM), 2021.08.
4. 松本悠希, 成定真太郎, 披田野清良, 内林俊洋, 菅沼拓夫, 樋地正浩, マルウェア検知に対するバックドアポイズニング攻撃の対策としてのオートエンコー ダの定量的評価, 第94回 CSEC研究発表会, 2021.07.
5. 末吉 智奈佐,内林 俊洋,稲永 健太郎, 地域公共交通の運行管理を対象としたDX化支援の提案, 第81回日本情報経営学会全国大会全国研究発表大会, 2021.06.
6. 末吉 智奈佐,内林 俊洋,稲永 健太郎, 地域公共交通の運行管理を対象としたDX化支援の提案, 日本情報経営学会九州支部第86回研究会, 2021.06.
7. 稲永 健太郎, 高木 秀也, 末吉 智奈佐, 内林 俊洋, コロナ禍における安全安心な地域公共交通利用に向けたICT活用の検討 , 日本経営システム学会九州・沖縄支部令和2年度第1回研究会, 2021.03.
8. Shintaro Narisada, Shoichiro Sasaki, Seira Hidano, Toshihiro Uchibayashi, Takuo Suganuma, Masahiro Hiji, Shinsaku Kiyomoto, Stronger Targeted Poisoning Attacks Against Malware Detection, Cryptology and Network Security (CANS 2020), 2020.12.
9. Toshihiro Uchibayashi, Bernady Apduhan, Takuo Suganuma, Masahiro Hiji, A Cloud VM Migration Control Mechanism using Blockchain, Proc. of the 10th International Workshop on Future Computing System Technologies and Applications (FiSTA2020), 2020.07.
10. Siwalee Choilek, Ikuko N. Motoike, Toshihiro Uchibayashi, Akihiro Karashima, Norihiro Katayama, Mitsuyuki Nakao, Is Sticking to Highly Regular Sleep/Wake Timing Good for Health? -- A quantitative study of associations between sleep/wake habit, objective sleep-related parameters, and subjective sleep quality --, 信学技報, MBE2019-35, 2019.10.
11. Shoichiro Sasaki, Seira Hidano, Toshihiro Uchibayashi, Takuo Suganuma, Masahiro Hiji, Shinsaku Kiyomoto, On Embedding Backdoor in Malware Detectors Using Machine Learning, Proc. of the 17th Annual Conference on Privacy, Security and Trust (PST 2019), 2019.08.
12. Toshihiro Uchibayashi, Bernady Apduhan, Takuo Suganuma, Masahiro Hiji, Policy Management Technique Using Blockchain for Cloud VM Migration, Proc. Of the 4th IEEE Cyber Science and Technology Congress (CyberSciTech 2019), 2019.08.
13. 佐々木 祥一朗, 披田野 清良, 内林 俊洋, 菅沼 拓夫, 樋地 正浩, 清本 晋作, 機械学習に対するバックドアの脅威:マルウェア検知を例として, 2019年電子情報通信学会総合大会, 企画講演セッションAI-2「AIへの攻撃と対策~10年後の脅威に備える」, 2019.03.
14. 佐々木 祥一朗, 披田野 清良, 内林 俊洋, 菅沼 拓夫, 樋地 正浩, 清本 晋作, 機械学習を用いたマルウェア検知に対するバックドア埋め込み手法に関する一考察, 2019年暗号と情報セキュリティシンポジウム(SCIS2019), 2019.01.
15. 古川 詩帆, 内林 俊洋, 阿部 亨, 菅沼 拓夫, AR技術を用いた技能習得支援システムの設計と実装, 第26回 マルチメディア通信と分散処理ワークショップ (DPSWS2018), 2018.11.
16. Shiho Furukawa, Toshihiro Uchibayashi, Toru Abe, Takuo Suganuma, Design of an AR-supported System for Skill Training, 平成30年度 電気関係学会東北支部連合大会, 2018.09.
17. Toshihiro Uchibayashi, Bernady Apduhan, Takuo Suganuma, Masahiro Hiji, Toward a Secure VM Migration Control Mechanism using Blockchain Technique for Cloud Computing Environment, Future Computing Systems, Technologies, and Applications (FiSTA2018), 2018.07.
18. 古川 詩帆, 石川 渓太, 内林 俊洋, 阿部 亨, 菅沼 拓夫, AR技術を用いた技能習得支援に関する一考察, 第80回情報処理学会全国大会予稿集, 2018.03.
19. Toshihiro Uchibayashi, Yuichi Hashi, Seira Hidano, Shinsaku Kiyomoto, Takuo Suganuma, Masahiro Hiji, Verification of Data Collection Methods for Live Migration Protection Mechanism, The 20-th International Conference on Network-Based Information Systems (NBiS-2017), 2017.08.
20. Toshihiro Uchibayashi, Masahiro Hiji, Takuo Suganuma, Yuichi Hashi, Seira Hidano, Proposed data audit system enhances use in accordance with the data owner's policy, Proceedings - 11th 2016 International Conference on Knowledge, Information and Creativity Support Systems, KICSS 2016, 2017.06, This article presents a data audit system, which confirms that proper use of data is performed on the iKaaS platform (intelligent Knowledge as a Service) platform. The proposed data audit system can alleviate ambiguous anxiety of data owner about unauthorized use by providing measures to understand that illegal use of data cannot occur. This achievement is expected to support the construction of the data use environment and encourage the discovery of novel knowledge..
21. 三浦誠, 内林俊洋, 阿部亨, 菅沼拓夫, 遠隔操作ロボットと全方位カメラを用いた遠隔臨場感システムに関する一考察, 情報処理学会全国大会講演論文集, 2017.03.
22. 菅沼 拓夫, 内林 俊洋, 北上 眞二, 菅原 研次, 白鳥 則郎, やわらかいIoTのための環境適応型アーキテクチャの提案 (情報ネットワーク), 電子情報通信学会技術研究報告 = IEICE technical report : 信学技報, 2016.09.
23. 柴田 亮景, 内林 俊洋, アプドゥハン・ベーナディ, ベストフィットなクラウドサービス検索システムの提案と高速化の確認, 平成28年度(第69回)電気・情報関係学会九州支部連合大会, 2016.09.
24. 新穂 一賢, 内林 俊洋, アプドゥハン・ベーナディ, 効率的なIaaSクラウドサービス発見のためのオントロジクラスタリング手法, 火の国情報シンポジウム2016, 2016.03.
25. 内林 俊洋, アプドゥハン・ベーナディ, 白鳥 則夫, ハイブリッドクラウドのためのリシリエンシーメカニズム, DPSWS2015, 2015.10.
26. 内林 俊洋, アプドゥハン・ベーナディ, 白鳥 則郎, サブオントロジーテーラリングを使用したセマンティックグリッドサービスの検証, DPSWS2011, 2011.10.
27. 内林 俊洋, アプドゥハン・ベーナディ, サブオントロジー抽出におけるアップデートメカニズムの提案と検証, 2010年並列/分散/協調処理に関する『金沢』サマー・ワークショップ(SWoPP金沢2010), 2010.08.
28. Bernady Apduhan, Toshihiro Uchibayashi, Ryousuke Anami, A Workflow Orchestration and Reuse Service for the Semantic Grid, he 2010 International Conference on Parallel and Distributed Processing Techniques and Applications (PDPTA 2010), 2010.07.
29. Toshihiro Uchibayashi, Bernady O. Apduhan, Wenny J. Rahayu, David Taniar, Norio Shiratori, On a Prototype Environment for Sub-ontology Extraction in Semantic Grid, The 10th International Conference on Computational Science and Its Applications (ICCSA 2010), 2010.03.
30. 内林 俊洋, アプドゥハン・ベーナディ, サブオントロジ抽出による最適化を目指したセマンティックグリッドの構築, 2010年ハイパフォーマンスコンピューティングと計算科学シンポジウム(HPCS2010), 2010.01.
31. 内林 俊洋, アプドゥハン・ベーナディ, セマンティックグリッドを想定したサブオントロジ抽出最適化スキーマとその応用, 平成21年度(第62回)電気関係学会九州支部連合大会, 2009.09.
32. 内林 俊洋, アプドゥハン・ベーナディ, 有田 五次郎, ペトリネットにおけるセマンティックグリッドサブオントロジ抽出ワークフローの妥当性の確認, 研究報告マルチメディア通信と分散処理(DPS), 2009.03.
33. oshihiro Uchibayashi, Bernady O. Apduhan, Itsujiro Arita, Naoto Sakamoto, An Indoor Location-Aware Mobile Navigation Service for the Handicapped and the Elderly, The Fifth International Conference on Advances in Mobile Computing & Multimedia (MoMM2007), 2007.12.
34. 内林 俊洋, アプドゥハン・ベーナディ, 有田 五次郎, 位置情報に基づく車椅子利用者向けナビゲーションシステムの試作と実装, DPSWS2007, 2007.10.
35. 内林 俊洋, アプドゥハン・ベーナディ, 有田 五次郎, 位置情報を考慮した車椅子利用者向けモバイル端末用ナビゲーションシステムのフレームワーク, 情報処理学会研究報告コンピュータセキュリティ(CSEC), 2007.03.

九大関連コンテンツ

pure2017年10月2日から、「九州大学研究者情報」を補完するデータベースとして、Elsevier社の「Pure」による研究業績の公開を開始しました。
 
 
九州大学知的財産本部「九州大学Seeds集」