九州大学 研究者情報
研究者情報 (研究者の方へ)入力に際してお困りですか?
基本情報 研究活動
工藤 真生(くどう まお) データ更新日:2020.11.13



主な研究テーマ
ビジュアルデザインの中でも特に、人を目的地へ誘導するサインや、一見して情報を伝達するピクトグラムを対象に研究をしている。
特に、知的障害や自閉スペクトラム症等を有する人の視覚認知特性に着目し、より多くの人が「わかりやすい」と感じるデザインを目指している。
サインやピクトグラムは、人 ・環境と共存するデザインであるため、デザイン制作だけではなく、環境の調査・計測、利用する人の聞き取り等から得られる数的データも重視している。

キーワード:ピクトグラム, サイン, ビジュアルデザイン
2020.11~2020.11.
学会活動
所属学会名
芸術工学会
意匠学会
日本特殊教育学会
日本デザイン学会
受賞
筑波大学附属学校教育局  教材・指導法コンテスト 優秀賞, 筑波大学附属学校教育局, 2020.03.
IAUD国際デザイン賞2019 銀賞 (公共空間デザイン部門), 国際ユニバーサルデザイン協議会, 2019.12.
グッドプレゼンテーション賞, 日本デザイン学会, 2019.06.
平成26年度日本デザイン学会年間論文賞受賞, 日本デザイン学会, 2014.10.
グッドプレゼンテーション賞, 日本デザイン学会, 2014.07.
グッドプレゼンテーション賞, 日本デザイン学会, 2013.06.
筑波大学大学院人間総合科学研究科長表彰, 筑波大学, 2012.03.
GOOD DESIGN賞, 公益財団法人日本デザイン振興会, 2011.11.
グッドプレゼンテーション賞, 日本デザイン学会, 2011.06.
宇和島パールデザインコンテスト 部門賞・アサヒビール賞, 宇和島市, 2010.02.
研究資金
科学研究費補助金の採択状況(文部科学省、日本学術振興会)
2019年度~2019年度, 奨励研究, 代表, 知的障害児者にとって読み書きがしやすい書体に関する研究.
2018年度~2018年度, 奨励研究, 代表, 知的障害者を対象とした色と形の認知学習を通した、案内用図記号の意味理解教育.
2012年度~2013年度, 特別研究員奨励費, 代表, 教育施設におけるサイン計画に関する研究-障害別の形と色の認知特性を踏まえて-.

九大関連コンテンツ

pure2017年10月2日から、「九州大学研究者情報」を補完するデータベースとして、Elsevier社の「Pure」による研究業績の公開を開始しました。
 
 
九州大学知的財産本部「九州大学Seeds集」